HOME » 一枝通信»2018年5月31日号「集会へのお誘い」

2018年5月31日号「集会へのお誘い」

 15年前、イラクに大量破壊兵器があるとしてアメリカが軍事介入し、イギリス、オーストラリアなど有志連合が加わりイラク戦争となりました。
日本では小泉政権が自衛隊をイラクへ派兵することを決め、2003年12月先遣隊出発、2004年に本隊第一陣が派兵されました。
この動きに居ても立ってもいられずに、横井久美子さん、和田隆子さん、神田香織さんと一緒に、「戦争への道は歩かない!声をあげよう女の会」を立ち上げました。
当時、小泉首相は「自衛隊のいるところが非戦闘地域だ」などと言い立てましたが、今頃になって開示された自衛隊日報で、まさしく戦闘地域に自衛隊は派兵されていたことが明らかになっています。
 いま、安倍政権のもとで私たちの日常は安寧な暮らしとは程遠く、戦争への道を歩むような不安な思いで過ごす毎日です。
「戦争への道は歩かない!」思いを高く掲げて19回目の集会を開きます。
皆様のご参加をお待ちしています。                    

いちえ

第19回 いま、語り 描き 写し 歌い 舞うとき
日 時:6月24日(日)
場 所:江東区公会堂ティアラこうとう大会議室
入場料:1部:1000円、2部:1000円、1部+2部:1500円

*第1部 表現者はリレーする 14:00〜16:00(開場13:30)
朴慶南(作家)李政美(シンガーソングライター)杉原浩司(NAJAT)まさのあつこ(ジャーナリスト)佐藤道代(ダンサー)西尾綾子(伊達判決を生かす会)湯川れい子(音楽評論家)
*第2部 映画とトークの夕べ 17:00〜(開場16:30)
映画『Life 生きてゆく』2017年、115分
トーク 笠井千晶監督

お問い合わせ:090−9964−2616(和田)
主 催:戦争への道は歩かない!声をあげよう女の会

omote vol


2018年5月24日号「2日後のご予定に」

何度ものお知らせで、済みません。
「トークの会 福島の声を聞こう!vol.27」は、2日後に迫りました。
同日に催しが重なっているせいでしょうか、参加のお申し込みが伸び悩んでいます。
ご参加いただけたら、とても嬉しいです。
今回のゲストスピーカーは、浪江町から福島市に避難した三瓶春江さんです。
浪江町も避難指示解除になりましたが、三瓶さんの自宅は指示解除されない帰還困難区域の津島です。
脱・反原発を掲げての講演会では、研究者や著名人のお話をお聞きすることができます。
すると私たちは、放射能の危険性を頭で理解できます。
一方で原発事故被災当事者から聞くお話から私たちは、放射能の危険性を自分の足元からお腹に響かせて「わたくし事」として感じられます。
三瓶さんのお話を、ぜひ多くの方にお聞きいただきたいと思います。
2日後のご予定に組んでいただけたらと、願っています。            

いちえ

watanabeichie-l27


2018年5月20日号「お知らせ」

◎トークの会「福島の声を聞こう!vol.27」
いよいよ今週の土曜日です。
皆様のご参加をお待ちしています。
ゲストスピーカーは、浪江町から福島市に避難した三瓶春江さんです。
   日 時:5月26日(土)
   場 所:セッションハウス・ギャラリー(新宿区矢来町158 2F)
   参加費:1,500円(被災地への寄付といたします) 

三瓶さんプロフィール
 被災前は浪江町津島地区の自宅で、家族10人で暮らしていました。
2011年3月14日の福島原発3号機爆発をテレビで知り、15日午前0時頃、家族10人で東京の親戚を頼り避難。
長期的な避難になると判断し福島に戻るが、6ヶ所に分かれての借り上げ住宅入居となり、家族は離散しました。
2016年に福島市内に中古住宅を入手、改装して以前のように家族が一緒に暮らせるようになりました。

 春江さんは言います。
「故郷を喪失したのではないのです。
故郷はそこにあるのに、そこには住めないのです!」
そしてその思いを、「ふるさとをかえせ・津島原発訴訟」の原告となって闘っています。
トークの会の前日も、この津島訴訟の13回目の口頭弁論があり、春江さんはその裁判に出て翌日のトークの会ご出演です。
春江さんの言葉を、思いを、ぜひ皆様にお聞きいただきたいと願います。

 私は明日から、また南相馬へ行ってきます。
後日また「一枝通信」でご報告いたします。               

いちえ

watanabeichie-l27


2018年5月15日号「裁判傍聴5月8・9日福島原発刑事訴訟②」

◎9日の第11回目の審理では、地震学の第一人者で原子力規制委員会の元委員、島崎邦彦氏が証言しました
島崎氏は地震調査研究推進本部(推本)の部会長を務め、地震の発生率などを推計して「長期評価」として取りまとめていました。
 2002年の「長期評価」は福島県沖を含む三陸沖から房総沖にかけての領域で、30年以内に20%の確率でマグニチュード8クラスの巨大地震が発生する事を予測する内容でした。 

●検察官役の久保内浩嗣弁護士の質問に対して島崎氏が答えた内容
 地震調査研究推進本部で長期評価をまとめるには、地震の観測地震波の解析、古文書から歴史地震を読み解くこと、地質学、津波など様々な研究分野の研究者が議論してまとめたが、研究者たちは自分の専門分野は詳しくても他の分野については判らない事が多い。
また独自性を尊ぶ研究者は、本来みな考え方が違う。
だから知らない事でも恥ずかしがらずに耳を傾け、互いにオープンに話し合う雰囲気を大事にして議論した。
そしてその意見を最大公約数的に取りまとめて、最も起きやすそうな地震を評価した。部会の専門家の間で、長期評価の信頼性を否定するような議論はなかった。
 大地震は基本的にほぼ同じ場所で同じような地震が繰り返し起こるもので、三陸沖から房総沖までの日本海溝の太平洋プレートが陸側のプレートの下に潜り込む構造である事から、この領域ではどこでも同じような地震が発生する環境にある。
 長期間地震が起きていないという事も重要な情報だ。
400年の間福島県沖では津波が起きていないが、地震が起きていないという事は、全く起きないか、繰り返す間隔が長いかのどちらかだが、福島県沖だけが都合よく「全く起きない」という事はない。
 東日本大震災では大津波を発生させた地震の一部は福島沖でも発生していた。
地震が起きるべきところで400年間起きていないのは次に起きるという事で、地震が起きていないというのも重要な情報だ。
まだ起きていないところに断層があると仮定して被害を想定し、防災対策をとるべきだった。
 推本の部会のメンバーは地震に詳しい専門家ばかりで、自分自身も「長期評価」の考え方は正しいと思っていた。
2002年7月31日に「長期評価」を公表する6日前に、内閣府の担当者からメールが届き、「長期評価は非常に問題が大きいので公表すべきではない。もし公表するなら信頼度の低い部分もある事を記載すべき」と圧力がかかった。
内閣府が求める説明を加えるなら公表しないほうが良いと考え、最後まで反対した。
 内閣府に設置された中央防災会議の対応にも疑問がある。
島崎氏も中央防災会議の専門委員として「長期評価」を生かして対策を進めるよう主張したが、その意見は受け入れられなかった。
意見が受け入れられなかった事について、これは想像だが、その理由は、中央防災会議の中には原子力設置の審査に関わっていた人もいて、10mを超える津波が来る可能性を指摘した「長期評価」は取り入れない事にしたのではないかと想像している。
 「長期評価」公表の9年後に東日本大震災が起き、東北や関東沿岸部に10mを超える津波が押し寄せ、福島原発では3基の原子炉でメルトダウンが起きた。
長期評価に基づいて対策を採っていれば、何人もの命は救われ原発事故も起きなかった。
 震災の2日前、2011年3月9日に公表される予定だった新たな「長期評価」について公表の延期を自分が了承しなければ、多くの人の命が失われる事はなかったと自分を責めた。
新たな「長期評価」は平安時代に東北地方を襲った「貞観津波」などの研究をもとに、東北地方では内陸まで津波が押し寄せる可能性がある事を指摘する内容だった。
公表が延期されたのは、事前に電力会社などに説明する必要があるという理由だった。
公表を延期した事で、何人の命が救われなかったのかと自分を責めた。
私に責任の一端があると思った。

◎院内集会
 この日も昼休みを挟んで10時から5時まで開廷されましたが、私が傍聴したのは午前中だけで、午後は参議院議員会館での院内集会に参加しました。
院内集会では支援者の立場から私が30分ほどお話しし、その後「原子力市民委員会」「FoE Japan」の満田夏花さんの講演「ばら撒かれる放射性物質と不可視化される被害」がありました。

