HOME » 社会問題・人権・戦争-新刊&話題の本»チェルノブイリからの伝言

チェルノブイリからの伝言


isbn4-900918-33-4
品切れ
  • チェルノブイリからの伝言
  • NGO活動10年の軌跡と21世紀への展望

  • 今こそ考えるべき、原子力と私たちの生き方
    残部僅少

  • ※色あせ、キズなどございます。あらかじめご了承下さい

  • 日本チェルノブイリ連帯基金(JCF) 編
  • 装幀:酒井隆志
    表紙写真:畔上一幸

  • 2000年9月20日発刊
  • A5判 154ページ
  • ISBN:4-900918-33-4 C0036
  • 1,143 円(税込価格1,234 円)
    在庫切れ

チェルノブイリからの伝言

NGO活動10年の軌跡と21世紀への展望
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)/編

2000年9月20日発刊
本体価格1143円+税(税込1,200円)
今こそ考えるべき、原子力と私たちの生き方
残部僅少

A5判・154ページ
ISBN4-900918-33-4 C0036

装幀:酒井隆志
表紙写真:畔上一幸

色あせ、キズなどございます。あらかじめご了承下さい

原子力資料情報室前代表の故高木仁三郎氏のインタビュー(本書より抜粋)
→こちらからをどうぞ

リンク
原子力資料情報室 http://www.cnic.jp/
高木学校 http://takasas.main.jp/
高木仁三郎市民科学基金(高木基金)http://www.takagifund.org/

★著者プロフィール
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF/理事長・鎌田實)は、今年10年目を迎えたNGO団体。チェルノブイリへの医療支援を中心に、多角的・継続的に支援活動をつづけてきた。

チェルノブイリ事故勃発以来、原発の放射能漏れ事故や東海村臨界事故など、日本でも次々に原発事故が起き「自分ごと」として原発への危機感がつのっている。

本書では、医療支援の実務を担ってきた信州大学医学部のスタッフの証言をはじめ、高木仁三郎(原子力情報資料室理事)、本橋成一(映画「ナージャの村」監督)、小室等(JCF理事・歌手)など、JCFの活動をさまざまな面から支えてきた面々の10年間の軌跡、そしてこれからへの提言を集大成した。

原子力とどのように向き合えばいいか。今や世界を動かしつつあるNGOという潮流をどう考えればいいか。実績と実力のあるJCFが総力を結集してまとめ上げた現代人必読の書。

【目次】

[はじめに]一人の子どもの涙はすべての人類の悲しみよりも重い
鎌田 實 JCF理事長・諏訪中央病院院長

1.1986年〈4月26日〉の原点から…/チェルノブイリの悲しみと向き合って

それは、1991年の4人の旅から始まった……。日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)設立から3年目の軌跡をたどり、ボランティアとは何か、いのちとは何か……。NGOの原点を模索する熱い会話が繰り広げられた。

座談会 あれから3年 市民活動の限界を超えて…
〈1994年『グランドゼロ』no.11より〉
鎌田 實 JCF理事長・諏訪中央病院院長
吉永 宏 JCF理事・YMCA同盟広報室長
高橋卓志 JCF事務局長/神宮寺住職
司会・竹内万美子(JCF事務局)

2.いのちの連鎖を求めて/ベラルーシからのメッセージ

8000キロ離れたベラルーシからの小さな声に人々が耳を傾ける時、小さな声がささやかな力となってやがて大きなネットワークを結んでゆく……。

タチアナ・ショウミヒナ ゴメリ州立病院・小児血液病棟主任
時が流れ状況が変わっても、私たちは友達です
ミハイル・ボカチェンコ ゴメリ州立病院・移植部主任
日本(信州大学)で学んだ先端医療を活かして
イリーナ・ニコラエバ JCFモスクワ事務局・通訳
フセフ・リュブリー(みんなが好き!)

3.響きと影 豊穣の大地とはかりあえるほどに……

風のようにしなやかな感性と鳥のような大らかな眼が大地を旅するとき、響きと影が交錯し、もう一つのチェルノブイリの物語を予言する……。

対談 ベラルーシは美味しい!
小室 等(JCF理事・歌手)
貝原 浩(JCF理事・画家)

■番外編 ベラルーシは美味しい! ロシア料理レシピ

4.インタビュー&インタビュー/私とチェルノブイリ

人はなぜ、チェルノブイリに関わるのか、人はなぜ、もう一つのいのちを想うのか、人はなぜ、パンのみでは生きられないのか……。〈いのち〉と向き合った人々による〈いのちの証言〉。

