HOME » お知らせ»こやまはるこ「この足あとな〜に?」筆文字絵本 原画展@からこる坐のお知らせ

お知らせ

こやまはるこ「この足あとな〜に?」筆文字絵本 原画展@からこる坐のお知らせ

2012年に発刊した『この足あとな~に?』の原画展が6月1日より、からこる坐で始まります。遠藤悦夫さん(原作)と、こやまはるこさん(筆文字アート)のコラボレーションから生まれた、世にも珍しい筆文字絵本(第12回「わたぼうし文学賞」金賞受賞作品)です。

東日本大震災の被災者に春が届くようにと、震災から1年の2011年3月11日に出版された筆文字絵本『この足あとなーに?』。原作者は大阪府藤井寺市在住の遠藤悦夫さん。筆文字は飯山市在住のこやまはるこさん。こやまさんは震災以降、被災地での音楽活動も続けています。

会期中の4日(土)には、こやまはるこさんとパートナーの丸山祐一郎さんによるお楽しみライブもあります。この日は遠藤さんも大阪から駆けつけてくる予定です!ぜひともお越しください。

〈原画展〉
日時:6月1日(水)~6月10日(土)
時間:12:00~19:00
場所:からこる坐(アイビーハウス4階)
入場無料 

〈お楽しみライブ〉
日時:6月4日(土)
時間:18:30〜
場所:からこる坐
チャージ:2,500円(ワンドリンク付)

 

この足あと原画展_uraこの足あと原画展_omote


第2回官足法〝足もみ健康法指導〟開催のお知らせ

先月に引き続き、官足法指導員のアオキタカエさんによる〝足もみ健康法〟指導が
5月31日(火)、アイビーハウス3階「でんでん村」で開かれます!

前回と同じく予約制で、料金は3,500円(初診の方は+1,000円)。
時間は午前11:00、午後12:00、14:00、15:30、17:00の計5回です。
足裏には全身のツボがあり「第2の心臓」と呼ばれています。近ごろ体調が今ひとつ…という方、一度やってみたかったという方、ぜひともこの機会にお試しください。


問い合わせ&連絡先はオフィスエム(026-219-2470)まで。

官足法とは?
血液をきれいにする足もみ健康法です。
足をまんべんなく奥深くもむことで、血液の流れを良くし、自己治癒力を高めます。
いつでもどこでもできて、副作用がなく、効果がでやすいのが特徴です。

アオキタカエ プロフィール
香川県生まれ、信州歴20年。
須坂市にある雑貨店・ヤンネを拠点にパッチワーク雑貨制作やデザインをするかたわら、
2015年に官足法指導員免許を取得。ヤンネの2階で官足法の個人指導や教室を開催中。

ヤンネHP
http://yanne.exblog.jp/

IMGP3758IMGP3752IMGP3763

関連:

大型連休中の営業ご案内

ゴールデンウィークの連休中、勝手ながらオフィスエムでは4月29日(金)〜5月1日(日)、5月3日(火)〜5日(木)の期間、はお休みとさせていただきます。なお、4月29日〜5月1日にご注文頂いた書籍は2日(月)、5月3日〜5日にご注文いただいた書籍は6日(金)の発送となりますので、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

なおアイビーハウス1階、ブックカフェまいまい堂は5月1日(日)を除いて連休中も通常営業(12:00~19:00)します。ぜひお立ち寄りください。

まいまい堂


官足法〝足もみ健康法〟指導@アイビーハウスのお知らせ

〝キッチンでんでん村〟と〝からこる坐〟よりお知らせです。
来週4月26日(火)、官足法指導員のアオキタカエさんによる〝足もみ健康法〟指導が、
午後12時〜17時の間、アイビーハウス3,4階で開かれます!
予約制で料金は、3,500円(初診の方は+1,000円)。
現在12:00と13:00の回が埋まってしまいましたので、
14:00、15:30、17:00の回が空いております。
最近、体調が今ひとつ…という方、一度やってみたかったという方、ぜひともご連絡をお待ちしています。
問い合わせ&連絡先はオフィスエム(026-219-2470)まで、ぜひともご連絡ください。

官足法とは?
血液をきれいにする足もみ健康法です。
足をまんべんなく奥深くもむことで、血液の流れを良くし、自己治癒力を高めます。
いつでもどこでもできて、副作用がなく、効果がでやすいのが特徴です。

