HOME » 写真集・芸術・工芸-品切れ情報»竹の手仕事人がつづる  竹は無限、無限の竹

竹の手仕事人がつづる  竹は無限、無限の竹


小出九六生(小出竹材店)/著

装幀:酒井隆志

平成13年6月25日発刊
[限定出版]
A4判・170ページ
本体価格4,762円+税
ISBN4-900918-42-3 C0072

品切れ中



★著者プロフィール

竹は、日本を代表する植物。

日本人の文化や暮らしも竹なしで考えられない。
伐れば伐るほど育つ竹…。
竹はまさに無限の可能性をもった最高の生活素材、芸術素材でもある。
「竹は無限、無限の竹」
声なき竹の声を、一人でも多くの人に届けるために、
本書を刊行することにした。(著者)

竹の持つ「無限の可能性」に魅せられ、竹一筋に半世紀を生きた小出さんは、まさに「竹の手仕事人」。溢れんばかりの竹への想いと信念を熱く綴り、膨大な数の創作竹垣・竹工作品をカラー写真満載で一挙公開。
その蓄積された技術や製作の舞台裏まで惜しむことなくさらけ出した、渾身の一冊です。造園業関係者はもちろん、庭や竹が好きな方、日本の伝統文化に興味がある方、職人好きの方は必見です!

★著者プロフィール

小出九六生(こいでつむお)

昭和9年長野市生まれ。小出竹材店経営。
昭和29年、19歳で竹工として飯島竹細工店に見習いとして入る。昭和30年、父亡き後、小出竹材店の二代目を継ぐ。昭和37年、小出竹材店に改称。昭和58年、竹の存亡をかけて国道18号篠ノ井バイパスに新装オープン。現在に至る。
本業のかたわら、後進の指導・育成、地域での竹文化振興活動などに活躍中。(財)竹文化振興協会会員、全日本竹産業連合会会員、信伝研会員。

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る