お知らせです。表記の講演会を4月1日(日)に長野市の ふれあい福祉センターにて行います。ぜひご参加ください。

1841.jpg

当日は、今野さんの講演を1時間、後半の1時間は渡辺一枝さんに加わっていただき、会場からの質問を受けながらトークを進めていきます。 会場とのやり取りにたっぷり時間をとってあるので、普段から気になっていることやお知りになりたいことなどを、この機会に今野さんと渡辺さんにぜひご質問ください。

今野さんのプロフィールを補足しておきます。

1982年、放射線作業従事者となり原子力関連(東電福島第一・第二・東北電女川・原電東海第一・第二、JAEAもんじゅ、他)や、火力関係(東電広野、鹿島、他)などで電気計装設備及び機器に関する建設工事、メンテナンスなどに従事して来た。2011年3月女川に出張中に被災し、現地で復旧支援活動に当たった後、家族や浪江の人たちと共に福島市の飯坂温泉の公営住宅に避難。「子ども脱被ばく裁判(子ども人権裁判)(親子裁判)」原告。「脱被ばく実現ネット」で活動。「福島原発告訴団」「南相馬20mSv撤回訴訟」「津島訴訟」「生業裁判」などの支援者として活動。 

また、講演会終了後に交流会(懇親会ではなく)を予定しています。参加費は実費(たぶん1000円くらい)です。 当日の申し込みで結構です。開始時間は16時から、場所は会場のすぐ近くで、『たぁくらたぁ』発行元のオフィスエムのビルの4階です。