HOME » 介護・健康・福祉-品切れ情報»熟年体育大学実践マニュアル

熟年体育大学実践マニュアル


信州大学大学院医学研究科加齢適応医科学系独立専攻スポーツ医科学分野
非常勤研究員・岩下聡/教授・能勢博



装幀:庄村友里[NOEL] 2003年5月9日発刊
A4判・80ページ
本体価格1,500円+税(税込1,575円)
ISBN4-900918-59-8 C3075
品切れ中



[絶版]

→リニューアルしました→→

地域健康づくりの画期的プロジェクトをあなたのまちで!

企画・予算・運営まで立ち上げのノウハウすべてを大公開!

自治体・医療・社会体育など「健康」に携わるすべての方へ!

目次

はじめに/能勢博

PART1「信州モデル」で熟年世代が輝き始めた!

信州モデルはこうして始まった
高齢者こそ運動トレーニングが必要だった
仲間と一緒に運動すると心も健康になる
元気な高齢者が活気ある地域を創りだす
受講生インタビュー1
糖尿、高血圧、骨折、腰痛…。病気のデパートだった私が嘘みたい 。奥原利枝さん

PART2 あなたのまちで「信州モデル」を立ち上げよう

信頼できる責任者と魅力的な講師陣をそろえる
予算規模に応じて参加者数を決める
トレーニングに必要な機器とスペース
地域にふさわしいカリキュラムづくり
受講生インタビュー2
体脂肪よ、さようなら。いい仲間と見つけた健康の喜び。 水島信一郎さん

PART3 トレーニング実践マニュアル
やってみよう! 楽しんでみよう!

【1学年】仲間と一緒に運動の楽しさを知ろう!
開校までの準備◆受講生を募集し、名簿をつくろう
[1]受講生の募集と選抜
[2]参加者名簿を作成し、教材を配布する
健康・体力データの測定◆ 参加者のプロフィールを知ろう
[1]信頼性の高いデータを得るために
[2]測定項目と注意事項
ストレッチ指導◆ からだも心も思いきり伸ばそう
[1]ストレッチ指導のポイント
[2]ストレッチメニューの実際
ウォーキング指導◆1日1万歩をめざして歩こう
運動記録◆ ウォーキング日誌をつけよう
[1]ウォーキング日誌の記入法
[2]OCR専用用紙に総歩数を転記する

【2学年】個別トレーニングで体力アップを実感しよう!
グルーピング◆ 受講生の希望を最優先しよう
[1]トレーニングの実施時間帯を決める
[2]参加希望時間帯をもとにグルーピングを行う
問診◆ リスク保有者を的確に把握する
[1]専門スタッフによる問診の実施
[2]問診結果をもとにリスクの層別化を行う
体力測定◆測定結果をトレーニングに役立てる
[1]からだへの負担が軽い項目から測定する
[3]体力測定メニューの実際
1.平衡性テスト<閉眼片足立ち>
2.等尺性筋力テスト
3.等速性筋力テスト
4.最大歩行速度テスト<50メートル歩行>
5.持久力テスト<6分間歩行>
6.自転車漸増負荷テスト
運動負荷の決定◆ 個人の体力に合わせて設定しよう
[1]マシーン筋力トレーニングの負荷設定方法
[2]持久性トレーニングの負荷設定方法
[3]自重負荷筋力トレーニングの負荷設定方法
トレーニング指導◆ 楽しみながらからだを鍛えよう
[1]トレーニング現場でのスタッフの役割
[2]トレーニングメニューの実際
1.自重負荷筋力トレーニング
2.持久性トレーニング
[3]リスク保有者や体調不良者のトレーニング
体力評価◆ 体力アップを実感し、運動意欲を高めよう
[1]体力測定と評価の実施時期
[2]個人データの評価とフィードバック
[3]受講生全体のデータからプログラムを評価する
[4]自己評価と新たな目標設定
受講生インタビュー3
歩くこともできなかった私。熟大に出会って、人生が変わりました。 A・Hさん

PART4 もっと人へ、もっと未来へ
動き始めた「産・官・学」のネットワーク
ITネットワークで拓く運動処方の新時代
いつでもどこでもトレーニングできる環境づくり
地域から変わる21世紀

