再生可能エネルギー


『暮しの手帖』の最新号(10-11 月号)で「電力は選ぶ時代2」が特集されました。もっと早く紹介したかったのですが、『たぁくらたぁ』43号の編集に追われていてゆとりがありませんでした。

s_tumblr_owtjaijfml1w1ad7vo1_1280.jpg

本ブログでは5回にか渡って「拝啓 『暮しの手帖』さま 「電力は選ぶ時代」というけれど・・・」という記事を載せました。これは、『暮しの手帖』(2-3月号)で組まれた特集「電力は選ぶ時代」で、“ユニークな新電力会社”としてLooop(ループ)を紹介してあったからです。この会社は、霧ヶ峰下の森林を伐採して巨大メガソーラーを造る計画を進めています。そんな会社を推すように読める記事はおかしいから、予定地を視察して、計画を検証し、記事として取り上げ直してください、と要望したのです。同様の要望は、現地で計画に反対しているみなさんも『暮しの手帖』に投稿しました。

こうした要望に対して、『暮しの手帖』の澤田編集長はしっかり受け止めてくださり、編集者のみなさんととも現地を視察して、住民のみなさんの声をしっかり聞き、そして記事にまとめてくださったのが、最新号の特集なのです。

s_pa196431.JPG

(「電力は選ぶ時代2」から。上下とも)

s_pa196435.JPG

Looopの計画についてはきちんと書かれていますし、ぜひ読んでいただきたいと思います。


編集後記を読み、澤田さん宛てに返事を書きました。挨拶など少しカットして、以下に掲載します。

 澤田編集長さま

 編集後記の最後にお書きになっていた「どれも地球に負荷のかかる火力、水力、太陽光、風力、地熱……ベストはなくてもどんな発電方式を選ぶのか。原子力は是か非か? 子孫に何を残していくのか?」について同感です。しかし、この問題はとても難しく、悩ましくあります。考えるための情報が足りない・偏っていると思うのです。

またLooopの話になりますが、発電効率の高い自然環境のために、太陽光発電が乱立する北杜市では、これまで1400基(合計で約100メガワット)が造られています。霧ヶ峰下のLooopメガソーラーは1基で89メガワットですから、いかに巨大か分かります。

「脱原発」=「再生可能エネルギー」という等式に出来上がっていて、まるで「産めよ増やせよ」(地に満ちよ)ごとくの、パワーシフトへの大合唱です。そうではない情報が、考えるために必要なはずです。

地域の人が環境を守るために反対して、中央の環境団体は推進をしている、という構図は、これまで見たことがありません。エネルギー大量消費時代の、ねじれてしまった環境問題だと思います。花森さんの時代にはなかったはずです。

ですから、編集後記で、ご意見を寄せてくださるように呼び掛けるととも、読者のみなさんに、こういう時代の『暮しの手帖』らしい情報を、誌面を通して、ご提供してほしいのです。ぼくもそういう記事から学びたいと思います。

そのために、まずは現地からスタートしていただきたのです。澤田さんに歩いていただきたいな、と思います。ぼくが取材などで関わった場所だけでも、霧ヶ峰下、上田市真田町、佐久市望月町、北杜市などがあります。住民の方々の切実な訴えがあると同時に、歩いて気持ちのよい自然環境でもあります。

最後に、『たぁくらたぁ』編集委員の岡本一道が、貴社からの返事をいただいた後、小誌メンバーに送ってきたメール(2月22日付)をコピーしておきます。今後ともよろしくお願いいたします。

野池元基

*********

岡本です。

私のところにも、皆さんと同じ返事が昨日届きました。

39号に書いたことの繰り返しになりますが、花森安治は、戦時中、大政翼賛会実践局宣伝部に勤務して「欲しがりません勝つまでは」などの国策宣伝標語の製作に関わりました。戦後「暮しの手帖」を発行し続けたエネルギーは、一生を懸けてこの埋め合わせをしたいとの思いからだったと私は理解しています。

