HOME » 新刊&話題の本-生活・趣味・生き方»『涙の向こうに虹がある』発刊!

『涙の向こうに虹がある』発刊!


174namida

  • 涙の向こうに虹がある
  • リウマチの痛みと闘いながらも元気に生きる大工、米山社長の泣き笑いの日々。少部数限定販売です!

  • 米山四郎 著
  • 2013年10月2日発行
  • A5判 104ページ
  • ISBN:978-4-904570-74-6
  • 1,500 円(税込価格1,620 円)

「おたくのおかかえ大工」のキャッチフレーズでおなじみの「建築のよねやま」。代表の米山四郎さんが自身4冊目となる随筆集を出版することになりました。 今回は闘病記がメインの内容でタイトルの「涙の向こうに虹がある」は、10年前もの間、関節リウマチと闘ってきたその思いでもあります。
鉛筆も持 てない、お風呂で背中も流せない…さまざまな苦労を乗り越え、今も元気に明るく飛び回っている米山さん。そのユーモアあふれる生き方の中に、すさまじい病 との闘いがあったことに驚かされます。限られた書店のみの少部数限定販売です。

☆10月24日付け朝日新聞長野版に著者・米山さんと当書籍が紹介されました。

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る