巻末資料[1]アクティブトレーサーの設定手順
巻末資料[2]※e-ヘルスプロモーションシステムについて

あとがき/信州大学医学部長・小宮山 淳

はじめに:いきいきと輝く熟年世代のために

信州大学大学院医学研究科加齢適応医科学系独立専攻スポーツ医科学分野
教授・能勢 博

50歳をすぎ、人生の折り返し点を回った「熟年」世代は、ともすれば悲観的にとらえられがちです。「もう年なんだから…」「若い者に任せて…」そんな言葉を耳にするたびに、いろんなことをあきらめていきます。もちろん、若いときに比べて、体力は落ちるし、からだの不調も出てきます。仕事を辞めれば、社会とのつながりだって薄くなります。その先に「老い」という大きな不安が横たわっていることを思うと、悲観的になってしまうのも自然なことなのかもしれません。
しかし、年をとるということは、マイナスなことだけなのでしょうか。
私は、熟年体育大学を通して、たくさんの熟年世代とかかわるなかで、熟年こそが「人生の勝負どころ」なのではないか、と考えるようになりました。自分の人生の最終段階を、どのように輝いて生きるかを自分で考え、自分で選び、演出できるのが熟年世代です。子育ても社会的役割も一段落した熟年こそ、真正面から自分を見つめられる世代なのかもしれません。誰もが迷うこの世代をいきいきと輝いてみせることは、若い人たちに対して、とても大切なメッセージになるはずです。命は限りあるものですが、それを越える人生の輝きを、自分のものにできる素晴らしい世代…それが「熟年」なのではないでしょうか。
松本市熟年体育大学は、平成9年度に有賀市長の強いリーダーシップのもと、信州大学医学部と教育学部、松本市との協力でスタートしました。予防医学の先進地でもある長野県は、全国でも1位2位を争う長寿県でもあり、高齢者医療費は全国最低を記録するなど、ある面では、わが国のあるべき姿を一歩先取りしている県でもあります。
こうした環境のなかで、熟年体育大学に民間企業も加わってくれるようになってきました。ITによる遠隔型個別運動処理管理システムなど、さまざまな技術開発をすすめながらの産・官・学の新しい取り組みが進みはじめていますし、卒業生やさまざまな分野で活躍する市民講師など、これまでにはなかった住民参加型の講座へと発展しています。
そして何より、熟年体育大学の一番の成果は、受講生たちがいきいきと輝き始めている、ということです。いつの間にか背筋が伸び、からだを動かすことが楽しくなり、大声で笑う自分を発見する。眠れない日々や医者通いの毎日だった受講生が、1年2年と過ぎるうちにからだと心の元気をお互いに引き出し合いながら、身につけていくのです。高血圧、高血糖などを薬で押さえていた人が、体の内側から変わり、薬の必要がなくなっていく、といった事例にはことかきません。
予防医学は、現代のような高齢社会には欠かせない医療といわれていますが、医療者だけで本来の予防医学を実践することはできません。そこには、医学の専門家はもちろん、さまざまな分野の、さまざまな世代の人たちが参加し、関わっていくことが必要です。それは、とても楽しく、広がりのある「場」でもあるわけです。熟年体育大学にも、ダンスの先生、自然観察の先生、料理人、英語の先生、写真家など、実に多彩な市民講師がボランティアで関わってくれています。
松本市で始まった、この試みが、多くの方々の目にとまり、日本中のたくさんのまちで実践につながってほしい。できれば世界中のまちで、この事例が役立つことを願っています。ただし、実践マニュアルはあくまでも松本で試した基本形です。それぞれのケースに応じて自由に応用してください。
やる気があれば、必ず扉は開かれるはずです。