アオキタカエ プロフィール
香川県生まれ、信州歴20年。
須坂市にある雑貨店・ヤンネを拠点にパッチワーク雑貨制作やデザインをするかたわら、
2015年に官足法指導員免許を取得。ヤンネの2階で官足法の個人指導や教室を開催中。

ヤンネHP
http://yanne.exblog.jp/

IMGP3758 IMGP3752 IMGP3763


没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展

長野県飯田市に生まれ、晩年は長野市に移住した〝異才の画家〟横井弘三の全貌に迫る展示が、4月17日(日)から6月5日(日)まで、練馬区立美術館で催されます。
http://www.neribun.or.jp/web/01_event/d_museum.cgi?id=10287

おおらかで親しみやすい画風で、庶民に愛された横井弘三の世界にぜひ、触れてみてください。
昨年、小社から発行した『童心芸術家 横井弘三』(横井弘三とオモチャン会 編)も県内外問わず、お問い合せ、ご注文をいただいております。
こちらも併せてチェックしてみください。
http://goo.gl/1NcJrL

横井弘三展omote

横井弘三展ura


アイビーハウス感謝祭!のお知らせ

緊急告知です!!
今週末4月9日(土)に、アイビーハウス感謝祭を開催します!
オフィスエムが、昭和通りに引っ越してきて早3年が経ちました。
ブックカフェまいまい堂」も開店3周年。そして完成したばかりの3階「キッチンでんでん村」のお披露目も併せて、いつも支えてくれているみなさんと、おしゃべりなどできたらいいなと思っています。
キッチンでんでん村では、ささやかながら手作りの料理を用意してお待ちしています。もちろん入場無料。人形劇やヤスミ君のスペシャルライブもありますよ〜。

午後1時から夜にかけて、のんびりと開催していますので、ご都合のよい時間にお出かけください!

アイビーハウス感謝祭DM


東日本大震災から5年。『紙の礫シリーズ』を今後も継続して発刊していきます

東日本大震災から今日で丸5年が経ちました。
改めまして地震による津波で亡くなられた方々に、心よりお悔やみ申しあげます。
同時に、今なお避難生活を余儀なくされている被災者の方が多数いるのにもかかわらず、
原発の再稼働、海外への輸出などの政策に邁進する現政権には、大いに疑問を抱かざるを得ません。

オフィスエムでは2011年6月からアフター3.11出版プロジェクト「紙の礫シリーズ」と題して、『聞いてください〜脱原発への道しるべ』(著・坂田静子)を皮切りに、原発の是非を問う書籍を発刊してきました。
そして今年2016年には、シリーズ第6弾『女たちの戦後70年』(仮)を発刊予定です。
「紙の礫シリーズ」では随時、協賛サポーターも募集しております。
詳しくはこちらをご覧ください。


『あるしてくとvol.3〜信州の建築家とつくる家』信濃毎日新聞書評欄に掲載のお知らせ

『あるしてくとvol.3』が信濃毎日新聞3月6日付朝刊の書評欄でご紹介いただきました。
おかげさまで昨年末の発刊以来、断続的にご注文をいただいています。
未見の方は、ご覧ください。
あるしてくと書評


たぁくらたぁ38号が発刊!

9784866230016
  • 信州発 産直泥つきマガジン最新刊!

     

     

  •  
  • 2016年2月1日発行
  • A5判 76ページ
  • ISBN:978ー4ー86623ー001ー6 C9436
  • 476 円(税込価格514 円)

「スノーモンキータウン・ガイドマップvol.2」発行のお知らせ

長野市から車で約1時間、山ノ内町の湯田中・渋温泉や志賀高原エリアの飲食店や宿泊施設を英語と日本語で紹介する「スノーモンキータウン・ガイドマップvol.2 2016 winter」が先日、発行されました。
山ノ内町を「スノーモンキーの町」としてアピールし、外国人旅行客に町歩きの情報を提供していこうと、湯田中・渋温泉や志賀高原の旅館経営者ら有志約20人が集って創刊号を出したのが1年前。昨年に引き続いてオフィスエムは誌面制作に全面的に関わらせていただきました。

B5判で60ページ。旅館やホテルや観光案内所、ゲストハウスなどに置いてありますので、ぜひお手に取ってみてくださ〜い。

スノモン表紙スノモン1
スノモン3


10 / 26« First...89101112...20...Last »




TOPへ戻る