HOME » 新刊&話題の本»改訂版『あした野原に出てみよう』発刊!

改訂版『あした野原に出てみよう』発刊!


9784904570852

  • 改訂版 あした野原に出てみよう
  • 増刷出来! 在宅ホスピス医・内藤いづみの〝原点〟
    改訂版として生まれ変わりました!

     

  • 内藤いづみ 著
  • 佐藤ななえ・挿画
    石坂淳子・装幀

  • 2014年10月10日発行
  • 小B6判 160ページ
  • ISBN:978-4-904570-85-2 C0395
  • 1,000 円(税込価格1,080 円)

死は誰のものか?
病院で死ぬとはどういうことか?

さまざまなエピソード、エッセイでつづる
在宅ホスピス医療・内藤いづみの〝原点〟

内藤いづみによるブックガイド【生と死といのちの29冊】を収録

※中学生から高校生、医療・福祉をめざす学生にもおすすめです。

目 次

〈プロローグ〉最後のクリスマスのために

対談1【遠藤周作●内藤いづみ】

ホスピスの理念と今後〈まず肉体的および精神的苦痛を除去する努力を〉/周作先生のこと

第1章 患者さんはひとりぼっち

病院で死を迎えること/真実を告げること〈告知への障害〉/キュア〈治療〉とケア〈看護〉のはざまで

第2章 最愛の人に支えられて

延命医療より余命の充実〈ユキさんの選択〉/家族に囲まれた最期〈ユキさんとの別れ〉/家族の支えで恐怖を克服〈十九歳のマイク君〉/悟る死の足音〈明るかった達夫君〉

第3章 イギリスが教えてくれたこと

スペシャリスト・ナースの誇り/無垢な心が患者さんを癒す〈赤ちゃんとホスピス・ドッグ〉/病気も人間の要素の一部〈人間性の重視〉/希望の光を与える積極治療〈ジョンさんの鍼治療〉/イギリス文化は夫婦で創造〈本当の豊かさとは〉

第4章 ホスピスへの道

開かれたホスピスをめざして〈山梨ホスピス研究会の発足〉/自立した患者さんたちと出会って

対談2【熊本シュバイツァー寺住職・古川泰龍●内藤いづみ】
「安らかな死」をふたたび

〈エピローグ〉ホスピス発祥の地・イギリス再訪

[内藤いづみが選んだ●生と死といのちの29冊]

原本のあとがき/「みみずく叢書」のためのあとがき

★著者プロフィール

内藤・顔 内藤いづみ

在宅ホスピス医/ふじ内科クリニック院長
>>ふじ内科クリニックホームページ
山梨県六郷町出身。福島県立医大卒業。東京女子医大内科等に勤務。1986年から英国プリンス・オブ・ウエールズ・ホスピスで研修を受ける。1995年、 ふじ内科クリニックを新設、院長となる。日本ホスピス・在宅ケア研究会山梨支部代表。1998年7月開催の「弟6回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大 会」で大会長をつとめる。

内藤いづみ対談集
あなたと話がしたくって

内藤いづみ/著
対談:永六輔・遠藤順子・鎌田實

ホスピス・最期の輝きのために

品切れ
内藤いづみ・鎌田實・高橋卓志/共著

『いのちに寄りそって』共著・米沢慧/小社
『患者が主役だ!』共著/法研
『笑顔でさよならを』KKベストセラーズ
『あなたを家で看取りたい』ビジネス社
『最高に幸せな生き方死の迎え方』講談社
『あなたが、いてくれる』佼成出版社

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る