あとがき

信州大学医学部長・小宮山 淳

信州大学医学部、教育学部は松本市と協力して、平成9年から6年間「松本市熟年体育大学」を実施してきました。市民の評判は上々でこの事業の拡大を切望する声、また長野県内外からの問い合わせや視察が後を断たないと聞いております。このような時期に、同事業の運営方法のノウハウが一冊のマニュアルとして出版されたことは関係者にとって大変な朗報だと考えます。
将来の高齢化社会に向けて、ますます予防医学の重要性が指摘されています。縄文時代のヒトの平均寿命は30歳程度と考えられていますが、近年の食糧事情、医療、そしてアメニティの向上によって、平均寿命は80歳にまで延長しました。その結果、近年の少子化も手伝って、我が国の今後25年間の高齢化の速度は、他の先進国の約3倍で、人類が未だ経験したことがないものです。そして、2025年には65歳以上の人口が全人口の30%以上になり、高齢者の生活のケアのために要する国家予算は膨大なものとなり、例えば、1996年の厚生白書によれば、今後、2025年までに、東京都だけでも、高齢者のために必要とする予算は、240兆円(国家収入の19%)に達することが指摘されています。この時期をいかに乗り切るか、世界の目が我が国にそそがれています。
このような状況の中、信州大学医学部では加齢適応医科学系大学院・独立専攻を平成15年4月に開講しました。この専攻の理念は、「個人の身体特性にマッチした新しい予防医学の確立」です。しかし、この学問分野が意味のあるものに発展するには、市民の方々の協力が不可欠です。すなわち、研究室での成果を現場で応用し、そこでピックアップされた問題点を解決するための研究を行う、いわゆる現場と大学の間を行き来する研究を実施する必要があります。また、この事業がすでに、さまざまな企業の方々に新製品のテストベッドとして、活用されていることは心強いことです。考えてみれば、従来、健康機器、健康食品の性能を、科学的データに基づいてチェックするシステムが世の中に存在しなかったのです。このような「産・官・学」共同プロジェクトは、大学の独立法人化に向け、地域に貢献する大学の将来像として今後ますます重要になっていくでしょう。
長野県は、PPK「ピンピンコロリ」で国際的に有名な長寿県です。かつて、同県の平均寿命は全国で最低レベルでありましたが、40年前の「長野県厚生連」の予防医療運動が全県に波及し、現在の状況が達成できたのです。この長野県に新しい予防医療システムが育ちつつあることに強い誇りを感じております。ぜひ、全国、世界にむけてこの「信州モデル」を発信しようではありませんか。このマニュアルの出版がその契機となることを心から祈っております。

支援システム:e-ヘルスプロモーションシステム

【システム概要】
e-ヘルスプロモーションシステムは、松本市熟年体育大学の健康づくり活動を支援するシステムです。健康づくりの活動拠点・各家庭をインターネットで接続し、各家庭における運動の記録と血液検査や体力テストなどの測定結果を蓄積します。そして、スタッフに対しては受講生の身体、健康状態の把握や、研究用データの提供を実現します。また、受講生一人ひとりに対しては活動の記録やアドバイスを提示して、その継続をモチベートします。
これらの情報提供や運用に関わるさまざまなサービスは、Webブラウザを介してスタッフや受講生に提供されるため、その活動拠点である健康増進施設、医療施設、研究機関、家庭などからいつでも利用することができます。

【問い合わせ先】
キッセイウェルコム株式会社
ヘルスケアソリューション部
e-ヘルスプロモーションシステム担当まで
メール→trinity@kwcnet.co.jp
ホームページ→http://www.kwcnet.co.jp
〒390-1242 長野県松本市和田4010-27
TEL 0263(40)3566 FAX 0263(40)3677

【資料一覧】
1-1)トレーニングの有無と身体活動能の変化
1-2)ウォーキングの効果
1-3)熟年体育大学における筋肉・持久性トレーニングの効果
1-4)熟年体育大学受講生への意識調査結果
1-5)いきいき健康ひろば参加者への意識調査結果
2-1)熟年体育大学運営モデル図
2-2)熟年体育大学スタッフ一覧
2-3)熟年体育大学総経費の概算
2-4)熟年体育大学の予算と受講生の推移
2-5)熟年体育大学事業の内容(平成14年度)
2-6)熟年体育大学カリキュラム(平成14年度)
3-1)1学年の年間ワークフロー
3-2)1学年体力測定項目
3-3)血液検査項目と内容
3-4)ウォーキング日誌の記入例
3-5)2学年の年間ワークフロー
3-6)問診項目
3-7)生活調査票
3-8)リスク層別化基準とリスク保有者一覧表作成例
3-9)体力測定前の注意事項
3-10)熟年体育大学におけるマシーントレーニングの負荷設定法
3-11)各トレーニングにおける指導スタッフのチェック項目
3-12)トレーニング中止基準
3-13)体力測定結果個人データ票
4-1)ITネットワークによる信州モデルの将来像

熟年体育大学
実践マニュアルDVD
[トレーニングプログラム完全収録映像]

・熟年体育大学カリキュラム
・体力測定編
・トレーニング編
・e-healthプロモーション概念

 

※本DVDは「インターバル速歩」の導入前に制作されたものです。インターバル速歩を含めた最新情報は書籍『まだまだどんとこい熟年』(2007年5月刊)をご覧下さい。

制作:NPO法人熟年体育大学リサーチセンター
監修:能勢博(信州大学大学院医学研究科加齢適応医科学系独立専攻スポーツ医科学分野教授)
著者:永嶋秀敏(同非常勤研究員)


本編35分
本体価格15,000円+税(税込15,750円)
ISBN4-900918-68-7 C3875

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る