昨日まで戦争賛美をしていたほとんどの知識人が、終戦と同時に、まるで無かったことのように手のひらを返して居直り続けた事を思えば、花森の生きざまに私は共感を覚えます。

影響力のある立場にあるものは、発する言葉に慎重であり、責任を持たなければなりません。

今回の『暮しの手帖』でのLooop推しの記事をみて、契約変更をした良心的な消費者は事の真相を知ったらきっと後悔するでしょう。

今回の問題の本質は、花森が標語によって、多くの人々に与えた影響と同じ構図と言えるのではないでしょうか?
現行の『暮しの手帖』が花森イズムを踏襲しているのかどうかが問われる試金石だと思います。

(以上)

この返事に関わって一つの図を掲載しておきます。地方にばかり押し寄せる太陽光発電の現状が分かるはずです。

s_fit2.jpg

この図の説明をします。FIT(固定価格買取制度 2012年7月1日開始) より前に発電していた設備の容量合計が、棒グラフの青色。FITがスタートし、その認定を受けたのが緑色、その中でに発電しているのが茶色です。(「固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト」参照)

「再エネ推進」の中心地は東京です。「エネルギーの地産地消」などいう旗も東京で振られます。だったら、 「どうぞ、都心にメガソーラーを」と推したくもなります。ちなみに、Looopの霧ヶ峰下メガソーラーの敷地面積188ヘクタールは、皇居と明治神宮を合わせた面積です。同じくLooopがかかわる、上田市あずまや高原「らいてうの家」の隣の計画地の面積は、日比谷公園の1.3倍です。


 『暮しの手帖』87が、3月25日に発売になりました。澤田康彦編集長が編集後記の半分を割いて、前号の「電力は選ぶ時代」に対して送ったぼくらの意見に触れて書いておられます。これをお返事と思って、編集後記の後半の関係する部分を、ここでご紹介させていただきます。

s_s_img408-1.jpgs_s_1204327188_main_l.JPG

前号の「電力は選ぶ時代」の記事には少なからぬ反響がありました。読者から、電力供給や料金の仕組みがわかり、現状を見直すきっかけになったといったお葉書もいただきました。

一方で「自然エネルギーならよいのか?」というもうひとつの大切な議論、ご教示も頂戴しました。骨子は、太陽光パネル=大規模メガソーラー設置により、いかに広大な面積の自然が損なわれ始めているか、というものです。

長野県で発行されている雑誌『たぁくらたぁ』の野池元基編集長から届いた丁寧なお便りの一部をご紹介します。

「長野県では、1ヘクタール以上の森林を開発する時には、県の林地開発許可が必要になります。この制度は、高度経済成長時代に、ゴルフ場やレジャー施設による環境破壊が起きて、その対策としてできたものです。現在は、この制度による申請のほとんどが太陽光発電です。そしてかつてのゴルフ場造成ラッシュなどと同じことが、太陽光発電で起きています。(中略)こういう現実を問うことなしに、中央からの“再エネ推し”の情報が地方に流れてきます。それで地方が翻弄されます」

例えば「原発がイヤ」だからといってすぐ、「では再エネに」と簡単にはいかない、という重要で喫緊の課題がここにある。都会の繁栄のために「地方が翻弄」される。考えさせられます。

小誌記事はもちろん特定の企業を推すものではなく、「一年に一度は、この電力会社でよかったのかどうかを、自分の電気の使い方も顧みて、見直し、より考えの近い会社を選んでいきましょう」(本文)というのがテーマです。

人類の文明の血液ともいうべき電気。「原発をやめて電気のない江戸時代に戻るのか」なんて極端な発言をするテレビキャスターがいましたが、それはともかく、どれも地球に負荷のかかる火力、水力、太陽光、風力、地熱……ベストはなくてもどんな発電方式を選ぶのか。原子力は是か非か? 子孫に何を残していくのか? ぜひみなさんも考えをお寄せください。(澤田康彦)