●講演「ばらまかれる放射性物質と不可視化される被害」:満田夏花さん
 空間線量は下がっていても土壌汚染は事故直後と現在ではほとんど変わらず、逆により数値が高くなっている場所もある事を「みんなのデータサイト土壌プロジェクト」の地図で示しました。
放射線管理区域・保全区域・周辺管理区域の別を示し、周辺管理区域は一般の人の立ち入りが制限される区域です。
一般の公衆の被ばく線量は年間1mSvを超えないように、法律で定めています。
でも福島では、それよりもずっと線量が高い地域が避難解除になって帰還が進められています。
 避難者数について、福島県総合計画では「2020年までに避難者ゼロ」を目標に掲げて、避難者数を把握し発表していますが、その数字は実態を表していず、自主避難者が含まれていないなど、避難者数や避難の実態の全体像が見えていません。
また、避難者への住宅提供打ち切り後の生活は経済的な不安が大きくなっている事や、連絡や相談をする相手がいないなど「つながり」の貧困も生じています。
これらは「避難の協同センター」など民間の支援団体だけでは対応できず、本来は国が支援を継続すべきことです。
 健康への被害も大きく、公的な調査は福島県内の18歳以下の子どもたちを対象にした甲状腺がんの検査のみで、県外については行われていず、甲状腺がん以外の病気について、体系的に把握されていません。
県民健康調査では甲状腺がんの子どもの数は197名とされていますが、診断されていても数字に含まれない子どもたちもいます。
この数字について「わが国の地域がん登録で把握されている甲状腺がんの統計などから推定される有病数に比べて数十倍のオーダーで多い」とする中間取りまとめを発表しましたが、その一方でスクリーニング効果だとか、過剰診断によるなどと言い「放射線の影響が考えにくい」としています。
 こうした中で2016年7月に民間の基金として「3・11甲状腺がん子ども基金」が立ち上げられ、甲状腺がんと診断された子どもたちへの療養費を給付しています。
「原子力市民委員会」は、健康調査の拡充及び新たな立法が必要である、正確な患者数の把握及び公表が必要である、学校での甲状腺検査を継続すべきである、甲状腺がんの症例の検討が必要であるとの意見書を出しています。
 大量の除染廃棄物は2,200万m3にも上がり、これらの処理のために「放射性物質汚染対処特措法」を定め、1Kg当たり8,000ベクレルを超え占有者の申請に基づき環境大臣が指定したものは指定廃棄物とし、それ以下のものは国の責任のもとで適切な方法で処理するとしています。
これは8,000ベクレル以下の汚染物質を放射性物質として扱わなくて良いという基準で、それらは焼却処理や埋め立て処理をしても構わないとされ、とんでもない事です
が、さらに公共事業で再利用できる方針を決定しています。
焼却で放射性物質を含む粉塵が空気中に放出したり、除染土を路床など盛土材に利用するなど、汚染物質の拡散を法的に可としているのです。
全体のまとめ
⒈「復興」のかげで、個々の被害者の救済が進んでいない。
→「復興」とは何か?被害者参加のもとで政策の見直しが必要。
⒉「復興」圧力のもとで、被ばく影響について議論できない状況。
→公的な議論をする空間を
⒊進む「見えない」化。
→現状把握が急務
⒋東電は責任を取っていない。国も責任を取っていない。
⒌「想定外」の放射性物質の拡散←「規制」のための法律を
●支援者として:渡辺一枝
 2011年夏から毎月福島に通っています。
3月11日の津波とそれに続いて原発事故のニュースをテレビで見て、居ても立っても居られない思いにかられ、福島へ行きたい、現地へ行きたいと思いました。
行って何ができるかなどは思いもよらず、ただ「知りたい」という思いからでした。
 7月に友人たちと花巻でチベット関係のイベントを主催し、花巻に行くのだからイベント終了後に被災地でボランティアをしようと友人にも呼びかけて、岩手の津波被災地へ行きました。
一面の瓦礫の原が目に入った途端に私は、「ここに私の“くに”が在った。これが私の“くに”だった」と思いました。
なぜか判りませんが、そう思ってしまったのです。
そして、そこで瓦礫を片付ける作業をしました。
やってみて「私でもできるじゃない。それなら福島でも何かできることがあるかもしれない」と思いました。
 岩手から帰ってその月の末に、長野で「女たちの3・11」というシンポジウムが開かれ、映画監督の纐纈あやさん、同じく映画監督の坂田雅子さん、そして私の3人が発言者でした。
シンポジウムではそのパネルディスカッションの他に『たぁくらたぁ』編集長の野池元基さん、環境学者の関口鉄夫さんの講演もありました。
野池さんはスライドを映しながら話しましたが、映し出された中に「南相馬ビジネスホテル六角」という看板のかかった建物の写真がありました。
それを見て咄嗟に、「ここに宿を取れば福島に行ける」と思って電話番号をメモし、家に帰って電話をかけて予約を取り、南相馬ボランティアセンターの登録をして8月に初めて南相馬へ行きました。
 行ってから初めて知ったのですが、ビジネスホテル六角は現地の民間ボランティア「六角支援隊」の拠点でした。
ボランティアセンターに通って作業をするのと合わせて、その前後の時間には「六角支援隊」と一緒に仮設住宅へ支援物資を届けたりしました。
 それから毎月南相馬に通い六角支援隊と一緒に活動しながら、被災された方たちの話を聞いてきました。
一人一人の話を聞き、その人が子どもだった頃、結婚してから、被災前までの暮らしを聞き、原発事故によって奪われてしまったその地の暮らしを知ってきたのです。
 この日私は「支援者としての話」をと言われたのですが、私は支援をしているというというよりも「被災地のこと、被災者の身に起きたことを知りたい」という気持ちで通い、南相馬に通うだけではなく。福島で起きたことを知りたくて他所へ避難した人たちの話も聞いています。
自分が知ったことを、多くの人にも知ってほしいと思い「トークの会 福島の声を聞こう!」も続けています。
 「知りたい」という思いからこの裁判の傍聴も重ね、他にも原発事故関連の裁判を傍聴していますが、正直に言って法廷でのやりとりは聞いていても理解できないことが多いです。
でも閉廷後の報告会で弁護士の先生の解説を聞いて、理解していきます。
 この裁判でも、告訴団支援団の結成集会で海渡弁護士のお話で「スイホン」という言葉が出てきても最初は「スイホン」がなんだか判りませんでした。
「地震調査研究推進本部」の事であると知ったのは、後のことです。
家に帰ってから、グーグル先生に尋ねて知ることも多いです。
 東北地方には所縁も縁者もなく、福島も中学生の時の修学旅行で裏磐梯を訪ねたことがあっただけで、知らないところでした。
通うようになって東北の歴史を知り、そこから教科書では習わなかった日本の近代史を知ってきました。
 2011年7月岩手県沿岸部に広がる一面の瓦礫の原を目にした時、「ここに私の“くに”が在る。ここが私の“くに”だった」と思った私です。
福島に通いながら、被災された方たちの話を聞きながら、あの時なぜそう思ったのかを、ずっと自分に問い続けています。
後知恵かもしれませんが、その訳について少しずつ自分で納得してきたこともあり、いつかその事を書いてみたいと思っています。

