HOME » 新刊&話題の本-たぁくらたぁ-お知らせ»『たぁくらたぁ』vol.28 発刊します

お知らせ

『たぁくらたぁ』vol.28 発刊します

hyosi
  • 信州産直●泥付きマガジン
    特集
    終わりなき3・11[フクシマ]からの証言

    市民目線でズバっと真実に迫るエッジの利いた雑誌!

  • 『たぁくらたぁ』編集委員会 著
  • 2012年11月22日
  • A5判 72ページ
  • ISBN:ISBN978-4-904570-68-5
  • 476 円(税込価格514 円)

期間限定『あしたの猫』原画展@表参道

関東在住の方へちょっと耳よりなお知らせです。
以前にご紹介しました絵本『あしたの猫』を置いてくださっている原宿表参道の美容院「ヘアサロンジップ」さんで、11月末まで原画展を開催しています。
ホントにありがたいことです。お近くの方はぜひ足をお運び下さい!

詳しく当店長ブログをご覧下さ〜い↓
http://zip.no-blog.jp/komaki/2012/11/inzip_6411.html


NHKラジオ深夜便に渡辺一枝さんが出演します。

小社HPの『一枝通信』でも触れられていますが、NHKラジオ深夜便に作家の渡辺一枝さんが出演されます。
番組では、チベットでの自治独立問題と福島の被災地のことを関連づけてお話いただきました。
日時は、10月22日、23日の早朝4:05〜4:45の40分間です。
番組収録時の様子は『一枝通信』10月12日号をお読みください。


『あしたの猫』が各種メディアで紹介

今月発刊したばかりの絵本『あしたの猫』が、新聞、インターネットのサイト等、各媒体で取り上げられています。その中からほんの一部をご紹介します。

◎作家で脱原発の活動を精力的にされている落合恵子さんご自身のブログ

http://journalofsilentspring.blogspot.jp/

◎10月10日付信濃毎日新聞朝刊

http://www.shinshu-liveon.jp/topics/node_228760

10月22日ねこ経済新聞(インターネットのみ)

http://nekokeizai.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

ぜひとも、ご覧ください。



トップページのヘッダーが新しくなりました!

今日から10月です。
オフィスエムのHPも衣替え気分で心機一転、トップページのヘッダーが新しくなりました。

イラストは絵本『おおまきの唄がきこえる』の作者でおなじみの田之上尚子さん、デザインは数々のエムの書籍の装幀、レイアウトでお世話になりっぱなしのtremolo designの庄村友里さんの鉄壁コラボです。

季節に応じてマイナーチェンジしていく予定ですので、お楽しみに! 

 


29日長野放送で「ネモケン健康講座スペシャル」が放映されます

「人生はピン!ピン!きらり!」、「人生はピン!ピン!きらり!実践DVD」の著者で、いま各地の健康体操講座で大人気の根本賢一先生が長野放送のスペシャル番組に登場します。

しかも、1時間のスペシャル番組。

手軽な運動として愛好者が増えているウオーキング。
その楽しさとともに、体力の維持、病気の予防につながる効果的なウオーキングの方法を根本先生が解説。

自然の中を歩く楽しさもご紹介します。

9月29日(土)14:00~【ネモケン健康講座スペシャル「始めよう!ウオーキングライフ】

お見逃しなく!!

健康維持に!リラックスに!見て楽しい、そしてわかりやすい!
【ネモケンの人生はピン!ピン!きらり実践DVD】好評発売中!!


絵本『あしたの猫』発刊!

10月7日発刊「紙の礫」シリーズ第4弾!の絵本『あしたの猫』(作・絵 遠藤綾乙)のご予約の受付を開始しました。
ご希望の方はお気軽に小社までお問い合わせください!

15歳(当時)の少女が猫の目を通して3・11以後を描いた21世紀の黙示劇──。
この絵本に描かれなかったことを、想像してほしい。
そして親と子が、そのことについて話し合ってほしい。
そこから新しい生き方を探してほしいと願う。(オビ文より)

一匹の猫がいました。

猫は 虫を見つけると 追いかけて

お気に入りの木で 爪を研ぎ
明け方には トリやネズミを 捕って食べました。

すごくあたりまえの毎日の生活が、
ある日突然奪われてしまったとしたら、
すごくあたりまえの毎日の生活が、
どれほど大切だったことか。
一匹の猫にとって〝あした〟とは何だろう。
一緒に考えて欲しいのです。(表紙カバーより)

京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏 推薦
放射能は目に見えない──
若くみずみずしい感性と輝く才能が描いた〝悲しい世界〟(オビ文より)


遠藤綾乙(えんどう・あやを)
1996 年、東京都生まれ。16歳。2歳から7歳までを埼玉県飯能市で、8歳から15歳までを長野県長野市大岡(旧大岡村)で過ごす。
現在、セツ・モードセミナー在学中。


あとがきより

「あしたもまた、幸せな日がくるだろう……」

── そう思いながら、猫は眠りにつきました。

東日本大震災で、多くの人々が様々なボランティア活動をしたり寄付活動をしているのを見て、15 歳の私には、いま何ができるのだろうかと考えました。答えが出るのに時間がかかりましたが、私には絵を描くことしかできないと思い、この絵本を描きました。この絵本を、猫の目線になって読んでもらえたら嬉しいです。ありがとうございました。

◎14ページ 173×205㎜
◎ 定価840円(税込)
◎ ISBN978-4-904570-64-7 C8795


浦里小学校収録・写真集『校庭 木造校舎・信州』

ここ数日、1998年小社発刊の写真集『校庭 木造校舎・信州』に関するお問い合わせを、相次いでいただいております。

今月5日に惜しまれながらも全焼してしまった上田市・浦里小学校の貴重な記録を収めた本書は、当校以外にも、信州の味わい深い木造校舎、全78校が掲載されています。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 


『この足あとな〜に』増刷しました!

お待たせしました! 今年3月発刊以来、全国から注文、お問い合わせをいただき在庫僅少になっていた筆文字絵本『この足あとな〜に?』が異例のスピード増刷です。facebookなどを通じてじわじわと話題となり、今回の増刷に繋がりました。類書のない不思議な味わいがご好評いただいております。

本の内容はこちらをどうぞ。

 


『10代からの「いのち学」』発刊しました。

久々の新刊です!
がん研究に長年、携わってきた信大医学部教授、谷口俊一郎氏の渾身の著作です。
詳細はこちらをご覧下さい。


20 / 26« First...10...1819202122...Last »




TOPへ戻る