HOME » Monthly EMU Gallery»10月の作品

Monthly EMU Gallery

10月の作品




見えぬ路地の先に

いつのまにかの 秋を あるく
祈りたくなるような
場所に でた        絵と文:田之上尚子



9月の作品




9月

月の戸を
開けにいく        絵と文:田之上尚子



8月の作品




風とおりぬける

夏の
自分の
場所を、みつけた        絵と文:田之上尚子



7月の作品





かさなり
つながっていくもの        絵と文:田之上尚子



6月の作品




生きるうちに

白の 6月
隣人と、彼の木のように
迷いのない 今日        絵と文:田之上尚子



5月の作品

 width=


静かな  新緑

音楽が きこえてきます。

「気に入りの本は、ありますか?」
私が、いつもの腰掛椅子に尋ねますと 彼は
「何でも、いいのですが。」と言いました。

「何でもいいのですが、
あなたが気に入りの本を
私に腰掛けて、読んでくれるのなら。」        絵と文:田之上尚子



4月の作品




まど

体が透けるかのように
あたたかな、風に吹かれる

春の
はじまり、はじまり        絵と文:田之上尚子



3月の作品




窓から

春のような
春の陽射のような

懐かしい、感覚に満ちる瞬間。        絵と文:田之上尚子



2月の作品




冬とおぼしき -返信-


拝啓
遠く離れてしまいましたが、お元気ですか?

睫毛に雪が 積もりました、と
月の明りが 夜の影をすりぬけて
雪に光る季節ですね、と

そう思ったから 筆をとりました。        絵と文:田之上尚子



1月の作品Ⅱ




歩みだす

その ひとひらの葉にも
一滴の水にも
綴られた一文字にも
あなたのその まばたきにさえも

無意味なものは なく           絵と文:田之上尚子



3 / 41234




TOPへ戻る