いちえ


2018年5月13日号「裁判傍聴5月8・9日 福島原発刑事訴訟①」

 8日(火)と9日(水)の両日、福島原発刑事訴訟の公判がありました。
 入廷前の手続きが、8日から大きく変わりました。
◎8日、第10回公判
●ボディチェックがなくなった!
 これまでの報告で異常なまでの安全検査の様子をお伝えしてきましたが、この日は当選番号の記された抽選券を傍聴券に引き換え荷物を預ける際に、「今回からはボディチェックは行いません」と告げられ、係官によって手で触られるボディチェックはなくなりました!
金属探知機でのチェックのみとなりましたが、少し奇妙なこともありました。
法廷に持ち込めるのは、筆記用具とちり紙ハンカチ、貴重品ですが、私は貴重品は預ける荷物に入れて筆記用具とちり紙を小さな布袋に入れて持ち込みます。
それらはすべて係官の差し出すトレーに入れて、ペンケースなどは開けて中身を見せて通るのです。
ここまでは従来通りで、これまではノートはパラパラとめくって見せればよかったのですが、今回はノートに金属探知機を当てるのでした。
カミソリの歯でも隠してないかと疑ってのことなのでしょうか?
係官に「ボディチェックがなくなったのはどういうことからですか?」と尋ねると、「裁判長の意向です」と答えが返りました。
以前に「なぜこんなボディチェックをするのですか?」と聞いたときにも、「裁判長の意向です」の答えでした。
 「裁判官はポーカーフェイス」と言われ、判決が出るまで私たちには裁判官の考えは判らないのですが、ボディチェックの有無にも裁判官の考えていることについて、思い巡らせます。
これまでボディチェックを受けるたびに私たちが、「これはまるで罪人扱いではないか」と抗議してきたことや、後でわかったことですが、前回の入廷の際に、大手メディアの方が所属の社名と氏名を名乗って「こんなやり方をしていると書きますよ」と抗議したことなどが功を奏したのではないかと思います。
司法を動かすのも世論であると、こんなことからも感じたのでした。
●証人は「気象庁の地震のプロ」
 この日の証人は、気象庁の前田憲二さんでした。
前田さんは2002〜2004年まで、文部科学省に出向し推本(地震調査研究推進本部)事務局で地震調査管理官として長期評価の取りまとめにあたり、2004〜2017年までは推本の長期評価部会の委員を務めていました。
地震の確率に関する研究で京大の博士号を持ち、気象庁気象研究所地震津波研究部長などを歴任した人です。
●証人尋問
 検察官役の神山啓史弁護士の質問に、前田さんが答えていきました。
「地震調査研究推進本部とは何か。どんなプロセスで長期評価をまとめるか」などを明らかにしていきました。
神山弁護士からの質問の後に、弁護人の岸秀光弁護士からの反対尋問がありました。
これらについて前田さんは、次のように話しました。
●前田さんの話(神山弁護士との応答で双方とも「です。ます。」調で話されましたが、前田さんの答えのみを「だ。である。」調で記します)
 「1995年の阪神・淡路大震災で6,000人を超える多数の死者があった。
学者の間では関西でもいつ大地震が起きてもおかしくないということは常識だったのに、一般市民にはそれが伝わっていず、認識のギャップがあった。
その解決策として、地震調査研究本部とそこでの長期評価作成の仕組みが作られた。
長期評価の目的は、研究者が個々に明らかにしていた研究成果を一つにまとめ、地震防災対策を政府や民間にしてもらうためで、2008年に東電が計算した15.7mの津波予測も、長期評価がもとになっている。
 2002年7月にまとめた三陸沖から房総沖にかけての長期評価は、地震調査研究推進本部(推本)の海溝型分科会でたたき台を作り、推本の長期評価部会に上げて、そこでもう一度練られ、さらに推本上部組織の地震調査委員会で検討される。
 この時の検討では、三陸沖北部から房総沖の海溝寄りの領域では、そのどこでもマグニチュード8.2前後の地震が、今後30年以内に20%程度の割合で発生する可能性があると予測した。
この領域では、1896年の明治三陸沖地震、1611年の慶長三陸沖地震、1677年の延宝房総沖地震と、過去400年の間に3つの津波地震が起きていて、同じ領域の福島沖でも発生する可能性があると考えられたからだ。
過去400年の間に3回というのは、今は次の400年に入っていると考えられる。
 2002年に長期評価を公表する直前に内閣府の担当者から、この内容について信頼度の高い部分と低い部分があることを判るように記載する必要があると言われ、直前だったので面食らったが、説明を加えて公表した。
防災のための対策費用は考慮せず、地震の専門家としての学術的な立場から長期評価を出した。
長期評価をまとめる際に、地震本部内で意見が紛糾することはなく、全員一致での評価だった
2002年の長期評価は、2011年の東日本大震災直前に改訂作業が進められていた。
3・11後に改訂された長期評価第2版でも、揺るがずにこれを踏襲している。」
●反対尋問
 神山弁護士からの主尋問の後、元東電会長で被告人の勝俣恒久の弁護士、岸秀光さんが反対尋問をしました。
岸弁護士は1677年の地震は海溝寄りで発生したものではないことや、1611年の地震の発生場所は定かではないこと、海溝寄りの領域でも北部と南部では微小地震の起き方が異なるなどを挙げて、長期評価は不確実で信頼度が低いのではないかと問いましたが、前田さんは、「それらも推本の議論で取り上げたが、結論を覆すだけの根拠になっていない」と証言しました。
●閉廷後の報告会
 反対尋問の際の岸弁護士の態度が、私はとても不愉快でした。
証人が座っている後ろ側に左手をポケットに突っ込んで立ち、右手に資料の紙を持って「…ではないですかぁ?」などという口ぶりも、証人を蔑むような口調だったのです。
法廷という場でなくても人との会話の場で、ポケットに手を入れて話すのは礼を失しています。
人の後ろに立って問いただす態度は、相手を見下し萎縮させようとする態度で、これも礼を失しています。
だから私は、岸弁護士に対して「イヤな奴!」という印象を受けたのです。
でも閉廷後の報告会で、小森弁護士から「慶長三陸沖地震や延宝房総沖地震などについて、検察側が聞かないようなやり方で岸弁護士が聞いたのに対して、キッパリと前田さんが答えたので、論点がハッキリとして良かったです」と話されたのを聞いて、私の見方を反省しました。
外側ばかり見てそれに反応していると、事の本質を見誤ったり見落としたりするのだと思いました。
心していこうと思いました。
裁判は翌9日も開かれ、その様子は「一枝通信」②でお伝えします。  

いちえ


2018年5月3日号「5月3日国会前」

 今日は3日。
「アベ政治を許さない」一斉行動日でした。
地下鉄丸の内線「国会前駅」で降りたのは、12時を15分ほど過ぎた時でした。
道路に出ると、何やら忙しく警官たちが走って国会正門前の方に向かって行くのが見えました。
今日は有明で大きな憲法集会が開かれるので国会前のスタンディングは、いつもより参加者は少ないだろうに何故だろうと思いながら、急いで国会正門前に向かいました。
スピーカーを通してがなり声が聞こえ、それは右翼の街宣車でした。
 国会前には右翼の街宣車が3台、「アメリカに押し付けられた憲法だ。その屈辱の日だ。憲法を守れなんて言ってる国会議員、お前たちはバカか!」などと言っています。
通りの国会側にはいつもよりもずっと大勢の警官が立って、右翼街宣車の動向を牽制するでもなくただ警戒していました。
私も急いで横断歩道を渡りみんなに合流した時には、ちょうどその3台が過ぎ去って行く時でした。
私たちの定位置にはすでに澤地さんも見えていて、他に仲間たちが何人か来ていました。
 澤地さんや仲間たちに挨拶をしていると、またさっきとは別の右翼の街宣車が3台がなりながらやってきました。
私は急いで彼らに向かって「アベ政治を許さない」プラカードを掲げ、そして片手の上げて中指を立てて立ちました。
大きなワゴン車の中で男は、「お前らそんなこと言ってアメリカのいいなりになって、アメリカの言うこと聞いているうちはまだいい。そのうちに中国がアメリカに替わったら、どうなると思ってるんだ!」などと理屈にならないことをがなっています。
なんて哀れな人たちだろうと思いました。
仲間と連んで、車の中といういわば”保護区”に座って、マイクを通して理論にもならないことをがなるしか、意思表示ができない人たち。
その哀れな男たちを乗せた3台も、やがて去って行きました。
 「アベ政治を許さない」の意思表示は、毎月3日午後1時きっかりに「私の意思表示」として、それぞれ個人として立っているのです。
今日ここに集まった私たちは、互いに連帯の思いを抱きながら、それぞれが個人の意思で個人としてここに立っているのです。
 今日は有明の集会に参加する人たちが多いだろうから、こちらはいつもより少ないだろうかと思っていたのですが、80人ほどが立ちました。
私は5月26日の「トークの会福島の声を聞こう!」と、6月24日の「戦争への道は歩かない!声をあげよう女の会」集会のチラシを70枚づつ持って行って配りましたが、途中でそれが足りなくなったのです。
今日の国会前の写真を添付します。
写真はいつも参加されている大橋 新さんが撮られたものです。
今日は銀座でヘイトデモがあったので、あの街宣車はヘイト街宣車であったかもしれないと後で気づきました。

いちえ

DSCF9885


2018年5月2日号「裁判傍聴&お知らせ」

 4月は「福島原発刑事訴訟」の第7回、第8回、第9回公判がありました。
また「南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟」第11回公判もありました。

◎福島原発刑事訴訟
●第7回公判
 4月17日に開廷されましたが、この日、私は沖縄にいたので傍聴できませんでした。
前回に続いて東電の土木グループの高尾誠さんの証人尋問でした。

