HOME » 子育て・教育・脳科学-品切れ情報»教育長はきょうも大忙し!?

教育長はきょうも大忙し!?


そして、教育と地方行政を考えた
宮川洋一/著

2004年3月31日発刊
四六判・264ページ
定価:本体価格952円+税
ISBN4-900918-65-2 C0037

表紙イラスト・小林照里
装幀・酒井隆志

品切れ中



★著者プロフィール

子どもたちが危ない!! 地方行政は何処へ行く?

私は先生方にお願いしました。
子どもたちに是非教えてほしいと思うことは、
「生命の大切さと共存への思いやり」ということでした。

本書は、私が公職に就いているときの「教育長のつぶやき」をまとめたものですが、教育の世界にいたからというだけでなく、私が人間として生きていく、その生き方を考えていたように思います。
ここに書いたものは、多くの諸先輩が論説してきた道を、私なりにたどってきたものです。……私が選んできたひとつの道筋として、また図書案内としてお読みいただければ幸いです。(あとがきより)

目 次

まえがき

第一章●日本の潮流、2001年へ出航
教育改革への取り組み
意識改革の仕方
規制緩和とは
戦後教育の見直し/五日制授業は二度目の実施
責任を回避しない
田中県知事の行政改革
「しがらみ」と仕事
流れを変える
役所は変わる
公務の質の変化/私の抱負

第二章●教育委員会は何をするところか
教育委員会の構成
教育委員会の権能
市長部局との関係
議会と教育委員会の違い
分権型教育の推進と教育委員会の役割の見直し
個の確立/教育改革への疑問/変革への抵抗
「個人の尊重」──日本人のあるべき姿

第三章●教育長のあり方を問う
教育長の資質
雑感/理論より実践
組織の運営と管理者の責任
リーダーシップのとり方/リーダーにとって必要な能力/
リーダーはどうあるべきか/公文書と私文書/公文書の保存
「会議革命」・・日本の会議は不毛会議
人間的魅力とは
人間のヘソは曲がるのである
教える者こそ学ばなければ

第四章●「総合的な学習の時間」は
新しい学習指導要領
子どもたちのからだの異変
腰・ハラ文化の再生
一校一改革、ひとり一改革
規制緩和のなかの教育行政
スクール・マネージメント/継続は力なり
全体と個
真実とは何ですか

第五章●地域で子どもを育てる三つの実践運動
あいさつ・読書・姿勢
「家郷の訓」
父の教え/母親から受けた教え/親が気をけなければならない言葉
「三分の飢えと寒とを存すべし」
夫婦の教育観の不一致
日本のこころの教育
「躾」は身を美しくするもの
子どもの躾は親がする 親の躾は誰がする
「米百俵の精神」と人づくり
「世界がもし一〇〇人の村だったら」

第六章●生涯学習への取り組み
「学社融合」の取り組み
忌々しき発言
「教育」の行きつくところは
「協力社会」で歴史の峠を越えよ
子どもに伝えること

第七章●いま行うべきことは
けじめのとき
教育改革二年目に入る
もっと教育現場を知らなくては
四年間を省みて

●教育長のホームページ
(http://www.matikado.jp/)
1.新教育元年
2.なぜいま教育改革か
3.子どもたちから社会への警告か
4.生きる力
5.普通の人の普通の生き方
6.教育改革の求めてきたものは
7.リーダーシップとマネージメント
8.日本の子どもたちの問題点は
9.なぜ子どもは荒れるのか、キレるのはなぜか
10.学校自己評価について
11.読書のすすめとリテラシィ
12.子どもの教育を「食育」から考える
13.学校と家庭・地域の連携について
14.子育て、家庭教育について
15.まちづくりと人づくり

あとがき

まえがき

私は、小さな地方都市(長野県中野市)の教育長を一期(四年)務めました。
本書は、そのときの雑感をまとめたものです。
市役所に三十八年勤務し、退職したあとしばらくしてから再度の任務になりました。私は、教育委員会事務局職員として勤めたことはありましたが、教育が専門ではないので、自ら学び、学びながらの四年間でした。ちょうど教育改革のときにあたり、教育論が盛んに論じられていましたので、たくさんの本が出版されていました。私の師となったのは、それらの本でした。
教育については、人それぞれに一家言をお持ちで、一様ではなく、迷いの多い世界です。したがって、多くの考え方の中から、自分の考えに合う選択が必要でした。
いろいろ模索しているうちに、「目からウロコ」のすばらしい論説もあり、読むほどに、半知半解だった教育世界というものが、次第に腑に落ちてきました。なるほどと、蒙を開かれる思いで読んだ本も数多くありました。
ここに書いてあるものは、自分が納得したものを拾い集め、あたかも自説のように書いている、まことにお恥ずかしいものであります。
先輩諸氏が発表されているものから、多くの引用をさせていただきました。文中にそのお名前を入れておりますが、勝手な使用について、あらかじめお許しを得ておきたいと思います。
「生きる力」とは何か、と考えたときに、すぐ思い出すのがつぎの言葉です。

たった一人しかない自分を
たった一度しかない一生を
ほんとうに生かさなかったら
人間 生まれたかいがないじゃないか

山本有三の『路傍の石』の中の言葉ですが、この言葉から、東松山市教育長の荒井桂氏は、教育のあり方として、次のように書いています。
「青少年の一人ひとりが、自分の個性と自分という存在の、かけがえのなさの自己認識に立って(たった一人しかない自分を)、その自分の生き方・あり方を考え、社会の一員として果たす役割や職業に夢・希望をを描き、その実現、いわば自己実現を目指し、(たった一度しかない一生を ほんとうに生かそうと)、いま何をすべきかに思いをめぐらし、目的意識をもって(人間生まれたかいを求めて)、自ら学び、工夫し、努力することだといえるでしょう」と。
そして、「人間一人ひとりの個性とかけがえのなさの認識に立ち、それを大切にし、生かし切る『自己実現』を促し、励まし、扶ける営みが教育の根本原理なのです。教育・教育改革に当たるとき、常にここから出発しここに回帰せねばならない、と自分に言い聞かせてきました」と書いています。(『<どうせ自分なんて>と、つぶやく君に』伊東秀子・藤井昌子編著)
この言葉にすべて尽き、またここに立ち返ると思いますが、ここにまとめたものは、私なりに教育の道をたどってきた経緯であります。

★著者プロフィール

宮川洋一(みやがわよういち)

昭和12年生まれ。他県で生まれ育つが、父親が長野県上高井郡高山村の出身であり、戦時中、6歳のとき中野市に疎開する。以後中野市に住む。中野高校卒業、中野市役所に勤務し、平成8年退職する。
平成11年10月、中野市教育長に就任し、一期(4年)勤め、平成15年10月に退任する。
現在、私設「まちかど図書館」で、読書活動をはじめ地域文化振興に努める。

まちかど図書館
〒383-0015 中野市東吉田1267-7

北信濃遊行
小林一茶「九番日記」を読む

産土の一茶……同じ北信濃に住む著者が、一茶の最晩年の句帖から176句を読む。
宮川洋一/著
心の宇宙に遊ぶ

弘法大師空海が伝えた行を成し遂げた高野山大学生の体験的法話を、大活字ブックレットに。
宮川洋一/編

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る