これを読み、澤田さん宛てに返事を書きました。 それについては稿を改めて記します。(続く)


長野県内でLooop(ループ)社が関わる大規模太陽光発電所の計画は、もう一つあります。上田市真田町のあずまや高原に計画されている敷地面積2.1ヘクタール、891キロワット(0.891メガワット)、ソーラーパネル3430枚の発電所で、予定地は上信越国立公園内にあたります。事業者は投資会社HJアセットマネジメント社(本社:東京)で、Looopが設置工事を請け負うことになっているのです。

s_pa315082.JPG

この計画地に道路を挟んで隣接しているのが、平塚らいてう記念施設である「らいてうの家」です。NPO法人平塚らいてうの会が2006年に建て、「平和・協同・自然のひろば」と名づけて運営しています。平塚らいてうの会会長でありこの家の館長でもある米田佐代子さんが、この計画に反対する記事を『たぁくらたぁ』41号に寄稿してくださり、「国立公園内の太陽光発電設備が自然環境や景観を破壊することへの異議と同時に、「人間と自然の一体化」を求めたらいてうの思いを受け継ごうという理念が壊されることに危機感がある」と述べておられます。

s_img405-2.jpg

米田さんはブログ「米田佐代子の「森のやまんば日記」」で、この計画について何度も書いておられます。ここにメガソーラーを建設すしたら環境にどんな影響を及ぼすのか、という論点よりもむしろ、暮しの在り方から太陽光発電を問うており、この問題を考えていくための想像力を広げてくれるはず。『たぁくらたぁ』の記事とともに、ぜひ読んでいただきたいのです。

拝啓 『暮しの手帖』様    『暮しの手帖』86号「電力は選ぶ時代」に異議あり!   (他にも関連記事がいくつもあります)

また、Looopの霧ヶ峰下の メガソーラー計画については、以下のブログに詳しく情報が載っているので、こちらもぜひご覧ください。

太陽光発電問題連絡会 

さて、3月25日に『暮しの手帖』最新号が発売になります。「電力は選ぶ時代」について、編集部宛てに私たちが送った意見について、どんなふうに答えてくれるのでしょうか。(続く)


Looop社の89メガワットのメガソーラー計画がもし建設されれば、もっとも影響が及ぶ地域である茅野市米沢区。そこにお住まいの塩沢幸子さんが『暮しの手帖』に送ったご意見を記します。

「暮らしの手帳」86(2-3月号)を読ませて頂きました。「電力は選ぶ時代」―ユニークな新電力会社の紹介― に関して意見を述べさせていただきます。主に、第一番目に紹介されている(株)Looopに関してです。

長野県諏訪市、国定公園霧ヶ峰の直下僅か500m地点に開発計画地面積188ha(約1㎞×2㎞)、89メガワット、パネル数31万枚というメガソーラーを(株)Looopは計画しました。里山より標高の高い森林地帯(1300~1500m)でありながら大規模伐採を伴い、工事から出る土を河川に盛り土にし、ダム規模ではありながら、高さ15mに達していないことや20年後に撤去可能ということで「簡易的堰堤」を作り、調整池は4か所作るという計画です。

s2.JPG

(盛り土が予定されている横河川上流 撮影・小林桂子さん)

諏訪湖のある諏訪市側の計画ではありますが、地形から災害の危険性は、私の住む茅野市側の下流域に及びます。霧ヶ峰一帯を涵養域にする水道水源(茅野市・諏訪市)にも影響を及ぼす地域です。また、上部の国定公園に続く自然環境にあり、5つの湿地があり、県レッドリストに指定されているミズゴケ群もあります。国の天然記念物ヤマネも確認されています。

s1.JPG

(計画内の高層湿原。周囲の木々は伐採される 撮影・小林桂子さん)

