HOME » 料理・郷土食-信州学 自然と紀行»信濃路の料理歳時記

信濃路の料理歳時記


島勇次/著

装幀:石川孝[NOEL]

1997年5月発刊(6月・第2刷)
B5判・60ページオールカラー
本体価格1,429円+税(税込1,543円)
ISBN4-900918-08-3

目で味わう信州の食文化



★著者プロフィール

野沢菜、わらび、岩魚…
四季折々の信州の食材をふんだんに用いた「ふるさとの味」87品を、みずみずしいカラー写真とともに紹介。
ベテラン料理人による、食材の宝庫・信濃路の味を満載。

もくじ

【春】

山うどの木の芽味噌和え/たらの芽の豚肉巻き/たらの芽の鶏肉巻き/たらの芽の薄焼卵磯巻き/アスパラガスの黄金蒸し/春の山菜天麩羅/うとぶきの錦卵蒸し/虹鱒の塩釜焼き/虹鱒のけしの実焼き/信濃雪鱒のとびっこ和え/わかさぎ南蛮漬/信濃雪鱒の姿造り/虹鱒の五色和え/豚肉と蕨の山葵醤油/蕨のたらこマヨネーズ和え/山蕗と椎茸の煮物/虹鱒とたらの芽の奉書巻き/ふき味噌と焼きおにぎり/鹿島漬け

春の料理

春の料理

▲春の一例
虹鱒塩釜焼き/けしの実焼き

【夏】

信濃雪鱒の雪渓焼き/信濃雪鱒の薄作り/信濃雪鱒の山葵和え/信濃雪鱒のよもぎ蒸し/姫鱒の姿焼き/鮒のすずめ焼き/岩魚の昆布巻き/岩魚の奉書紙巻き/岩魚の笹巻き焼き/岩魚のマリネ/岩魚と鮒の風干し/姫竹と牛肉の炒め煮/姫竹とアスパラサラダ/姫竹蒸し/蕎麦デザート/山葵と塩丸烏賊和え/山蕗のきゃらぶき/山あざみとあげの煮物/うとぶきのおひたし

夏の料理
夏の料理
▲夏の一例
信濃雪鱒薄作り/雪渓焼き/よもぎ蒸し/山葵和え

【秋】

栗おこわ/なめこ丼/舞茸の胡麻和え/信濃雪鱒と茸の酢物/栗茸の山芋掛け/アップルパイ/林檎パインスタイル菓子/蒸し林檎/林檎と虹鱒なます/林檎ソース/虹鱒卵の胡瓜和え/虹鱒の親子和え/虹鱒卵のみぞれ和え/栗の紅白茶巾しぼり/南瓜すいとん/馬肉と蕎麦の陶板焼き/蕎麦薄焼き/蕎麦の山菜お煮掛け

秋の料理

秋の料理
▲秋の一例
栗おこわ/なめこ丼

【冬】

「おせち料理」
だし巻卵・鶏むね松笠焼き・栗きんとん・花いんげん豆煮・わかさぎと岩魚の甘露煮・岩魚三色揚げ・紅白寄せ・虹鱒黄金焼き・里の幸三種盛り

山菜お雑煮/信州しめじ茶碗蒸し/虹鱒田楽味噌焼き/野沢菜煮/野沢菜と挽き肉卵/野沢菜の岩石卵蒸し/えのき茸の梅肉和え/凍み大根煮/長芋と鶏肉ささ身の胡麻和え/信濃雪鱒の牛乳鍋/信濃雪鱒の雪山鍋/信濃雪鱒ぽかぽか鍋/虹鱒すり身山菜ちゃんこ鍋/信濃路のお餅/仁科凍り餅砂糖醤油掛け/仁科凍り餅あん掛け/凍豆腐の豚肉巻き煮/凍豆腐の黄金煮

冬の料理

冬の料理

▲冬の一例
信濃雪鱒牛乳鍋/雪山鍋

★著者プロフィール

長島勇次(ながしまゆうじ)

1938 年(昭和13)長野県中野市生まれ。信州の自然と料理に魅せられ、高原のホテルを中心に県下各地で料理技術を習得。くろよん観光扇沢ホテルの飯島光昭氏に 料理の基礎を学ぶ。ほか志賀観光ホテル、三井観光鹿島槍高原ホテル等で修行を積む。北安曇郡美麻村ぽかぽかランド料理長を経て、現在同営業課長。「信州の 自然とマッチする料理」が生涯のテーマ。長野県大町市在住。

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る