HOME » 信州学 自然と紀行-新刊&話題の本»『信州 木の葉図鑑』

『信州 木の葉図鑑』


e69ca8e381aee89189e59bb3e99191e8a1a8e7b4992

  • 信州 木の葉図鑑
  • 身近な自然がおもしろい!
    ゲーム感覚で木の葉(このは)と遊ぼう
    増刷出来!

  • 信州の看板と呼ぶにふさわしい、広葉樹と針葉樹、21種類限定の「木の葉」の図鑑ができました。

  • 井田秀行 著 (信州大学志賀自然教育園『森ラボ』代表)
  • ISBN:978-4-904570-36-4 C2645
  • 500 円(税込価格540 円)

信州 木の葉図鑑

著・井田秀行(信州大学志賀自然教育園『森ラボ』代表)
身近な自然がおもしろい!

ゲーム感覚で木の葉(このは)と遊ぼう!

信州の看板と呼ぶにふさわしい、広葉樹と針葉樹、21種類限定の「木の葉」の図鑑ができました。
500円(税込525円)


ISBN978-4-904570-36-4 C2645

2011年5月31日付、信濃毎日新聞でも本書が見開きで紹介されました。

本書の特徴
☆手軽で軽量、コンパクトサイズ
☆Yes!No!フローチャートで木の葉を探し当てよう!
☆木の葉イラストは好きな色でデコっちゃおう!
☆キャッチコピーはダジャレ!?

 

本書は、「信州の看板」と呼ぶにふさわしい21種類の樹木に限定した葉っぱの図鑑です。日本アルプス、原生林、原風景的な里山といった自然豊かな景観にあふれる信州でよく出会う樹木ばかりをとり上げています。ですから、このうちの1種類でも見分けられるようになれば、信州の木や森への親近感がぐっと増すことでしょう。
葉っぱは「見分ける」ポイントさえ身につけておけば、カタチをいちいち覚える必要はありません。本書の一番の自慢は、ダジャレで、葉のカタチの特徴をキャッチフレーズに表した点です。詳しくは、ぜひ本編をご覧ください。
信州を訪れた思い出に、登山やトレッキングのお供に、お散歩ついでに、『信州木の葉図鑑』を手にして頂けたら幸いです。それでは、レッツトライ葉っぱ鑑定! 行ってらっしゃい!

本書に登場する樹木オールスターズ
針葉樹:ハイマツ、オオシラビソ、シラビソ、ヒノキ、クロベ、スギ、アカマツ、コメツガ、ウラジロモミ、カラマツ
広葉樹:ブナ、トチノキ、ホオノキ、シナノキ、ケヤキ、ダケカンバ、シラカンバ、ミズナラ、コナラ、クリ、クヌギ

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る