現在、全国で最初の大規模太陽光発電の長野県環境影響評価(アセス)の対象になり、現在アセス準備書に向けた調査段階です。

地元住民としては、土石流災害、水源への影響、自然環境等様々な問題を含んでいる計画に対し、地区として反対の要望書を提出(県・茅野市)しました。霧ヶ峰南面に位置する我が北大塩地区は、一旦霧ヶ峰に激しい降雨があれば、数時間のうちに流れ下る4本の川が一気に増水する危険な位置にあります。昭和58年の台風では4本の川が全部氾濫し、地区中が水浸しになる大被害を出しました。計画地の山肌を裸にし、大規模な調整池を作り、更に川の中に工事で発生する土を10トントラック5万台分盛るという、考えられない危険な計画がもし実施されたら、特に計画地から流れ下る横河川筋に暮らす人達は今後、雨が降る度に不安を抱えることになります。

s4.jpg

(昭和58年の横河川の氾濫。北大塩地区 写真提供・塩沢幸子さん)

更に危惧されるのは、固定価格買取制度(FIT)終了後の見通しが立っていないことです。そのまま発電を続けるのか、誰が続けるのか、撤去する場合の具体的な計画もありません。企業が途中で倒産した場合の見通しも分かりません。20年後の残された堰堤を含む施設の管理がなされなくなった場合の危険度は更に大きくなり、31万枚のパネルと100個のコンデンサーが取り残される危険もあります。土地はLooopが取得するので、その後誰の手に渡るかもわかりません。諏訪地方の水源涵養の重要な地域の将来は見通せなくなります。

アセス業者見解(アセス技術委員会)や説明会での返答では、法律や条例を数値的にクリアしていることで押し通そうとしています。説明会での地元の不安は一つとして立証・解消されていません。

記録に、「我々は専門ではなく不慣れなのでアセス業者なら何とか方法がある」という文章がありました。アセス業者は科学者ではなく、利益を得て業者の言い分を通す立場となっています。事業計画を進める中で、この地域の特質や注意点が次第に見えてくるはずですが(株)Looopもアセス業者も無理を通してでもやり遂げたいようです。地元意見、市町村長意見、知事意見、技術委員会の指導をどう理解しているのか、ほとんど当初の計画内容のままです。営利を目的とする企業の権利はあっても、社会的に受け入れられない計画だと私は思っています。

* * *

CO2削減や原発の問題は理解しているつもりですが、だからと言って太陽光発電にもろ手を挙げて賛成はできません。長野県ではアセスに至った計画はすでに3件。いずれも都会の業者が関わっています。地元はそうした企業にモノをいう事は簡単ではありません。やがて、地元の考えや立場の違う人の間に溝を作ります。行政は違法がない限り中止させることができません。報道は、再生可能エネルギーの良いことは伝えますが、それらの問題を大きく取り上げることはありません。そして一部の利益のために、地元の自然環境、生活環境、伝統、将来が壊されていきます。

小規模においても近隣・地域に過剰な負担をかけている例があります。地方の限界集落に田舎暮らしを夢見て移り住み子供を育て始めた時期に、耕作放棄地に次々とパネルが立てられ、家の周囲・お墓の周りまでが囲われ、結局引っ越しせざるを得なくなった若夫婦もいます。

太陽光発電はメガも小規模も地方の自然環境、生活環境を脅かす例が大きな問題になってきています。地方の現状を知らないまま、都会では再生可能エネルギーの太陽光発電を簡単に勧められ、疑問を持たれないことに、今イチオシの業者(株)Looopと対峙している私は非常に抵抗を感じます。

昨年のNHKで放映された朝の番組で知った『暮しの手帳』の趣旨とは大きくかけ離れているように思われます。経費節約のため、粗雑な製品を販売した洗濯機メーカーにお灸をすえた、番組のような展開にはならないのでしょうか…?