●第8回公判:4月24日(火)10:00〜17:00
 この日は、第5回〜第7回までの公判で証言した高尾誠氏の上司だった酒井俊朗氏の証人尋問で、検察官役の渋村晴子弁護士の質問に答えた。
酒井氏は1983年に東電に入社し1986年本店原子力建設部土木建築課に配属された。2006年7月土木グループを統括するグループマネージャーになり、2010年6月まで務めた。
現在は電力中央研究所に所属している。
 推本(地震調査研究推進本部)の「長期評価」での15.7mの津波を想定する必要があると考えていたが、対策工事に着手するには想定する津波の高さを公表しなければならない。
東電は運転を停止せずに工事をしたいが、従来の想定高さより3倍も大きな想定値を公表すれば、住民は運転停止して工事すべきだと思うだろう。
運転しながら工事しても安全だと、住民を説得する理由が見つからなかった。
数値の公表と対策措置は取られないまま、2010年に担当から外れるまで何の対策も取られなかった。
 酒井氏は津波対策の工事が必要になることは120パーセント確実だと思っていたと証言し、浸水で壊れた場合に冷却再開するための予備ポンプモーターの用意など暫定策を社内で挙げたが、それは実行されなかった。
 酒井氏は15.7mの想定を避けられない理由に東北大の今村文彦教授の意向を挙げた。
今村教授は原子力安全・保安院で、古い原発の安全性を確かめる耐震バックチェック審査に加わっていた。
2008年2月高尾氏が今村教授に面談した際、今村教授は福島沖海溝沿いで大地震が発生することは否定できないから、波源として考慮すべきと指摘した。
酒井氏はこれを聞くまでは、社内の意思決定に基づいて津波対応に臨めばいいと考えていたが、審査する側が入れろと言うのだから入れなければ審査に通らないと言った。
 この15.7m予測とは別に2008年夏には、869年の貞観地震の再来も懸念されるようになっていて、酒井氏は部下に「869年の再評価は、津波堆積物調査結果に基づく確実度の高い新知見ではないか。これについて電共研(「電力共通研究」の略で、電力会社が資金を出し合いシンクタンクなどに資料集めや解析作業を依頼し、それをもとに土木学会で専門家に審議してもらう仕組みのこと)で時間を稼ぐのは厳しいのではないか」とメールを送っていた。
2008年7月31日酒井氏の上司で被告人の武藤氏は、115.7m予測を対策に取り入れず、電共研で3年くらいかけて審議してもらう方針を決めていた。
 渋村弁護士の「7月31日の決定も感覚的に『時間稼ぎ』と思っていたか」という質問に、酒井氏は「そうかもしれない」と言った。
土木グループの津波想定担当者である酒井氏や高尾氏は、2008年6月10日に、武藤氏に15.7m想定を取り入れるべき理由や対策工事の検討内容を説明したが、武藤氏からは技術的な点に対しての質問がかなりあり、説明には1時間半ほどかかった。
 2回目の説明が7月31日だったが、武藤氏は今度は質問も挟まず30分くらいの説明を聞いてすぐに、対策着手は先送りということを酒井氏らに伝えた。
酒井氏は「6月10日から一ヶ月以上経っていたから、こういう方向性で物事を考えられていたんだなと思いました」と証言した。
それは酒井氏らが考えていた、対策を進めるという方向とは違っていたと述べた。
●第9回公判:4月27日(金)10:00〜16:00
 前回と同じく酒井俊朗氏の証人尋問だった。
 今回も推本(政府の地震調査研究推進本部)の「長期評価」の扱いが争点となった。
「長期評価」は福島沖でも巨大津波地震の可能性があるとの見解を示していて、東電の土木グループはこの見解を取り入れて、最大で15.7mの津波が押し寄せる可能性の想定を2008年夏にはまとめていて、経営陣に説明していた。
当時電力各社は、原発の安全性を確認するバックチェックで、最新の研究の成果をもとに津波の想定を行うよう国から求められていた。
 酒井氏は、津波対策を進めるには「長期評価」の見解を取り入れるべきだと考えていた理由として、「原発の安全性の審査に関わる津波の専門家」から、対策に取り入れるべきだと言われていたと説明した。
その一方で酒井氏は「長期評価」に対する個人的見解を問われると「科学的な根拠を示していなかったので、最新の知見とは思わなかった」と述べ、「2枚舌と思うかもしれないが、実態を伴う津波として議論していなかった。原発については非常に細かいことも想定していたため、その全てが実際に起きるとは思っていなかった」と証言した。
 東日本大震災が起きた時の思いを尋ねられ「やっぱり起きたという感じはなく、実際に来た時はびっくりした」と述べた。
酒井氏は「長期評価」の見解を取り入れる必要があることは認めていたが、その理由は国の審査を通るために必要という実務的理由からだったと証言し、「長期評価」の信頼性については低いと考えていたことを証言した。
 裁判官とのやりとりでは、裁判官の「早急に対策を取らなければならない雰囲気ではなかったのか」という質問に「東海、東南海、南海地震のように切迫感のある公表内容ではなかったので、切迫感を持って考えてはいなかった」と答えた。
また、「15.7mは、現実的な数字と考えていたわけではなかったのか」と問われると「原子力の場合、普通は起こり得ないと思うような、あまりに保守的なことも考えさせられている。本当は起きても15mもないのではないかとも考えていた」と証言した。

◎「南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟」第11回口頭弁論
 4月26日(木)14:00〜 報告集会@参議院議員会館で15:20〜
 この4月に裁判官の交代があり3人の裁判官のうち裁判長と右陪審がこれまでとは別の裁判官になった。
そのためにこの日の弁論では、これまで行ってきた主張立証を新しい裁判官が把握するための「弁論の更新」手続きが行われた。
原告側はこの訴訟の意義と原告の主張を改めて裁判所に理解してもらうべく、これまでの主張を取りまとめた弁護団からの説明と、原告本人が意見陳述をした。
●原告代理人:福田健治弁護士
 ICRPなど国際的な勧告では、公衆の被曝限度は年1ミリシーベルトとされ、日本の法令もこれを取り入れてきた。
訓練された職業人しか立ち入りのできない放射線管理区域でも3ヶ月で1.3ミリシーベルトで、年に換算すると5ミリシーベルトだ。
これらを考えると、年20ミリシーベルトでの解除は違法である。
 住民たちが何度も反対を表明したのに、政府は一方的に解除を決定した。
解除されてから3ヶ月後に、賠償も打ち切られてしまうため、避難の継続を希望する住民の中には、経済的な理由から帰還せざるを得ない人も出てくる。
 また、南相馬においては広範囲にわたって、放射性物質による土壌汚染が見られ、埃の吸い込みによる内部被ばくが心配される。
●原告本人:S・Tさん
 福田弁護士の後で原告のSさんが意見陳述をしました。
●報告会
 福田弁護士から、裁判官の構成が替わったことによる「弁論の更新」について説明された。
裁判は裁判官本人が自身で見聞きしたことで判断をする原則なので、途中で裁判官が替わると、それまでの裁判記録は紙の上では残っていて参考になるだけ。
日本の裁判制度では、裁判官自身がその裁判で直接見聞したことで判決を出す直接主義を採っている。
一人の裁判官が裁判の最初から最後まで関わって判決を書くのが望ましいが、そうなってはいない。
 この裁判も新しい2人の裁判官はこの事件について何も知らない。
これまで広範に現地の汚染状況を報告してきたことや、原告の方たちの真摯に訴えてきたことは、紙切れとしては残っているが耳や頭に残る記録としては消えてしまった。
だからもう一度、この裁判はどんな意義があるか、原告が何を訴えているのかわかってもらうために、今日の意見陳述があった。
通常は、弁論の更新は一瞬にして終わる。
裁判長が『両者に弁論の更新を行います。主張立証は従前の通りとお聞きしてよろしいですか』と原告、被告に問い『はい』と答えるとそれで終わりで、極めて簡略化した形で行われる。
 今回我々は事前に申し入れて、非常に重要な裁判なので是非時間をとってこの裁判の全体についてお聞きいただき、原告の意見を聞いていただきたいと、今日の意見陳述になった。
 新しい裁判長はどういう人かを紹介する。
朝倉佳秀さんという裁判長で、これまでの経歴を見ると平成19年に司法研修所(弁護士や裁判官養成の学校のようなところ)の教官になり、次に最高裁民事局第2課長、最高裁民事局第1課長、最高裁民事局第3課長、最高裁人事局給与課長というように7年間裁判をやっていない。
裁判をやっていない裁判官が一番出世をするというのが今のシステムで、最高裁事務総局で課長をやるのは相当のエリートコースで、まぁそんな愚痴を言っても仕方がないので、そんな彼でも共感してもらえる、そんな彼でも説得できる弁論活動をしていくしかないから、またみなさん頑張りましょう。
●特別報告「原告の皆さんの尿検査結果」:青木一政(ちくりん舎)
 事故後5月20日から子供達の尿検査を始めた。
なぜ尿検査かというと、ホールボディカウンターは検出限界値が高くて250ベクレルとか、良くても100ベクレルだが、尿検査はその50倍から100倍くらい感度が高い。
 南相馬20ミリ基準撤回訴訟原告と他地域居住者の尿中セシウムを比較すると、明らかに原告の尿中セシウム濃度は高い。
チェルノブイリでは事故から15年経過した頃、膀胱ガンが事故前よりも増えており、「チェルノブイリ膀胱炎」と名付けられた特異的膀胱炎が広がっていることが明らかになった。
慢性的な活性酸素などの効果を伴って、炎症からガンに移行していると考えられる。
 長期保養前後の尿中セシウム量の変化を見るとセシウム量の変化が大きく、保養中は尿中のセシウム量は明らかに少ない。
日常の食品からのセシウム取り込みをどんなに注意していても、原告が居住する20ミリシーベルト基準地域の生活では空気中の粉塵などによる呼吸器からのセシウム取り込みや、あるいは、たとえどんなに食生活に注意していても食品などからの追加的なセシウム摂取が避けられず、結果として排尿スピードが遅くなる可能性が考えられる。
 慢性的な被曝を避けることは汚染地区の生活の中では全く容易でなく、極めて難しいことである。

