HOME » 信州学 自然と紀行-山岳科学ブックレットシリーズ»山岳科学ブックレットNo.5『山岳と極地から見た地球の今』

山岳科学ブックレットNo.5『山岳と極地から見た地球の今』


山岳と極地から見た地球の今

山岳科学ブックレットNo.5
信州大学山岳科学総合研究所:編

高橋修平:上田豊:渡辺興亜

極地からわかる、地球環境の実態

本体価格933円(税込価格1,008円)

2010年7月1日発行
ISBN978-4-904570-22-7
☆著者プロフィール

温暖化、オゾン層の破壊。極地からわかる地球環境の変化。
その最前線からのレポート

本編は、信州大学山岳科学総合研究所主催による公開講演会「山岳と極地から見えてくる地球の今」(2009年7月11日開催)の公演内容を編集したものです。

目次

■日本の雪渓から北極の氷河まで 高橋修平
大雪山の雪渓を観測する
南極での観測
ヒマラヤでの観測
崑崙山脈の観測
セヴェルナヤ・ゼムリャでの観測
東シベリアでの観測

■地上と上空から見たヒマラヤの変貌 上田 豊

ヒマラヤの氷河縮小
地上と上空から見た氷河の変化
ヒマラヤの氷河は縮小が速い
「美しいヒマラヤ」が失われいく?
拡大を続けるブータンの氷河期
水資源としての氷河と雪氷圏の将来

■雪と氷の大陸
~南極の探検から氷床観測へ~ 渡辺興亜

これが南極だ
地球最大の氷河、南極氷床
南極観測と最近の話題
温室効果気体の観測
オゾンホール問題
隕石の大量採集
雪と氷の世界、雪氷圏
南極内陸観測の系譜
南極氷床から地球を読み解く
ドームふじ深層掘削計画

⇒ページトップへ

北見工業大学教授。同大学長補佐、国立極地研究所運営委員会委員等を務める。
1948年生まれ。北海道大学理学部地球物理学科卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。
1979年から北見工業大学に勤務、1986年から同大教授。
専門は雪氷学。1981~83年第23次南極地域観測隊に参加後、ヒマラヤ、崑崙山脈、スピッツベルゲン、
セヴェルナヤ・ゼムリャ、東シベリア、アラスカ等で観測。

上田 豊(あげた・ゆたか) 名古屋大学名誉教授

名古屋大学名誉教授。信州大学山岳科学総合研究所特任教授。
1943年生まれ。京都大学理学部卒業、名古屋大学大学院理学研究科満了。理学博士。
山口大学教育学部、名古屋大学大気水圏科学研究所を経て同・環境学研究科で退職。
専門は雪氷学。学生のころヒマラヤ登山。1970年代よりヒマラヤ、チベットで夏に多雪の氷河の変
動を研究。また、南極で氷床変動を観測。

渡辺 興亜(わたなべ・おきつぐ) 国立極地研究所名誉教授

国立極地研究所、総合研究大学院大学名誉教授。総合研究大学院大学監事。信州大学山岳科学総合研究所特任教授。
1939年生まれ。北海道大学大学院理学研究科修了。理学博士。
名古屋大学助教授、国立極地研究所教授、同所長、総合研究大学院大学教授を歴任。
専門は雪氷学。南極観測に4回参加。雪氷研究隊員、越冬隊長、観測隊長を務める。そのほか、北極観測、ヒマラヤ、中央アジアの氷河調査などで多数のフィールド観測。

■信州大学山岳総合研究所のホームページ
<

山岳科学ブックレットシリーズ 既刊No.1〜No.6

⇒ページトップへ

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る