なお、塩沢さんは『たぁくらたぁ』39号に「巨大メガソーラーの見通せない危険」を寄稿してくださっています。 (続く)


霧ヶ峰下(諏訪市四賀)の山林を大規模に伐採する89メガワットのメガソーラーを計画しているLooop(ループ)。 『暮しの手帖』最新号(2-3月号)の特集「電力は選ぶ時代」では、新電力会社を選ぶならば候補はLooopと、読者に薦めている内容になっています。その記事に対する反論・異論を、何人もが『暮しの手帖』編集部宛てに送りました。まずは、その一通を紹介します。

s_p8264806a.JPG

(山梨県北杜市清里の10メガワットの太陽光発電所。霧ヶ峰下のLooopメガソーラー計画はこの9倍ほどの規模になるのです)

はじめまして、小諸市在住の陶工岡本一道です。長野の友人たちと『たぁくらたぁ」』という雑誌を出しています。私も編集委員として創刊当時からかかわっています。

私の母は、生きていれば95歳ですが、若いころから「暮しの手帖」の愛読者でした。そんなわけで、私も子供のころから、本を参考にものづくりを楽しんでいました。もしかしたら、今の仕事を生業にしたことにも影響があったのかも知れません。

チェルノブイリ原発事故以後、原発に代わるエネルギーとして、太陽光発電に注目し、99年から我が家の屋根に設置した2.8KWの太陽光発電により、以来、電気は120%自給をしてきました。

福島での原発事故の後、自然エネルギーへのシフトを望む人がますます増え、環境NGOなどを中心に「パワーシフト・キャンペーン」が行われています。

さて、本題です。

こうした流れの中、86号の記事、「電力は選ぶ時代」の中でLooop社が紹介されていましたが、この会社が今長野県で計画中の大規模メガソーラーは、CO2の吸収源である森林を大規模に伐採したところに設置をする計画で、自然エネルギーとはとても言い難い計画です。

私は、「暮しの手帖」の中でも商品テストが大好きでした。自らの手でテストを繰り返し、確信を得た製品のみを評価する姿勢は広告を載せない姿勢と相まって「暮しの手帖」の良心として読者の支持を広げました。
それだけに、絶大の信頼を誇る「暮しの手帖」が紙面でLooop社を紹介したことの影響は計り知れません。

私は、近々発行となる『たぁくらたぁ』41号でこの問題に触れました。一足早く最終稿をお送りしますので、事態把握の参考にしてください。41号発刊次第送らせていただきます。

そしてできれば現地の皆さんの案内で一度現地をご覧になって頂きたいと思います。これからも素敵な「暮しの手帖」でありますように。

(続く)

s_s_looop1-001as1.JPG

Looop製品販売・施工会社 が北杜市小淵沢町につくった50キロワット程度と思われる太陽光発電所。Looopのロゴは目立つ看板はあっても、発電所の出力の掲示はありませんでした(2016年8月撮影)。設置されているパネルがずれているように見えるのですが、これで大丈夫なのかと心配になります。

s_looop3-001b.JPG


『暮しの手帖』の最新号(2-3月号)で「電力は選ぶ時代」という特集が組まれています。それは、こんな説明書きから始まっています。

「昨年4月、「電力自由化」が始まり、今までとは別の電力会社から電気が買えるようになりました。
しかし、大多数の家庭では、よくわからないからとそのままになっています。
実は、電力を選ぶことは、これからの暮らしを選ぶことに繁がっているのです。
よくある疑問から一緒に考えてみませんか。」

確かに。考えることは大事。でも、ミスリードがあっては困ります。

特集は、Q&A形式での解説が続き、最後に“ユニークな新電力会社”として、「自社の発電所を持ち、再生可能エネルギーを中心に販売するなど、消費者との繋がりに特長のある4社を紹介します。」とあって、そのトップで紹介されているのがLooop(ループ)です。