●お知らせ!
 原発事故に関する裁判は、ここで報告した2件だけでなく数多く起こされていることは、みなさんもご存知だと思います。
どうぞ、被災者の声をお聞きください。
トークの会「福島の声を聞こう!vol.27」のお知らせです。
日 時:5月26日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
場 所:セッションハウス・ガーデン 新宿区矢来町158 2F
     (東京メトロ東西線「神楽坂」下車徒歩3分/JR「飯田橋」西口下車15分)
参加費:1,500円(被災地への寄付とさせていただきます)
 *ゲストスピーカー
27回目のゲストスピーカーは、浪江町津島から福島市へ避難している三瓶春江さんで、
三瓶さんは「ふるさとを返せ・津島原発訴訟」の原告です。
前日の25日に開廷される第13回公判の様子も、話して下さると思います。
皆様のご参加をお待ちしています。
また当日、受付・物販などお手伝いいただける方がおいででしたらご連絡ください。

いちえ  

watanabeichie-l27


2018年5月1日号「沖縄行④4月18日」

 前日の雨はすっかり上がって、爽やかに晴れた空でした。
小鳥の声も聞こえて、心地よく風が吹いていました。
宿の備品の鍋で道子さんが持ってきた“おやき”を蒸し、私が持参したパンと椏久里のコーヒーでの朝ごはんは、ウッドデッキで食べました。
 外気に身を置いての朝ごはん、ずいぶん久しぶりのことでした。
庭の栴檀の葉が、朝の風にそよいでいました。
保育士だった頃に子どもたちに歌った歌が、口をついて出ました。
 ♪うちのせんだんのき セミがきてなくよ
  どんどんしゃんしゃん どんしゃんしゃん
     セミがきてなかんときゃ ビッキ(蛙)がきてなくよ
     どんどんしゃんしゃん どんしゃんしゃん♪
長野で暮らしていた時には地元の仲間たちと〈わらべ歌の会〉をやっていた道子さんが、「あ、わらべ歌?」と言い、「そう」と答えながら過ぎた日を思い出していました。
 さぁ、感傷を捨てて出発の時間です。
最後の目的地は伊江島です。
●フェリーで
 本部港でフェリーの往復乗船券を買いました。
チケットは、往路720円・復路650円の2枚綴りです。
行きと帰りで値段が違うわけが知りたくて、窓口の女性に尋ねました。
「お帰りの乗船料は割引価格にしています」答えを聞いて、思わず「あら、ありがとうございます」と言ったのでした。
 乗船時のアナウンスで、風で帽子が飛ばされることがあるからと注意を促されましたが、強い風もなく凪いだ海でした。
対岸の本部から白い塔のようなものが2本見えていたのですが、船が伊江島に近ずいていくとそれは風車で、全部で4基建っているのがわかりました。
 沖縄滞在最終日のこの日は伊江島に行ってから那覇に戻り、その日のうちに帰京の予定です。
本部港を9時に出るフェリーに乗って、反戦平和資料館「ヌチドゥタカラの家」のある「わびあいの里」を訪ねるだけで時間はいっぱいですから、1時のフェリーで戻ります。
伊江港から「わびあいの里」まではタクシーで行くつもりですが、乗船してから売店の人に聞くと、島にタクシーは1台だけだから予約しておいたほうがいいと言われました。
タクシーの電話番号を教えてもらい、9時半に港に迎えに来てくれるよう予約をしました。
 伊江島は東部にポコンと岩山が突起している他は、平坦な島です。
「伊江島に行ったら、タッチュウ(城山・グスク山)に登ってくると良いですよ。島全体が一望です」と教えてくれた人もいましたが、残念ながら今回はその余裕はありません。
●タバコの花
 伊江港に迎えに出てくれたタクシーはワゴン型で、ドアが開くとステップが降りてくるので足が弱った高齢者でも利用しやすい車体でした。
この1台が、自分で運転できない島人の足になっているのでしょうか。
伊江島で生まれ育ったという運転手の野原さんに、おじいさんやおばあさん、両親から戦争中や戦後のことをお聞きになって育ったのですかと尋ねると、「ええ、たくさん聞きましたよ」と答えが返りました。
 窓の外にはタバコ畑が広がり、花を咲かせた株も多くありました。
子どもの頃のいっとき暮らしていた場所は、東京でもまだ畑が広がる地域でした。
家業が農家の級友もいました。
「公社が来て、タバコの葉っぱを一枚一枚数えていくんだよ」と、彼女から聞いたことがありました。
専売公社はJT(日本たばこ産業株式会社)になりましたが、公社時代同様に製造独占権を持っています。
すると今でも、生産者の畑に行って葉の枚数を数えているのでしょうか?
花が咲いてしまうと本質が落ちるので、花芽を摘み採る作物も多いですがタバコはどうなのでしょう?
●大地は誰のものなのか?
 野原さんは、伊江島の土地有効利用率は100パーセントで、タバコの栽培面積が最大で次は電照菊だと教えてくれました。
それを聞いて、では風力発電での電力も使われるのか尋ねると、風力発電はまだ稼働しておらず来年4月から稼働だということと、電照菊は深夜電力を使うので風力が稼働してもそれは関係ないと教えてくれました。
作物はこの他に小麦やピーナツの栽培、黒毛和牛の飼育など牧畜も盛んだそうです。
島の西部の基地内は牧草地で、土・日のみ農民は申請して牧草刈りに入ることができるといいます。
牧草地の農民とその縁者も入域を許可されますが、外部のものは入れないそうです。
牧草刈り以外の目的での入域は許されず、また土・日でも射撃演習があるときは入れず、そこに入る時には、みな作業着でないといけないそうです。
野原さんの家は農家ではなく、お父さんは大工さんだったそうですが、親戚に畜産農家がいて、野原さんも一度だけ親戚の人と一緒に作業着を着て牧草刈りに基地内に入ったことがあると言いました。
 そんな話を聞けば、チベットを思います。
自分の住む行政区内から別の行政区に行くには、申請して通行許可証を得なければ移動できないチベットの現状、自分たちの土地を自由に行き来できないチベットの今を思います。
●「わびあいの里」
 沖縄戦終結から39年目の1984年に開設された「わびあいの里」は家庭も社会も国も、平和で豊かな暮らしにはわびあいの心によってしか実現しないという阿波根昌鴻さんの信念から名付けられた施設です。
沖縄の人たちから、阿波根昌鴻さんの名前はよく聞いています。
徹底的に非暴力で闘った先人として語り継がれている人の施設を訪ねたいと、予てから願っていました。
本で読み、話で聞いていた阿波根昌鴻さんの作ったその「わびあいの里」を、ようやく訪ねることができました。
 「わびあいの里」には、「やすらぎの家」と「ヌチドゥタカラの家」の二つの施設があります。
入館の手続きをして、「ヌチドゥタカラの家」に入りました。
建物正面の白壁には、黒々と文字が浮かんでいました。
入口の左側には「反戦平和資料館」の看板があり、壁には次の言葉が書かれていました。
「すべて剣をとる者は
  剣にてほろぶ(聖書)
 基地を持つ国は
   基地で滅び
 核を持つ国は
   核で滅ぶ(歴史)」
右側には「ヌチドゥタカラの家」の看板と、壁には次の言葉がありました。
「平和とは人間の生命を
尊ぶことです。この家には
人間の生命を虫けらのように
粗末にした戦争の数々の
遺品と二度と再び人間の
生命が粗末にされない為に
生命を大切にした人々
また生命の尊さを求めて
やまない人々の願いを
展示してあります。
  戦さ世(ゆ)んしまち
  みるく世(ゆ)ややがて
  嘆(なじ)くな臣下命(ぬち)ど(ぅ)宝」
 中に入るとそこは文字通り、反戦平和資料の様々が詰まった博物館です。
戦争中の兵器の残骸や兵士の服、戦時下の生活用品や遺品が展示され、それらは戦時中の生活を物語る資料でした。
また米軍統治下の土地闘争の資料や、復帰後の平和運動の連帯の寄せ書き幟などが展示されていました。
展示物は全て、手にとったり触ってみたりもできるように、ケースの中での展示ではなく無造作にむき出しのまま置かれていました。
米軍による土地の収奪に対して「伊江島土地を守る会」を組織し、徹底した非暴力で闘い、“沖縄のガンジー”と呼ばれた阿波根さんの思いが展示品や展示法にも溢れているようでした。
 資料館を出て、隣の「やすらぎの家」に行きました。
障害のある人もない人も、お年寄りも子どもも、互いに助け合い交流を持ち、障害を持つ人に仕事が提供されるような福祉平和村づくりを目指していた阿波根さんは、交流と平和への学習の場として「やすらぎの家」をつくったのです。
そこで「わびあいの里」館長の、謝花(じゃはな)悦子さんにお話をお聞きしました。
謝花さんは阿波根さんの秘書を務めていた方です。
●謝花悦子さんの話
 謝花さんは1937年に伊江島で生まれました。
兵隊で中国大陸に行っていた父親は1944年に帰国すると、この島も危ないからと悦子さんたち家族を本島の今帰仁に疎開させましたが、3日間だけの疎開で伊江島に戻りました。
1945年米軍が上陸し父は戦死しましたが、その頃の謝花さんは発病していて死ぬしかないような状態で入院先の病院から戻されていました。
8歳の少女が瀕死の状態でいるのを見た阿波根さんが、本島の病院に連れて行き入院させてくれたおかげで、謝花さんは命を取り留めたのでした。
 1963年米軍による土地の収奪に抗して、「伊江島土地を守る会」が組織され阿波根さんが会長になり謝花さんは、阿波根さんの秘書になりました。
そして1984年に阿波根さんと共にヌチドゥタカラの家を建設し、2002年に阿波根さんが逝去された後は館長を務めています。
謝花さんが聞かせてくれた、阿波根昌鴻さんです。
「阿波根は1901年に本部町で生まれ、17才の時にキリスト教徒となり、成人後に伊江島へ渡って、そこで結婚しました。
1925年にキューバへ移民しますがその後ペルーヘ移り、1934年に帰国しました。
帰国後京都の一燈園や沼津で学んだ後に伊江島へ戻って、デンマーク式農民学校建設を
目指して伊江島の西北の土地を買いましたが、そこは草も木も無い植物が育たない砂漠みたいな土地でした。
 阿波根はそこに様々な草の種を蒔きましたが、どれも育たずみんな枯れました。
けれど一種類だけ育った草があったのでその草の種を蒔き、それが育って一面の草原になりました。
すると阿波根は、今度はそこにいろんな木を植えました。
どれもほとんど枯れて育たなかったですが、根付いて育った木もありました。
今度はその木を海風が吹いてくる側に風除けに植えて、草地を畑に変えていきました。
 阿波根がその土地を買って草の種を蒔いたり木を植えたりしていた頃、人々は『阿波根は気狂いだ。頭がおかしいんじゃないか』などと言いましたが、阿波根はそこを植物が育つ土地に変えて、そこに農民学校を建設しようとしたのです。
 阿波根が目指した学校は年齢制限がない、試験もない、お金もいらない、その3つが無い学校でした。
息子が校長になってオープンに目処をつけたのですが、米軍が上陸した沖縄戦で建設中の学校は消失して、一人息子も戦死したのです。
 戦争が終わって沖縄は米軍統治下になり、完全武装の米兵が土地接収に伊江島に上陸しブルドーザーで家屋を壊し住民は強制収容されました。
伊江島の窮状を訴えようと“乞食行進”をし、“伊江島土地を守る会”を設立しました。
 ベトナム戦争が始まると、土地闘争だけでなくベトナム戦争反対運動もやっていくようになりました。
1966年に米軍は2基のホークミサイルを陸揚げして、住民は反対したのに村長が許可をしてホーク基地が作られようとしました。
けれども建設予定地域には村長の土地は一坪も無いので、一坪の地主でも無い村長が許可をしても無効だと言って闘争し、ミサイルを撤去させました。
 阿波根の思想の根っこには、土地が無ければ生きられない、戦争は二度とやってはいけない、戦争の演習ために土地を取り上げるのには反対するという思いがありました。
自分が得をすることではなく、相手の得になるかどうかを大事に考えました。
戦争は相手の得にもならない、誰の得にもならないと反対しました。
●さすがの道子さん
 もっともっと話を伺いたかったのですが、帰りの時間に急かされて謝花さんにお礼を言って失礼しました。
でも帰りしなに道子さん、「ゆかるひ」でのWomenn’s Voiceで謝花さんにお話ししていただきたいと交渉していました。
さすがの道子さんです。
 来るときに乗った野原さんのタクシーを呼んで伊江港に行き、1時のフェリーで本部港へ戻りました。
●はまうり
 そこからはまた道子さんの車で那覇へ戻りますが、この日は旧暦の3月3日でした。
沖縄の人たちは旧暦で日々の行事を過ごします。
旧暦3月3日はひな祭り、女の子の節句で浜下り(はまうり)の日です。
大潮のこの日にお弁当を持って浜に出て、貝や海藻を採ったり海水に足を浸して身を清めたりするのです。
 私たちも途中で車を止めて浜に下り、道子さんは素足になって海に歩み入り、私は浜辺で孫たちのお土産にする貝殻を拾いました。
私たちの他にも、海辺で貝を採っている人たちの姿がありました。
 こうした風習を大事にし、それが今も生きている沖縄の暮らしにも触れた今回の沖縄行でした。
独特のチベット暦での年中行事を大事に守ろうとするチベットの人々、津波・原発の災害で住民が戻らなくなっても地元の伝統行事を伝えていこうとしている福島人たち。
「ゆかるひ」でチベットと福島を語ることで始まった3泊4日の沖縄行は、“はまうり”でまたチベットと福島へ思いを重ねる旅でした。             

