HOME » お知らせ»『鎌倉染色彩時記』出版プロジェクト・クラウドファウンディングスタートのお知らせ

お知らせ

『鎌倉染色彩時記』出版プロジェクト・クラウドファウンディングスタートのお知らせ

古都・鎌倉の路地裏にある古民家「カジュ・アート・スペース」の染織人・たなか牧子さんの出版プロジェクト(クラウドファウンディング)のご紹介です。
鎌倉に工房を構えてからの18年の記録をまとめることとなる、たなかさんの初の自著 『鎌倉染色彩時記』の制作をオフィスエムを請負ってただいま作成中です。随時、協賛者も募集中!

オフィスエムからもリターンとして内山和紙でできた〝まいまい堂のしおり三枚セット〟他〝豪華お楽しみ読書セット〟も出させていただきます。詳しくはこちらをご覧ください!↓

55ac83c6-25d8-479e-afff-45d50aaf81f3


『舞い降りてきた天使たち』限定部数販売のお知らせ

今年、結成20周年を迎えた『天使クラブ」を記念して発刊された『舞い降りてきた天使たち』を、小社ホームページamazonでのみ、限定部数で販売しております。どうぞ、チェックしてみてください。

9784904570951


絵本『おしりのはっぱ』原画展&第2弾ブナの森親子観察会のお知らせ

7月18日(土)~8月24日(火)の期間、奥志賀高原のペンションオードヴィーで、絵本『おしりのはっぱ』の原画展を開催します。
また、初日の18
日には、第2弾!ブナの森自然観察会「おしりのはっぱに会いに行こう!」も同時開催!
前回はブナの宝庫、飯山はなべくら高原で開催し好評を博しましたが、今回は奥志賀高原。国立公園にも指定され、原生の自然があふれる奥志賀のブナ林をブナハカセ井田先生と森ブラしてみませんか?。
親子観察会となっていますが、お一人様でも参加自由です。

小雨決行。絵本のポストカード(三枚一組)とブナの殻のおみやげがついて参加費500円です。

お問い合せとお申込みはオフィスエム(026-219-2470)もしくはペンションオードヴィー(0269ー34ー2751,ホームページはコチラまで。ぜひお子さんとご参加ください!!

おしりのはっぱ原画展

おしりのはっぱ第2弾-(1)


森フェス2015@菅平高原にオフィスエムで出展!のお知らせ

今週末27日(土)28日(日)に菅平で行われる「信州森フェス2105」に、オフィスエムとして参加します。
例年通り2日間「森の本屋さん」として出展しますが、今年はブナの絵本『おしりのはっぱ』を全面的にプッシュ!
メインステージでも『おしりのはっぱ』読み聞かせの他、beech boys(beachではなく、ブナを意味するbeechですね)と称して、著者の井田さん、絵を描いた史門さんや会場の子どもたちと『はっぱのテーマソング』も演奏します!
屋外ワークショップやおいしいフードブースがたくさんある、自然豊かな信州ならではおすすめイベントです。入場無料(駐車場代500円)。ぜひ、お越しください!

2015
morifest2015-2


端戸信騎『戸隠山九頭龍考』発刊!のお知らせ

9784904570913
  • 戸隠〝九頭龍伝承〟のルーツを辿る。部数限定販売!
  • 端戸信騎 著
  • 装幀:トレモロデザイン

  • 2015年3月29日発行
  • 四六判 230ページ
  • ISBN:978ー4ー904570ー91ー3 C0095
  • 1,400 円(税込価格1,512 円)

金兵直幸 現代アート展「錆っころ」@からこる坐のお知らせ

からこる坐で6月30日(火)から7月12日(日)まで、金兵直幸 現代アート展「錆っころ」を開催します。
金兵さんは北海道南幌町で錆びた鉄や木を素材に創作活動を続ける現代アート作家。家具とも彫刻ともつかない独特でユーモラスな作品が、からこる坐を彩ります。
金兵さんの在廊日もあります。長野では貴重な機会です。ぜひお越しください!

金兵直幸 現代アート展「錆っころ」  
日時:2015.6.30(火)~7.12(日)
作家在廊日(6月30日/7月4日/7月10日〜12日)
時間:12:00~19:00
場所:からこる坐(長野市上千歳町1137ー2アイビーハウス4F)
お問い合せ:090ー4153ー2007(まいまい堂)
入場無料 駐車場なし

錆びっころ
錆っころ裏


「北信濃里山通信vol.21」で『おしりのはっぱ』を紹介&オオルリシジミ親子観察会のお知らせ

『おしりのはっぱ』の著者である井田先生が会長を務める「北信濃の里山を保全活用する会」のニュースレター「北信濃里山通信vol.21」で、絵本を紹介していただきました。井田先生の熱いメッセージに胸が打たれました!
「北信濃の里山を保全活用する会」とは長野県飯山市に拠点を置き、オオルリシジミやカタクリの観察会、カヤ刈などの里山の環境整備など、里山の資源を有効活用した活動を地道に続けている団体です。地味ではありますが(?)こういった単純に自然に触れられる機会こそ、子どもたちに経験してもらいたい!と切に思う昨今です。自然のなかにいるだけで、充分楽しいんですね〜。
通信最新号にも載っていますが、6月21日のオオルリシジミの親子観察会はまだ定員に達していないようなので、ぜひご参加ください!(ちなみに私も小2の娘と馳せ参じる予定です〜)。
「北信濃の里山を保全活用する会」のHPはこちらです→http://kitashinano-neake.com/
kitashinanosatoyama21


たぁくらたぁvol.36夏号発刊!のお知らせ

お待たせしました。たぁくらたぁvol.36夏号がまもなく発刊です。
詳しくコチラをどうぞ〜!

9784904570944


中日新聞で『クボジュンが出会った南信州を彩る伝統野菜』が紹介されました!

先日の信濃毎日新聞書評欄での紹介に引き続き、5月30日付の中日新聞でも『クボジュンが出会った南信州を彩る伝統野菜』(久保田淳子・著)が紹介されました。
南信の書店を中心に、コンスタントにご注文をいただいております。ぜひ、お手に取ってみてください!

中日新聞0530


写真絵本展「アラヤシキの住人たち」@からこる坐のお知らせ

6月6日から長野ロキシー相生座にて封切りになる映画「アラヤシキの住人たち」を記念して、からこる坐で同じく6月6日(土)から21日(日)まで、写真絵本展「アラヤシキの住人たち」を開催します。初日の6日(土)には、19:00から本橋さんのトークイベント(参加費500円)も開催! ぜひお越しください。
「アラヤシキの住人たち」ホームページはコチラ→http://arayashiki-movie.jp/アラヤシキDM表面 アラヤシキDM裏面


10 / 23« First...89101112...20...Last »




TOPへ戻る