霧ヶ峰下(諏訪市四賀)の山林を大規模に伐採する89メガワットのメガソーラーを計画しているLooop(ループ)。 『暮しの手帖』最新号(2-3月号)の特集「電力は選ぶ時代」では、新電力会社を選ぶならば候補はLooopと、読者に薦めている内容になっています。その記事に対する反論・異論を、何人もが『暮しの手帖』編集部宛てに送りました。まずは、その一通を紹介します。

s_p8264806a.JPG

(山梨県北杜市清里の10メガワットの太陽光発電所。霧ヶ峰下のLooopメガソーラー計画はこの9倍ほどの規模になるのです)

はじめまして、小諸市在住の陶工岡本一道です。長野の友人たちと『たぁくらたぁ」』という雑誌を出しています。私も編集委員として創刊当時からかかわっています。

私の母は、生きていれば95歳ですが、若いころから「暮しの手帖」の愛読者でした。そんなわけで、私も子供のころから、本を参考にものづくりを楽しんでいました。もしかしたら、今の仕事を生業にしたことにも影響があったのかも知れません。

チェルノブイリ原発事故以後、原発に代わるエネルギーとして、太陽光発電に注目し、99年から我が家の屋根に設置した2.8KWの太陽光発電により、以来、電気は120%自給をしてきました。

福島での原発事故の後、自然エネルギーへのシフトを望む人がますます増え、環境NGOなどを中心に「パワーシフト・キャンペーン」が行われています。

さて、本題です。

こうした流れの中、86号の記事、「電力は選ぶ時代」の中でLooop社が紹介されていましたが、この会社が今長野県で計画中の大規模メガソーラーは、CO2の吸収源である森林を大規模に伐採したところに設置をする計画で、自然エネルギーとはとても言い難い計画です。

私は、「暮しの手帖」の中でも商品テストが大好きでした。自らの手でテストを繰り返し、確信を得た製品のみを評価する姿勢は広告を載せない姿勢と相まって「暮しの手帖」の良心として読者の支持を広げました。
それだけに、絶大の信頼を誇る「暮しの手帖」が紙面でLooop社を紹介したことの影響は計り知れません。

私は、近々発行となる『たぁくらたぁ』41号でこの問題に触れました。一足早く最終稿をお送りしますので、事態把握の参考にしてください。41号発刊次第送らせていただきます。

そしてできれば現地の皆さんの案内で一度現地をご覧になって頂きたいと思います。これからも素敵な「暮しの手帖」でありますように。

(続く)

s_s_looop1-001as1.JPG

Looop製品販売・施工会社 が北杜市小淵沢町につくった50キロワット程度と思われる太陽光発電所。Looopのロゴは目立つ看板はあっても、発電所の出力の掲示はありませんでした(2016年8月撮影)。設置されているパネルがずれているように見えるのですが、これで大丈夫なのかと心配になります。

s_looop3-001b.JPG