いちえ


2018年4月29日号「沖縄行③4月17日」

「ゆかるひ」は、火曜日と水曜日が休業です。
予め道子さんに「その二日間は、行きたいところがあったら案内します」と言われていたので、高江と伊江島をリクエストしておいたのです。

◎高江へ
●雨のドライブ
 17日(火)は、朝から雨が降っていました。
それも時々は風も伴う激しい吹き降りになって、こんな天気の日の運転は気疲れすることと思いますが、運転のできない私は運転席の道子さんと交代することができません。
申し訳なく思いながら、助手席にいました。
南北に長い沖縄本島の地図を頭に描きながら、通り過ぎる道路標識を眺めて行きました。
「うるま市石川」と目にして、2年前の暴行殺人事件を思い起こしました。
私はこうして旅行に来てその地に立って“思い起こす”のですが、沖縄で暮らす人たちにとっては“思い起こす”のではなく、それが日常にある感覚なのだと考えると、改めて沖縄の状況に思い至ります。
 途中、海辺の小さな駐車場に車を止めて、お昼にしました。
雨降りなので車中で、道子さんお手製のお弁当をいただきました。
沖縄料理のじゅうしい(炊き込み御飯)のおにぎりと、長野の伝統食、おやきです。
おやきは「ゆかるひ」メニューにもあり、道子さんは食の分野でも沖縄と長野を結んでいるのです。
どちらも美味しく食べている私に、道子さんは言いました。
「長野だと売っているおやきは蒸しているだけだけど、私は最初に焼いてから蒸すの。“おやき”だから、焼き目がないとおやきにならないでしょう?」
●『標的の村』
 ポレポレ東中野で三上智恵さんの映画『標的の村』を見たのは、2013年9月のことでした。
強く心揺さぶられ、以来「高江に行きたい」と思っていた私でした。
行けぬままにネットの情報で現地の様子を知るだけで、時が過ぎて行きました。
道子さんが家族と暮らす長野を単身で離れて、故郷の沖縄へ戻ろうと決意したのも、この映画が引き金になってのことだと言います。
 そして2016年7月22日。
前日の21日が参議院選挙投票日で、沖縄の民意がはっきりと示された日の翌日です。
政府は選りに選って、用意周到にこの日を定めて、2年間停止していた北部訓練場ヘリパッド工事を再開したのです。
現地に思い馳せながら、支援物資やカンパを送るしかできずにいました。
 沖縄の人たちや支援に駆けつけた人たちを暴力的に強制排除しながら工事は進められ、山城さんらが逮捕され負傷者も多数出ました。
キャロライン・ケネディ駐日大使が離任する12月に間に合わせる為に、突貫工事でヘリパッド建設は進められたのです。
12月16日工事完了、そして22日北訓練場の部分返還式が執り行われましたが、式典への抗議集会も行われ、翁長県知事は式典を欠席しました。
 2017年になっても抗議行動は続き、違法工事も明らかにされてきましたが、7月に入ると連日のように米軍ヘリの深夜訓練が続きオスプレイも離着陸するようになりました。
騒音で体調を崩し、離村して避難する人たちも出てきました。
そうした情報を新聞やネットで読み、また東京で催される集会に参加して思いを馳せながらも、高江に行くことはできずにいました。
ようやく、今回行くことができたのでした。
●テントで
 朝から本降りの雨でしたから誰もいないかと思っていたら、テントの中に人影が見えました。
中に入って、お話をお聞きしました。
平日には毎日9時から5時まで、お当番が交代でテントに詰めていて、火曜日のこの日は清水暁さんがお当番でした。
早速訪問者名簿を差し出されて名前を記入しましたが、前日の欄には10名ほどの名前が書かれていました。
 清水さんは高江に住み始めて11年ですが、沖縄が好きで本を読んだりエイサーをやったりしていた時に高江の安次嶺さん家族と知り合い、子どもの子守をしないかという誘いを受けて、移り住んだそうです。
私は安次嶺さんに会ったことはありませんが『標的の村』で一家の暮らしぶりを見ていたので、清水さんが安次嶺さんの誘いにすぐに乗った気持ちは判るように思いました。
 安次嶺さん夫婦も以前は嘉手納に住んでいたのですが、やんばるの森の中で暮らしながら子どもたちを育てたいと思い3年ほどかけて場所を探し、高江の土地と出会い移住したそうです。
それが映画に出てきたあの場所でした。
清水さんが高江に住み始めたのは、安次嶺さん一家が移住してから4年後だったそうです。
 清水さんは高江での座り込みのこれまでを、地図を示しながら話してくれました。
このテントに詰めるお当番は曜日によって係りを決めているそうですが、平啓子さんがお当番の月曜日、儀保昇さんの水曜日は訪問者が多いそうです。
平さんの名前は疎開船対馬丸の生き証人として記憶にありましたし、儀保さんは雑誌「暮らしの手帖」で読んだ記憶がありました。
儀保さんは農薬を使わない不耕起栽培、ヤギや鶏をゲージに入れずに飼うなど、農業と反基地活動の平和運動とを一体のものとして暮らしている人です。
 道子さんが「お当番の交代要員に時々私も来ようかしら。あ、でも私は清水さんみたいに上手に説明できないから、ダメか」と言うと、清水さんは「道子さんがわかることを話してくれたらいいのです。詳しく知りたい人には、ここにある本を読んで貰えたらいいのです」と言い、どうやら道子さんが臨時のお当番になるのも実現しそうです。
道子さんは高江の座り込みにこれまで何度か来ているし、祖母が高江にいたので子どもの頃には度々高江に遊びに来ていたと言います。
テントのお当番も少ない人数で交代で当たっているようですから、たまにこうして臨時に受け持ってくれる人がいれば、いつもの人たちも休むことができるでしょう。
こんなことを咄嗟に思いついて、即座に申し入れて実現させようとする道子さんの行動力に、感心しました。
●不動の警備員
 オスプレイ離発着訓練用のヘリパッドが建設された北部訓練場は、このテントがある場所の他にも幾つかゲートがあります。
ゲートの内と外に派警備員が立っています。
ここに来るまでに通って来た道にも2ヶ所のゲートがあり、どちらも内に2人、外に2人と4人ずつの警備員が立っていました。
このゲートはどちらも現在は使われていないようですが、それでもこうして警備員が監視に立っています。
 テントの先にはもっと大きなゲートがあり、そちらはまだ工事車両が出入りする場所らしく、より厳重な警備で柵の内に2人、外には5人の要員です。
どこのゲートの警備員もビニールの上下の雨具を着て、両足を開いて後手に立ち、微動だにせずに前方を向いています。
激しい吹き降りで顔にも容赦なくかかる雨を、まるで物ともせずに木偶のように立っている様は真に不気味でした。
 ゲートが何ヶ所あるのか清水さんからは聞かずじまいでしたが、この日私が見た3ヶ所よりももっと多いことは確かです。
警備員は30分で交代するそうですが、一人が1日に何度立つのかも聞き漏らしました。けれどもはっきりと聞いたことは、1日の警備費用は1,800万円に上るのだそうです。
これを聞いて帰郷してから数日後、警備会社が費用を実際よりも上乗せして不正に請求していたとニュースが報じていました。
●「ちっちゃなお宿 風の丘」
 雨だったのであたりを歩いてみることはできずにテントを訪ねただけでしたが、高江に行くことができて良かったです。
車窓から森の木々を見て、ゲートの警備員の姿からヘリパッド建設のために伐採されコンクリートで固められた大地を思い浮かべました。
ここに来たことで、しっかりと思い浮かべることができました。
 そして、道子さんがこの日の宿を取ってくれていた本部(もとぶ)に向かいました。
朝から一日中降っていた雨も夕方には上がり、本部の「ちっちゃなお宿 風の丘」に着いた時には、明るい夕方の空でした。
そこは木造のコテージ風の宿で、広いウッドデッキの向こうに手が届くほど間近に、明日行く予定の伊江島が見えました。                   

