はじめての心療内科


中井吉英/著

装幀:酒井隆志
写真:和田 博 2004年4月21日発刊
本体価格1,400円+税(税込1,470円)
小B6判・230ページ
ISBN4-900918-62-8 C0047

☆品切れ中

4月10日(土)中井吉英・内藤いづみ対談会『いのちとこころのトークセッション』開催します。
詳しくはこちら


★著者プロフィール

病気は<悪>ではありません。
…私は、心療内科のほんとうの医療を伝えたい。

患者の視点から多くの事例で解き明かした
間違わない受診のための入門書。

*本書は、『心療内科初診の心得 症例からのメッセージ』(診療医学新書・診療新社)を一般読者向けに書き改めたものです。

著者からのメッセージ(ホンのおまけvol.9より)

心療内科をはじめて受診されるあなた。抵抗はありませんか?
受診後に多い患者さんの感想です。
「まったく心療内科を誤解していました」「こんなに丁寧に身体のすみずみまで診察してもらったのは初めて」「こんな医療を全科の先生がされると素晴らしいのに」。
心療内科は「からだの病気」を「心」と「身体」を分けずに全人的医療を行う内科医なのです。精神科とはまったく違います。でも心療内科を標榜している80数パーセントが精神科医ですから、余計に誤解されているのですね。疾患ではなく、病気をもち悩み苦しむあなたに接して医療を行う科ですから安心して受診してくださいね。
そのようなあなたに心療内科を受診したときの雰囲気や光景を伝えるためこの本を書きました。心療内科を正しく理解してもらい、このような素晴らしい医療があることを知って欲しい(心療内科があるのは日本とドイツだけ)。そう願っています。

【目次】

はじめに

第一章●はじめての心療内科
からだと心を診る心療内科
初診のときに
初診の実際──Aさんの場合
診察のプロセス
傾聴から共感への道すじ
傷ついた者へのまなざし──治療的自己について
慢性疼痛について考える
心療内科医の喜び

第二章●症例からのメッセージ
がんばることの功罪──原因不明の痛み
威圧感に隠された心の叫び──重複する病態
ひとつの習慣を変えるには──服薬コンプライアンス
からだと心の声を聴く──不定愁訴
不思議な痛み──腸管ガスペイン
病への不安が高じると──慢性膵炎
「水が甘いのです」──味覚異常
「なぜいらいらするのだろう」──子どもの消化性潰瘍
痛みが教えてくれること──慢性疼痛
家族システムが変わるとき──慢性疼痛
独立と依存の葛藤のなかで──アトピー性皮膚炎
病気は宝物──高齢者の過敏性腸症候群
曖昧なものへのまなざし──胸の痛み

あとがき モンゴルの草原から

はじめに

平成八年、厚生省(現在の厚生労働省)が心療内科を標榜科として認めて以来、心療内科を標榜するクリニックや病院がどんどん増えています。心療内科は最も増えている科です。しかし、その多くは(八〇~八五パーセント)は精神科の医師です。本来の心療内科が誤解されている大きな原因の一つです。
心療内科とはどのような科なのでしょう。医師でさえ「精神科」と「神経内科」、「心療内科」の区別がつかない人が多いと思います。一般の人はなおさらですね。医師の皆さんに心療内科とは何か、どのような医療をしているのかを理解してもらうために『いずみ』という医家向けの雑誌に「心療内科初診の心得」として連載しました。実際の診察室の臨場感を出してみたいと考えたのです。三四回、ちょうど三年四カ月にわたり連載されました。それらを一冊の本としてまとめ、『心療内科初診の心得―症例からのメッセージ』(診療新社)として発刊しました。ずいぶん、多くの医師の反響がありました。今回、診療新社の承諾を得て、一般向けにわかりやすく書き直すことにしました。皆さんに本当の心療内科を知ってもらいたいためです。心療内科ほど誤解されている科はないからです。
まず、「心身症」という言葉が誤って世に知られるようになりました。昭和五七年に羽田沖の日本航空の墜落事故が起きましたね。あのときの機長の病名が「心身症」と報道されたのが知られるようになったきっかけです。真実はあの機長の病名は統合失調症だったのです。あとでお話しますが、心身症とは病名ではないのです。
以前、テレビで『心療内科医涼子』という番組がありましたね。私たち心療内科医が観ていると間違いと誤解だらけの内容でした。あの番組によって心療内科の誤ったイメージが定着したような気がしてなりません。「精神科にいくほどではない、その手前の病気を診てくれるところ」と思っておられる人が多いと思います。
それから最初にお話ししたように、「心療内科」を標榜してよいという厚生省の許可が下り、精神科医がどんどん心療内科を標榜するようになったことが、さらに誤解を広げているわけです。
心療内科の本当の医療を伝えたい。それが私の強い思いです。この本を書いた最大の理由です。もともと医師向けに書いた本なので専門用語が出てきますが、文中でわかりやすい注釈をつけました。きっと医療機関を受診される場合の参考になると思います。

★著者プロフィール

中井吉英(なかいよしひで)

関西医科大学名誉教授、日本心療内科学会理事長、日本心身医学会前理事長

1942年、京都生まれ。69年関西医科大学卒業。同年、同大学院医学研究科入学(内科学専攻)。72年九州大学医学部心療内科入局。同助手を経て、80 年より同講師、86年退職後、同年9月より関西医科大学第一内科講師、同助教授を経て、93年12月より現職、現在に至る。九州大学医学部および広島大学 医学部非常勤講師。専門は心療内科学、消化器病学、医療行動科学。主著に『からだと心を診る 心療内科からの47の物語』(小社)がある。

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る