新刊&話題の本

  • 『信州の料理人、海を渡る。』

    パリ、香港……異国に活躍の場を求めた信州発料理人たちの姿に迫る
    写真・文 大友秀俊 
    2017年11月3日 116ページ A4判
    2,900 円(税込3,132 円)
  • たぁくらたぁ43

    おなじみエッジの効いた産直泥つきマガジン最新刊
    2017年10月18日 76ページ A5判
    476 円(税込514 円)
  • 位里と俊

    画家・丸木位里と俊の姿を追い続けた本橋成一渾身の写真集
    本橋成一 写真
    2017年5月5日 112ページ B5変形版
    2,200 円(税込2,376 円)
  • 奉公と就職

    建築のよねやまの社長・米山四郎さんによる7冊目の著書が発刊!
    米山四郎 著
    2017年10月6日 118ページ A5版
    1,600 円(税込1,728 円)
  • ぼくはねこじゃらし

    深く心に沁みいる小さく名もない草花たちの物語。英訳付です。


    絵・文 亀井きよみ 
    2013年4月26日 28ページ A5判変形
    1,200 円(税込1,296 円)
  • 光と影 私の点描画

    2017年4月1日に浜栄一さんは逝去されました。ご冥福をお祈り申しあげます。蝶の生態を主とした作品集。〝信州のファーブル〟が覗いた自然の世界。

     

    浜栄一 著
    2014年6月16日発行 207ページ 四六判
    1,800 円(税込1,944 円)
  • おしりのはっぱ

    オフィスエムの科学絵本シリーズ第3弾!英訳付。
    ぷりぷりぷりっと おしりがならぶ♪
    ならんだならんだ おしりのはっぱ♫
    作・井田秀行 絵・さくらい史門 
    2015年5月15日発行 32ページ A5判横開き
    1,300 円(税込1,404 円)
  • 住み継ぐ家の物語Ⅱ

    2009 年発刊のロングセラー『住み継ぐ家の物語』に次ぐ建築家・川上恵一の集大成本!
    川上恵一 著
    2016年11月19日 190ページ A5判
    1,800 円(税込1,944 円)
  • 鎌倉染色彩時記

    千年続く古都の色と植物の物語
    第19回日本自費出版文化賞「エッセイ部門」受賞!
    たなか牧子 著
    2015年11月13日発行 244ページ A5判
    2,950 円(税込3,186 円)

「紙の礫」バナー

  • 戦後70年、いま、女たちは発言する

    待望の紙の礫シリーズ第6弾!6人の女性たちが本音で語り合った、戦争・引き揚げ・憲法・民主主義・チベット・沖縄・福島・エネルギー・マスコミ・差別・アベ政治……そして私自身のこと。

     

    渡辺一枝 坂田雅子 野沢喜代 野池道子 纐纈あや 寺島純子 著
    2016年8月2日発行 156ページ 小B6判
    1,200 円(税込1,296 円)
  • 聞いてください 脱原発への道しるべ

    30年前、原発に警鐘を鳴らしていた主婦がいた! 
    坂田静子 著
    2011年6月26日発行 256ページ 四六判
    1,300 円(税込1,404 円)
  • 【証言】奪われた故郷

    増刷出来!!あの日に飯舘村に何が起こったのか?
    報道されなかった真実を生々しい肉声で語る!
    長谷川健一 著
    2012年3月11日発行 64ページ A5判
    667 円(税込720 円)
  • 女たちの3・11

    本書は2011年7月に長野市で行われた『脱原発ナガノフォーラム』を書籍化に際し、再構成したものです。
    坂田雅子・纐纈あや・渡辺一枝・関口鉄夫 著
    2011年10月12日発行 110ページ A5判
    800 円(税込864 円)
  • あしたの猫

    15歳(震災当時)の少女が猫の目を通して3・11以後を描いた黙示劇。小出裕章氏推薦!
    遠藤綾乙 著
    2012年10月7日発行 14ページ 204×172mm
    800 円(税込864 円)
  • 渡辺一枝 福島の声を聞こう! 3.11後を生き抜く7人の証言

    東京・神楽坂セッションハウスで催されている渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう!」の記録集。
    2014年12月25日発行 150ページ A5判
    1,200 円(税込1,296 円)
140127たぁくらたぁVol
たぁくらたぁ32
TOPへ戻る