いちえ  


2018年4月27日号「沖縄行②4月16日」

 政府が辺野古埋め立ての護岸工事に着手して1年、移設工事阻止の「奇跡の大行動」が23日から始まっています。
28日までの6日間、毎日500人で座り込もうと呼びかけられての、抗議行動です。
海上でもカヌー隊が多く出て抗議を続けています。
増員された機動隊や海保による排除の仕方も手荒で、けが人や逮捕者も出ているようです。
現地の様子はFBやツィッターなどでご覧になっているかと思います。
私も、いたたまれない思いで情報を見ています。
500分の1にもなれずに、東京で歯噛みしています。
 これはその1週間前の16日の辺野古でのことです。

◎辺野古へ
●辺野古バス
 16日(月)は、辺野古バスで、辺野古へ行きました。
9時の辺野古バス出発地点の県庁前けんみん広場は、「ゆかるひ」から徒歩数分です。
このバスは「平和市民連絡会」「オール沖縄那覇の会」「島ぐるみ会議」が運営していて、乗車賃は定額ではなく「参加費カンパ制」です。
2年前には長野の友人達と一緒に乗りましたが、この日は一人で乗車です。
8時半にけんみん広場に行って受付を済ませ、乗車しました。
9時に出発したバスは途中の那覇インター前バス停で、そこから乗車の参加者を拾い、伊芸サービスエリアで一度トイレ休憩をして、キャンプシュワブゲート前につきました。
 到着した時には、1度目の土砂搬入阻止座り込みは既に終わっている時刻だったので、座り込みテントに掲示されている掲示物を読んでいたのです。
するとバス乗車の手続きしてくださった平和市民連絡会の佐藤さんが、「次の座り込みまで時間がありますから、船に乗ってみますか?」と誘ってくださったのです。
佐藤さんと埼玉県から参加の男性と3人で、ボランティアスタッフの方が運転する車で浜のテント場へ行きました。
座り込みのキャンプシュワブゲート前はトイレがありませんから、トイレや昼食の買い出しなどの際にはボランティアスタッフが車を出してくれています。
私たちはその車で、浜へ行ったのでした。
●大浦湾はひときわ深いブルーの海水だった
 2年前に来た時には名護の友人の案内で瀬嵩の小高い丘から大浦湾を見下ろし、それから浜のテント場へ行ったのでした。
それは2016年5月、まだ埋め立て工事は着工されていない時でした。
その時に瀬崇から見下ろした大浦湾は、水の色がひときわ深いブルーで、その美しい湾をオレンジ色のフロートが囲んでいました。
フロートの内側を埋め立てるという計画です。
フロートの外に長島、平島と二つの島が浮かび、そのあたりの海水は淡いブルー。
そんなことからも、湾が深いことが知れました。
この海を基地建設のために埋め立てることなど、決して許せないと思ったのでした。
●海底には活断層があり地盤は軟弱
 瀬嵩の丘から大浦湾を見た1年後の2017年4月、政府は沖縄の民意を無視して辺野古埋め立ての護岸工事に着手しました。
それからの私は、工事の進捗の様子を現地で抗議行動を続けている目取真俊さんの「海鳴りの島から」や、北上田毅さんの「チョイさんの沖縄日記」、お二人のブログで読んでいました。
大浦湾の海底活断層や地盤が軟弱であることなどが書かれていて、埋め立て工事は予定通り進まず、工事変更手続きも経ずに予定を変更しての違法工事が進められていることも読んでいました。
そうまでしても政府が強引に工事を進めるのは、「工事は進んでいるから、今更止めることはできない」と、県民の阻止行動をあきらめさせるためだという声もありました。
 そうした報道を読んで私は、活断層があり地盤が軟弱なら、埋め立てはできないだろうから、いずれ諦めるのは政府の方ではないかと思い、県民が阻止行動を諦めることはないだろうと思っていたのです。
●海上から見た大浦湾
 瀬嵩から大浦湾を見下ろしてから2年後のこの日、私は海上から大浦湾を見たのです。
浜のテント場の前から乗ったのは、5人乗りの小さな船でした。
船を操縦するのはコンちゃんと名乗る若い男性で、もう一人年配の男性がコンちゃんの師匠株のようでした。
出発してすぐに、海保のエンジン付きのゴムボートが、カヌーを3艘引いて向こうから来るのにすれ違いました。
ゴムボートの上には海上保安官ではない人、抗議行動のカヌー隊メンバーの姿もありました。
すっかりうなだれているウェットスーツのカヌー隊の姿に向かって、コンちゃんは「がんばれ!」と声をかけて過ぎました。
 船から陸の方を見れば、護岸はコンクリートブロックが壁のように並べられ工事のために作られた道路を、ダンプカーが行き来する様が見えました。
護岸の先端では、砕石が積み上げられていく様が見えました。
この様を見て私は、「県民の阻止行動を諦めさせるため」という政府の思惑に心から憤りを覚えました。
民意を踏みにじって強行に工事が進められていく様に、「心が折れる」と言った現地の人の言葉が、深く深く胸に刺さりました。
 大潮の時期でしょうか、海水はかなり浅く海保はボートから降りて腰まで海水に浸り、立ち姿で見張っていました。
果敢にフロートを越えようとするカヌーも多勢に無勢で捕らえられ、私たちはそれを助けることもできませんでした。
「オイルフェンスから離れてください。立ち入り禁止区域です。強制排除でなければ直ちに逮捕します」
海上に響くアナウンスは、海保から発せられるものではなく警備会社の船からでした。
 コンちゃんにお礼を行って船を降り、浜の第2テントに寄って話を聞きました。
この日は13艘のカヌーが出たそうですが毎日20艘は欲しいと、そこにいたウェットスーツの男性が言いました。
日に焼けているので年よりも老けて見えるのかもしれませんが、60代後半と見受けられるその人は、海保の乱暴な妨害行動で骨折入院し、少し前に退院して再びカヌーに乗っていると言いました。
●座り込み
 この日は500人態勢で座り込みが呼びかけられている23日(月)からの抗議行動の、ちょうど一週間前の月曜日でした。
海から戻った私たち3人は、テントで待機していた人たちと共にキャンプシュワブゲート前での、この日2回目の座り込みに参加しました。
月曜日は県外の参加者が多いということですが、過半数が地元の方でした。
 座り込みは総勢30人ほどだったでしょうか、対して機動隊はその倍は居たでしょう。
「辺野古に基地は要らない」プラカードを持って、私もそこに座りました。
座った私達を端から、機動隊員は4人がかりでごぼう抜きにしていきました。
私もごぼう抜きされて、通称(?)檻と呼ばれるフェンスの内に運ばれました。
すぐに私はプラカードを掲げてフェンスの内側に立ち、目の前の機動隊員と向かい合いました。
向きあって立つのは、ニキビが目立つ若い隊員でした。
こちらを見た彼に、「こんなの、悲しいね」と問いかけると、彼は一瞬目を瞬かせたと思うと、そぐにその目を逸らせました。
彼はどんな気持ちでここに立っているのだろうと、その胸の内を覗きたい思いで私は彼の顔を見つめていました。
