長野県内でLooop(ループ)社が関わる大規模太陽光発電所の計画は、もう一つあります。上田市真田町のあずまや高原に計画されている敷地面積2.1ヘクタール、891キロワット(0.891メガワット)、ソーラーパネル3430枚の発電所で、予定地は上信越国立公園内にあたります。事業者は投資会社HJアセットマネジメント社(本社:東京)で、Looopが設置工事を請け負うことになっているのです。

s_pa315082.JPG

この計画地に道路を挟んで隣接しているのが、平塚らいてう記念施設である「らいてうの家」です。NPO法人平塚らいてうの会が2006年に建て、「平和・協同・自然のひろば」と名づけて運営しています。平塚らいてうの会会長でありこの家の館長でもある米田佐代子さんが、この計画に反対する記事を『たぁくらたぁ』41号に寄稿してくださり、「国立公園内の太陽光発電設備が自然環境や景観を破壊することへの異議と同時に、「人間と自然の一体化」を求めたらいてうの思いを受け継ごうという理念が壊されることに危機感がある」と述べておられます。

s_img405-2.jpg

米田さんはブログ「米田佐代子の「森のやまんば日記」」で、この計画について何度も書いておられます。ここにメガソーラーを建設すしたら環境にどんな影響を及ぼすのか、という論点よりもむしろ、暮しの在り方から太陽光発電を問うており、この問題を考えていくための想像力を広げてくれるはず。『たぁくらたぁ』の記事とともに、ぜひ読んでいただきたいのです。

拝啓 『暮しの手帖』様    『暮しの手帖』86号「電力は選ぶ時代」に異議あり!   (他にも関連記事がいくつもあります)

また、Looopの霧ヶ峰下の メガソーラー計画については、以下のブログに詳しく情報が載っているので、こちらもぜひご覧ください。

太陽光発電問題連絡会 

さて、3月25日に『暮しの手帖』最新号が発売になります。「電力は選ぶ時代」について、編集部宛てに私たちが送った意見について、どんなふうに答えてくれるのでしょうか。(続く)