小池 健一 JCF理事・信州大学医学部助教授
ひと・医療・ベラルーシ
海老名英治 JCF事務局 通信衛星による遠隔地医療
金井 貞徳 JCF理事・松商学園教諭
母親の死が教えてくれたこと
倉科 憲治 JCF理事・信州大学歯科口腔外科学教室教授
NGOにとって医療支援とは何か
廣浦 学 JCF理事・諏訪中央病院臨床工学科技師
継続する志とネットワーク
阿木 幸男 JCF理事・河合塾英語教師
僕のNGO論〈いくつかの疑問に答えて〉

5.天国はいらない故郷を与えよ/映画「ナージャの村」が残したもの

時として、一葉の写真から全存在が揺すぶられることがある。時として、一本の映画から失ったものが見えてくることがある。カメラマン・本橋成一、筑豊からチェルノブイリへの30年間の眼差しの行方に、人と大地といのちの営みが見えてくる……。

本橋成一 JCF理事・写真家・映画監督
チャイコバーバの悲しみ〈ぼくが「ナージャの村」を撮ったわけ〉

6.奪われし未来から…/科学者が検証したチェルノブイリ事故・東海村臨界事故

「これは、ぼくの遺言と思って下さい……」と、高木仁三郎さんは言われた。病をおして私たちのインタビューに一語一語を噛みしめるように、高木さんは真摯に応答してくれた。約束の1時間を大幅に超過した。そして、長いインタビューは「希望」という言葉で終わった……。

高木仁三郎 原子力資料情報室理事
人類は科学技術とどう向き合っていくか〈チェルノブイリ事故を教訓として〉

[あとがき]8000キロの彼方への想い……
神谷さだ子 JCF事務局長

■JCF_information
■JCF10年の歩み〈1991年~2000年5月〉

アンケート●私とJCF、そしてチェルノブイリ
神谷さだ子(事務局長)
布山みな子(松本事務局スタッフ)
高橋俊光(松本事務局スタッフ)
海老名英治(松本事務局スタッフ)
水間みどり(京都事務局スタッフ)
中山万美子(非常勤スタッフ)

再録:SBCラジオ「月刊つれづれ堂」

2000.10/14放送

パーソナリティ:武田徹さん
ゲスト:神谷さだ子さん(JCF・日本チェルノブイリ連帯基金事務局長)

[武田]「市民のための科学でなければいけない」という高木仁三郎さんが、先日亡くなられましたよね。

[神谷]この本の中でも高木さんは、「市民にとって科学がどう寄与すべきか、原発のメリットもデメリットも同じように公開して、私たち市民もそれを学んでいかなければいけない。そして自律的に判断しなければいけない」ということを、おっしゃって下さっているんですよね。本当にありがたい言葉をたくさんいただきました。

[武田]私がすごいなと思うのはね、高木さんは最期を病気とともに暮らされておられたんですけれども、「お医者さんは病気はよく診てくれるが、私という患者を診てくれない」というんですよ。これはものすごく重要な言葉だと思うんですよね。原子力行政もそれじゃないかという気がするんですよ。

[神谷]インタビューされた鎌田先生もお医者さんだったからこそ、高木さんとそんな話をしていただけたんだと思います。原子力や科学の話だけでなくいろんなことを語ってくださりながら、その中で「これは僕の遺言と思ってください」と言われたんです。高木さんがお亡くなりになった時は、それがすごく心の中に反芻されてとても切なかった……心が痛かったです。

[武田]実際に神谷さんはチェルノブイリへ何回も行ってらっしゃって、今一番感じていることはどんなことですか。

[神谷]汚染地の人々が必要なものだけでとても豊かな暮らしをしている姿を、私たちは見てきています。だから無駄なものはできるだけ少なくしていこうという努力はしていきたいと思います。また日本の原発も廃炉に向かっていく段階にあるんですが、そういう段階でもまだ危険が伴う。現代も私たちはとてもたくさんの電気エネルギーを享受していますけれども、そこにはいつもリスクを伴っているということを、現地の人たちと一緒に共有しながらそれを考えていけたらと思っています。

[武田]そうしたらずいぶん変わるんじゃないかと私も思うんですよ。人権というのは、今生きている人たちの人権だけじゃないんですよね。未来を生きる人の人権を考えなければいけない。いま我々が便利だからといって、廃棄物を未来の人たちに全部背負わせるというのはこれは間違っていると思うんだよね。そのことも本当に真剣に考えなければいけないと私は思いますね。

★著者プロフィール

日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)

長野県松本市に拠点を置くNGO。チェルノブイリ原発事故後のベラルーシへの医療支援活動を中心に行っている。
本部:〒390-0303長野県松本市浅間温泉2-12-12
TEL.0263-46-4218

>> JCF・日本チェルノブイリ連帯基金ホームページ

1件の読者の声 »

[...] 『チェルノブイリからの伝言 NGO活動10年の軌跡と21世紀への展望』 日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)/編。   [...]

ピンバック— 2011 年 4 月 14 日 @ 8:27 PM


この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る