逸らせた目が時折戻って、また目が合います。
“こんな若者がこんなことをさせられて”と思うと、悔しくて悲しくて私はつい涙が滲み「悲しいよね」と、また言いました。
また目を逸らせた彼に私は、「悲しいよね」と問いかけ続けました。
 国道を向こうから工事車両がやってくるのが見えて、私達は檻の後方から出て道路脇に立ち並び、機動隊もまた道路を挟んで対峙して立ちました。
●工事車両の列
 ダンプカーの列が続いて、ゲートの内に吸い込まれていきます。
その後から今度は、コンクリートミキサー車の車列が続きます。
道路の右側からも左側からも来る工事車両は、警備会社の職員に誘導されてゲートの内に入って行きました。
その数、ダンプカーとミキサー車合わせて数10台。
つい先ほど海上から見た工事の光景を思い浮かべながら、運転席から見えるようにプラカードを掲げましたが、運転する人は誰一人としてプラカードに目を向けることはありませんでした。
 この日に見たコンクリートミキサー車は全て白ナンバーでしたが、ダンプカーは緑がほとんどでしたが、中には白ナンバーもありました。
車のナンバープレートの色は、緑色は営業用車で白は自家用車、商用車の筈です。
ダンプカーが工事会社から請け負った下請け会社のものなら緑ナンバーの筈ですが、白ナンバーということは自社の車両なのでしょうか?
 これは大きな疑問です。
下請け会社が、潜りに孫請けの個人営業を雇ってのことではないのでしょうか。
プラカードを掲げながら私は、若い機動隊員に聞きました。
「白ナンバーのダンプカーが行きましたが、あれは違反車ではないのですか?」彼は一瞬驚いた顔を見せて「危ないですから車道に出ないでください」と答えただけでした。
突然私が話しかけたから驚いたのかもしれませんが、もし言葉が耳に届いたのなら、工事が違法に行われていないかと、自身で調べて欲しいと思いました。
工事を急ぐあまり下請け会社の車両だけでは足りずに、申請許可を受けないまま下請け会社が個人を孫請けに雇っているのではないでしょうか。
 この日2回目の土砂搬入を終えて、車列はまたゲートから出て行きました。
出て行く車列にもプラカードを掲げて抗議の意を示しましたが、運転席からプラカードに目を向ける人はいませんでした。
●座り込みテントで
 次の車両搬入時刻まで私たちはテントに戻り、お昼を食べました。
テントの正面には、島袋文子さんが椅子に座っていました。
お元気そうで、嬉しいことでした。
みんなが食べ終わった頃に、佐藤さんがマイクを持って前に立つと「県外から参加された方、いかがでしたか?」と一緒に海に行った埼玉の男性にマイクを向けました。
彼は、「ニュースなどで読んだり映像を見たりしていたが、実際にその場に立ってリアルに現場を感じた」と、感想を述べました。
 次にマイクを持ったのは40代くらいの女性でした。
「沖縄で生まれ育ったが、高校卒業後に沖縄を出て内地にしばらく居た後でアメリカに渡り、現在アメリカの大学で教えている。教え子の中にキャンプシュワブにいたことがあるという女子学生がいるが、彼女はシングルマザーだ。
彼女は米軍基地があるから日本が守られていると言う。
私は沖縄出身であることを告げ、『あなたを責めるわけでは決してないけれど、沖縄に基地はいらないというのが沖縄人の気持ちだ』と伝えた。
在米日本人の中にも、オスプレイに反対するなとか、米軍基地に反対するなという人たちがいる」と話しました。
 現地の女性が言いました。
「戦争が終わった年に生まれた私は、戦争を知らない。
だが私は、フェンスの無い沖縄も知らない。
フェンスの無い沖縄を作りたい。
フェンスがある限り、自由は無い。
阿波根昌鴻さんは『対する相手には会話を。暴言を吐くと暴力が返ってくる』と言った。
だから私は、機動隊のちょっと偉そうな人に話しかける。
手を取って、肩を抱いて『基地が無い方がいいよね』と話しかける。
本当かどうか判らないけれど、『定年退職したら、僕もこっちに立つよ』と言った人もいる。
 これまでの基地は米軍の強制接収だったが、今の基地は日本政府の強制接収だ。
出来上がったら日米共同使用になる。
米軍だけなら基地は無くなる可能性もあるが、これでは米軍が居なくなっても基地は無くならない。
戦争体験者の抱いている思いは、今起きていることは戦争につながるという実感をもっている」と、現実に那覇空港が半分以上が自衛隊が使用していることや先島諸島への自衛隊基地建設にも触れ、それらの基地が出来上がったら自衛隊の出撃基地になる恐れを話しました。
 私にマイクがきて「ゆかるひ」でチベットと福島を話したこと、2年前にここにきた時に見た大浦湾とこの日に海上から見た大浦湾のことを話しました。
 前に辺野古にきた時にも歌を歌った伊集さんが前に出て、カラオケの伴奏で《沖縄よどこへ行く》を歌いました。
    島をたがやすように 艦砲射撃の雨が降り
    本当の敵は誰なのか 尊い命は帰らない
    …
歌に乗せて、沖縄戦から現代までの沖縄の歴史を語る歌でした。
「もう一曲歌いましょうか」という伊集さんに、私は《喜瀬武原(きせんばる)》をリクエストしました。
 喜瀬武原闘争について私が知ったのは、参議院議員の糸数慶子さんのお話からでした。
復帰直後に始まった米軍の実弾砲撃演習阻止の闘いの様子を想い浮かべ、喜瀬武原(きせんばる)という響きが強く胸に残りました。
2年前に来た辺野古で伊集さんがこの歌を歌うのを聞いて、その旋律がまた胸に残りました。
     喜瀬武原  作詞/作曲:海勢頭豊
   喜瀬武原 陽は落ちて 月が昇る頃
   君は どこにいるのか 姿も見せず
   風が 泣いている 山が泣いている
   皆が 泣いている 母が泣いている
      喜瀬武原 水清き 花のふるさとに
      嵐がやってくる 夜明けにやってくる
      風が呼んでいる 山が呼んでいる
      皆が呼んでいる 母が呼んでいる
        闘い疲れて ふるさとの山に
        君はどこにいるのか 姿も見せず
    喜瀬武原 空高く のろしよ燃え上がれ
    平和の祈りこめて のろしよ燃え上がれ
    歌が聞こえるよ はるかな喜瀬武原
    皆の歌声は はるかな喜瀬武原
        闘い疲れて 家路をたどりゃ
        友の歌声が 心に残る
●再び座り込み
 3時から、また土砂搬入阻止に座り込みました。
ごぼう抜きされて、またプラカードを掲げて道路脇に立ちました。
来る日も、来る日も、こうして抗議行動を続けている思いを踏みにじり、工事は進められている…。
「心が折れる」、それでも諦めず座り込み、歌い、抗議の意思を示し続ける。
「不屈」沖縄の人たちから学び、私も抗い続けようと思います。

 帰りも辺野古バスで那覇に戻りました。
県庁前けんみん広場で降りると、外は雨でした。          

いちえ






TOPへ戻る