この Looopは、『たぁくらたぁ』でもいくつかの記事で取り上げています。ただし、「お勧め」ではなく、環境破壊を招く巨大メガソーラーの建設を計画している会社としてです。メガソーラーとは、出力1000キロワット(1メガワット)以上の太陽光発電所のことをいいます。一般家庭の屋根に載っている太陽光発電は3~4キロワットです。

小誌が取り上げたのは、霧ヶ峰下(諏訪市四賀)の山林を伐採して造るLooopのメガーソーラー計画で、出力は89メガワット、敷地面積は諏訪湖の7分の1、設置されるソーラーパネルは31万枚というもの。パネルを一列に並べれば新幹線のレール幅ぐらいで300kmにも達します。

s_ms_hanwha_012.jpg

( 大分県杵築市のメガソーラー 出所:ハンファQセルズジャパン)

これは「日経テクノロジーonline」というWEBサイトにある「林地を切り開き10万枚のパネルを並べた杵築市のメガソーラー」という記事に載っていた写真で、このメガソーラーの出力は約24.5メガワットです。

Looopが計画している 霧ヶ峰下のメガソーラーの規模は、この3倍あまりです。

Looopのメガソーラー計画地の直下で、下流域にあたる地元4地区は、豪雨時の災害の恐れなどから、計画の白紙撤回を求めています。しかし、Looopは受け入れません。

そのような会社を、『暮しの手帖』が紹介しているのです。しかし、それはこの事実を知らなかったからゆえのはず。だから、この計画の反対している地元当事者や、計画地を訪れて記事にした小誌のメンバーは投書したのです。拝啓 『暮しの手帖』編集部さま、と・・・。(続く)


 週刊金曜日(2016年10月28日号)に「太陽光発電バブルで日本の里山が変わる」というタイトルで長野県内のメガソーラー計画などについて書いた。取り上げたのは、霧ヶ峰下(諏訪市四賀)と富士見町境のメガソーラー計画と、山梨県北杜市で乱立している野立ての太陽光発電の現状だ。業者は「地球環境のために」などと建設目的を美化しているが、建設される地域の住民にとっては身近な自然環境を壊されることになる。その結果、自然災害を誘発する危険性も大きくなる。住民は暮らしが脅かされるのだ。

pb115166.JPG

再エネの普及率が上がっていくことに光を当てて評価する環境団体やマスコミが多いようだが、数字の伸びの陰で、再エネ施設が建設されている(されようとしている)現場で、何が起こっているのか、住民がどんな思いをしているのか、そこには目が届いていないように思える。だから、その実情を伝えるために、 『たぁくらたぁ』では38号(2016年春号)で特集「再生可能エネルギーならよいのか」を組んで、それ以降40号まで、再エネに対しての疑問を投げかけている。

p8264804.JPG

この写真は北杜市清里のメガソーラー、出力は10メガワット。 霧ヶ峰下の計画は89メガワットだからこの8.9倍の規模、富士見町境の計画が24メガワットで約2.4倍になる。どちらの予定地も森林である。いかに大規模な自然改変がなされることになるのか、想像していただきたい。

霧ヶ峰下にメガソーラーを建設しようとしているのは東京に本社があるLooop社。電力自由化にともなって再生可能エネルギー電気普及のために環境団体がつくる「パワーシフト・キャンペーン」が推奨する電力会社の一つである。

野立ての太陽光発電の乱立を招いたのは、固定価格買取制度(FIT)である。FITの認定を受ければ、20年間にわたって高額で固定された値段で電気を買い取ってもらえるので、「これでひと儲け」と考えただろう業者などが再エネ商売に飛びついたのだ。

動機が純粋であれ不純であれ、発電されるのは再エネ電気には変わりない。 「再エネ電気を増やしていく」ということだけが目的化されれば、再エネの普及は「脱原発」に貢献するという理屈も成り立つ。しかし、それでいいのだろうか。

