HOME » 新刊&話題の本-たぁくらたぁ»たぁくらたぁ34秋号発刊!

たぁくらたぁ34秋号発刊!


‚½‚Ÿ‚­‚炽‚ŸVol.34_•1_4b

  • たぁくらたぁ34
  • 信州発産直泥つきマガジン最新号!

     

  •  
  • 2014年9月30日
  • A5判 72ページ
  • ISBN:978-4-904570-86-9 C9436
  • 476 円(税込価格514 円)

 

「希望の牧場」に現れた突然変異の斑点牛

CONTENTS

巻頭言 集団的自衛権とあなたの財布の、アブナイ関係金井奈津子

マツシロの看板問題への視点/和田登(児童文学作家)
絶対に造らせない辺野古の新基地/浅井大希(沖縄県大宜味村在住、一級建築士、大工

特集1 精神障害者も、病院を出て暮らしたい

7万人のゆくえ戸崎公恵(本誌編集委員)

障がいがあっても地域で私らしく生きる大堀尚美NPO法人ポプラの会事務局長・精神保健福祉士)

呆然と立ち尽くすしかなかった関 孝之ながのアートミーティング)

特集2 福島、誰がための復興なのか?

至るところで除染作業中

破れた除染廃棄物のフレコンバック

インタビュー 「美味しんぼ」騒動と斑点牛/吉沢正巳「希望の牧場 ふくしま」代表

なぜ今、避難なのか?
身近に甲状腺がんの手術者が /福島市から避難したMさん
放射能を怖れることが理解できない /栃木県から避難したKさん

母親たちのそれぞれの決断 堀亜希子

復興は進んでいるか?渡辺一枝(作家)

私たちが変えなければならないもの/関口鉄夫(環境科学・本誌編集委員)

人間の復興野池元基(本誌編集長)


独楽スカート。着た人が回ると色が混じり合う
着る・アート・自分の言葉/川手麻子(ファッションデザイナー、パリ在住)

白馬「深山の雪」で8月に行われたトーク&ライブ(撮影 尾崎孝史)

白馬の森発 原発避難者の明日 第5回

自分が目指すところ/木村紀夫(深山の雪オーナー)

RocketStoves ロケットストーブ覚書 その4

場所の感覚 sense of place/ 小池雅久(美術家)

アウトサイダーアート
〜無限なる創造力・暴露するエネルギー〜/ 宮入典子(本誌編集員)

佐久病院・元保健婦の50年「医療も介護も地域から」第2回
村民参加の「冷えの研究/ 横山孝子(長野県高齢者生活協同組合理事

電力料金の変動要因/ 弓場 法(公認会計士・税理士)


連載

●記憶のかたほとり—『老人と海 与那国島』から /写真・本橋成一(写真家・映画監督) 文・村石保(オフィスエム編集長)

●アートハウスは交差点9/ 櫻井京子(アートハウス店主)

●食つれづれ 第七話/小澤尚子(こめはなや店主)

●石油文明から太陽文明へ㉚/岡本一道(本誌編集委員)

●バクの寝言 其の二十一/森 貘郎(本誌編集委員)

●気になるコトバ⑯/安部憲文(本誌編集委員)

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る