HOME » 建築・家づくり»日本には日本の家づくり

日本には日本の家づくり


棟梁がたどりついた人と地球に優しい通気断熱WB工法

寺島今朝成/著(詳細へ)
A5判・186ページ
本体価格1,500円+税(税込1,620円)

これから、家を建てる方、必読!
「いい家」って一体なんなんだ!?

残部僅少(品切れの節はご容赦下さい)

2007年12月5日 発刊
ISBN978-4-900918-88-7 C0055
表紙・本文イラスト/阪本チヒロ

WB工法ってなに? なぜ良いの?
高断熱高気密住宅とどこがちがうの?

住む人が健康で暮らせる家をつくりたい……。
この道40年のベテラン大工が長年の経験と研究の末に生み出したWB工法のヒミツを大公開!

家族を守るはずの家で住む人が病気になる!?
換気口からカビ・ダニが吹き出す!?
家の寿命がたったの26年!?
今の日本の家は、間違いだらけだ!
「いい家っていったいなんだ」

メーカーも学者も国も責任をとらない日本の住宅業界。
この道40 年のベテラン大工が怒りとともに立ち上がった。
一棟梁の「ヤバい」直感が全国に広がり、国をも動かした!
北海道から九州までWB で建てた家族の家づくり体験!
保育園、デイサービス…弱者に優しいWB 工法ホンネ対談

目次より

はじめに ── 日本の家づくりを取り戻したい

Part1いつから日本の家は

こんなに危なくなってしまったのか。

【WB工法には、理由がある!?】

  1. 住む人が健康で暮らせる家をつくりたい
  2. 後悔しない家づくりをするための7つの問題点
    問題点・ 冬、寒い…「寒いから囲ってしまえ」で登場したビニール張りの家
    問題点・ 夏、暑い…なぜ北海道でエアコンを必要とするのか!?
    問題点・ 窓の結露…人間1人から1日約1.5リットルの水分が出ている!?
    問題点・ カビ・ダニ…原因は畳やジュウタンではなく湿気と温度
    問題点・ 蒸れ・腐れ…100年住宅の寿命が26年!?
    問題点・ 化学物質…日本の気候風土にあった土壁の効果
    問題点・ 生活臭…家から抜けないカレー臭!?
  3. これまでの高気密住宅は本当に省エネか?
  4. つくってきたからわかる間違いだらけの家づくり
  5. 夏向き住宅から冬向き住宅へ

Talk & Talk
「人間中心主義」宣言【健康・家族・時間】
井 益雄さん(いクリニック院長)×棟梁
column
24時間計画換気システムを取り付けたのに、ぜんそくになるのはなぜ?

Part2実験結果が語り出した

「大工の五感」は間違っていなかった。

  1. 真冬に八畳の実験棟で測定開始
  2. 昔の家、在来構法はなぜ寒い?
  3. クーラー嫌いのおばあちゃんがくれたヒント
  4. 衣替えの発想──冬は高気密、夏は通気冷却
  5. 猫はなぜタンスの上にいるのか?
  6. 特許取得まで
  7. 自宅新築で新工法を実体験する!
  8. はじめて知った「住宅の病気」の深刻度

Talk & Talk
子どもたちの未来のために【「食う・寝る・遊ぶ」主義!!】
山森綱江さん(長野大橋保育園園長)×棟梁
column
対流扇ヨドマーズの製作
35年前にわが家で実感。ダクトの中はカビ・ほこりだらけ!?

Part3とうとう国が動いた

全国の仲間たちにWB工法を届けたい。

前途に立ちはだかる大きな山は…

  • 救いの神・出現
  • 形状記憶合金第1号!!
  • 全国展開へ
  • 産学共同研究
  • ホルムアルデヒド0・08PPM以下の低湿度!
  • 24時間換気システムの矛盾!?
  • シックハウス症候群への対策

大臣認定へ
高齢者を考えることは地域や社会を考えること

Talk & Talk
高齢者を考えることは地域や社会を考えること【人間らしい住環境のために】
青城宗弘さん(デイサービス花いちご×棟梁
column
新築でお嫁さんのアトピーが治まった!!
住んでみてさらにわかった(石田洋)

Part4ようこそわが家へ──

全国WBユーザーが語る家づくり体験。

  1. 暑いぐらいの過剰暖房の北海道で
    ふんわりいい感じのぬくもりが新鮮です。
  2. 家は人を育てる場所と考えて
    WB工法で「」を実践しています。
  3. 最初は「高気密高断熱がいい」からスタートノノ。
    最後に行き着いた「WB工法」に大満足!!
  4. 幸せの原点は住まいから。
    3世代が快適に暮らす家。
  5. 身も心も家族が丸ごと元気になれる家!!
    子どもの成績が良くなったのは家のお陰(!?)
  6. ジメジメが厳しい福井の気候でも
    洗濯物が室内干しでよく乾きます!
  7. WBは壁の温度が違う! 夏ひんやり、冬ほんわか。
    遠回りして行き着いた自分たちらしい家づくり。
  8. 親子二世代で建てた癒しのマイホームは
    愛情ときれいな空気に包まれた健康ハウス。

◆体感が感動に変わる! ワンダー・ベース体験
家づくり学習ホール/透湿高気密と窒息高気密との比較イメージ/これがWB工法のポイント!!/
真夏の屋根裏に潜入!/「夏はTシャツ、冬はセーター」衣替えする家 通気断熱WB工法住宅のしくみ/
研究棟/比較体験ハウス(こちらは窒息高気密の家/こちらは透湿高気密の家)/住宅体験ハウス

————————————————————————–

☆著者プロフィール

寺島今朝成 ㈱ウッドビルド代表取締役

1944年、長野県生まれ。中学卒業後、愛知県に集団就職し、5年間工作機械製造業に従事。20歳から大工として建築業に携わる。1970年、建築会社設立に携わり、社寺建築、入母屋、数寄屋住宅、ログハウス、鉄骨ビル等の各種住宅を手がける。1991年、(株)ウッドビルドを設立し代表取締役に就任。健康で省エネルギー住宅を実現した「通気断熱WB工法」を開発。「建築物の通気断熱構造及びこれに用いる通気制御装置」と「空気滞留装置」の特許取得。WB 工法の普及を推進し、3000棟を突破している。主な著書に『棟梁が考えた驚異の通気断熱の家』(講談社)がある。
全国のWB工法に関するお問い合わせ

…… 私が、一大工の直感の信念で取り組んだWB工法は、間違ってしまった日本の家づくりを、もう一度正しい方向に導いてくれると確信しています。家は、住む人の命と財産を守るもっとも小さな環境でもあるということを忘れてはいけないと思います。家は、命に直結しているのです。
私は、次代に自信を持って引き継げる家をつくっていきたいと思っています。「いい家づくり」は、家族を幸せにします。そして家づくりに関わった者も幸せにしてくれます。子ども世代、そして孫世代が健康でいきいきと暮らせる家を、WB工法でかなえていけたら、こんな幸せはありません。

(はじめに「日本の家づくりを取り戻したい」より)

この本は【モラタメ】にも出展しています。こちらの「読者の声」もご覧下さい。

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る