我が家の屋根にも17年前から太陽光発電は載っている。あの頃は「小規模・分散」という考え方がまず基本にあった。『たぁくらたぁ』でも、創刊当時から再エネを普及していく立場で記事をつくってきた。しかし、再エネ推進が国策になって以降、様相はまったく違ってきた。国策なんて、疑うためにあるようなものだ。実際、現実をみれば、原発再稼働と再エネの普及は、まるで車の両輪のようにして国のエネルギー政策を前進させている。

『たぁくらたぁ』40号で「福島に470基の巨大風車計画」を寄稿してくださった和田央子さんは、「パワーシフト」ではなく「パワーダウン」が求められているのではないか、と書いているが、その通りだと思う。必要以上の便利さをそのままにした電力依存型の社会を問わないままに、再エネへの転換ばかりに囚われていたら、3・11以前の社会の形は変わっていくはずがない。


 次号の『たぁくらたぁ』でメガソーラーの問題を取り上げる。3・11後、「脱原発=自然エネルギーの普及」と いう流れが当たり前のように受け入れているが、果たしてそうなのか? という疑問を投げかけたいと考えて特集を組むことにした。そこで取り上げる予定の長野県佐久市旧望月町の長者原地区に持ち上がっているメガソーラー計画について、何度か取材した。ちょうど長野市民新聞のコラム(11月24日)の順番が回ってきたので、そこにまずは書いてみたので、ここに載せる。『たぁくらたぁ』ではもっと詳しく報告する予定で、現地の方にも書いていただく。まずはご笑覧を。

pa192940-001.JPG
(計画予定地の林。手前に立っているのは由井啓盟さん―本文中はYさん)

佐久市旧望月町の山間を分け入った奥の標高千メートルほどのところに長者原地区がある。「王道楽土」建設の夢破れ、死線を越えて引き揚げてきた満蒙開拓者や戦災者等が戦後すぐに入植し、開墾した農村である。

1カ月ほど前、この地で有機農業をずっと続けてきたYさんを訪ねた。Yさんは満州で生まれ、3歳の時に家族でこの地に入った。一帯はカラマツ林だった。入植した人たちは小屋がけをし、カラマツを伐採して跡地を唐鍬で起こし農地を拓いたが、米はつくれず、雑穀さえ収穫のあがらない土地だった。

地区の人たちが自らの手記をまとめた『明日を拓く―長者原35年の歩み』(1983年刊)で、Yさんのお父さんは「引揚者などと馬鹿にされ、歯をくいしばり、冬を耐えて新春を待つ草木の様な思いで風雪に耐えた時代であった」と、半生を振り返っている。

Yさんは一度都会に出たが、22歳で帰郷して農業を継いだ。その後、1年ほぼ無収入になりながらも有機農業に切り替え、研修生の受け入れも始め、その中にはここに移住した人もいる。長者原は子育て世代の就農者も増え、野菜の産地としての評価も高まった。Yさんは70歳で区切りをつけ、息子さん夫婦に農場を引き継いだ。そこに突然もたらされたのが、大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)の建設計画だった。

予定地は、野菜畑に挟まれて残された小高い丘の雑木林。そこを5ヘクタール余も伐採し、腐葉土も剥ぎ、太陽光発電のパネルを並べる。そうなれば自然を失うばかりでなく、保水力の低下による水害等によって引き起こる農業被害や環境悪化も避けられないだろう。

Yさんは言葉の少ない人だが、建設は許さないという断固たる意志が伝わってくる。一鍬一鍬、一歩一歩が重ねられて今がある長者原の歴史と、新しい担い手たちの未来を否定する計画なのだ。Yさんや若い世代が「生活と環境を守る会」を立ち上げて11月半ば、阿部長野県知事にメガソーラー建設を認めないように求める要望書を提出した。

もはや脱原発と自然エネルギーはイコールでは結びつかない。脱原発とは、環境を守り、命と暮らしを未来に継ぐこと。片やメガソーラーは理念なき投機対象であり、環境破壊を招く。今や、自然エネルギーならばよい、とはいえないのだ。