HOME » お知らせ»BookCaféまいまい堂オープンのお知らせ!

お知らせ

BookCaféまいまい堂オープンのお知らせ!

2013年明けから、着々と準備をしていた「ブックカフェまいまい堂」が、いよいよ今週末4月13日(土)にグランドオープンします。
営業時間は12時〜19時。日曜定休日(4月14日は営業します)。
ぜひお気軽にお越し下さい!

BookCaféまいまい堂の外観

まいまい堂のロゴイラスト

まいまい堂の周辺マップ


以下、まいまい堂のコンセプトを記した「まいまい白書」。ご一読ください。

まいまい堂は、アイビーハウス(長野市上千歳町1137-2)のシンボルである「螺旋(らせん)階段」からイメージしています。
「螺旋」とは、ドイツ語で「kanonn(カノン)」、フランス語では「escargot(エスカルゴ)」そして日本語では「蝸牛(かたつむり)」を意味しています。
蝸牛には舞々螺(まいまいつぶり)という別名もあります。まいまい堂はそこから命名したものですが、一部の人たちからは「My My堂」とも呼ばれています。

◉まいまい堂は、本を教養主義や教条主義の、あるいは自己啓発や啓蒙のための手立てとは考えておりません。同時に一部の好事家や蔵書家の骨董的偏重とも無縁でありたいと思っています。本来、読書とは孤独を友とする極めて個人的な体験であり、頭脳と内なる精神の交換の場であると考えるからです。

◉まいまい堂は、活字離れや本離れの風潮には憂慮もせず悲嘆もしません。例え本が消えてしまったとしても、それを恐れるものではありません。本もまた社会の合わせ鏡であることを思えば、その現実を受け止めながら、それでも本は読み継がれるであろうし、残る本があると確信しています。

◉まいまい堂は、マーケティングや市場原理のお先棒を担ぐことには与しません。マーケティングや市場原理の好餌とされたときから、本は行き場を無くしてしまいました。従って「売れた」「売れない」といった価値観には「それがどうした!」とだけ応えておきます。

◉まいまい堂は、読みたくない本や嫌いな本が存在することを否定するものではありませんが、読みたくない本や嫌いな本は一冊も置きません。読書とは所詮、嗜好の産物であると考えるからです。

——–いま、本は行き場を無くしています。人もまた行き場を無くしています。まいまい堂は、少しばかりの矜持を貫くことで狭隘な世界から解放された人と本の出会いの場でありたいと考えています。
まいまい堂は、せくことなく、はやることなく、牛歩ならぬ「まい歩戦術」を貫き、ゆっくりじっくり歩いていく所存です。
尽きましては、どうか末長くご贔屓にしていただき、まいまい堂に遊んでいただけたら幸いです。

2013年4月吉日
まいまい堂店主 村石 保


山岳科学ブックレットNo.10『山岳に生きる建築』発刊!

信州大学山岳科学総合研究所の「山・ひと・くらし」ブックレットシリーズ最新刊『山岳に生きる建築』が発刊になりました。記念すべきシリーズ第10巻です。

くわしくはコチラをご覧下さい。


映画「カンタ!ティモール」長野上映のお知らせ

昨年から各所で自主上映されて話題となっていた映画「カンタ!ティモール」がいよいよ長野市でも5月に相生座ロキシーでロードショー上映されるようです。ただいまオフィスエムでも前売り券(一般・高校生・シニア1000円/中学生以下800円)を扱っていますので、お気軽にご連絡ください。
封切り日の5月25日は広田奈津子監督と渡辺一枝さんのトークショーも予定されています!いやぁ楽しみです!


たぁくらたぁ29 春号発刊です!

信州発産直泥つきマガジン、たぁくらたぁ29 春号が発刊になりました。
3.11からちょうど2年、今号もコンパクトながら読み応えのある内容です。
詳しくはコチラまで。


絵本『あしたの猫』原画展のお知らせ!

猫の視点から、福島原発事故を描いた絵本『あしたの猫』の原画展が、まもなく長野市の書店「朝陽館」で開催されます。入場無料。
期間中3月10日には著者遠藤綾乙さんによるミニトーク「作者がかたる『あしたの猫』の世界」も予定されています。

絵本『あしたの猫』原画展
期間:3月8日(金)~3月14日(木)
場所:朝陽館ギャラリー蔵(作者在廊は9日・10日) 

もうすぐ、震災日から2年。
当時16才だった綾乙さんの描く、瑞々しく透明感あふれるパステルの世界を堪能してください。


たぁくらたぁ35春号発刊しました!

お待たせしました。たぁくらたぁ35春号発刊です。
詳しくはコチラをどうぞ〜!

9784904570906


『10代からのいのち学』が信越放送で紹介されます

SBC信越放送1月27日放映の『信州大学放送公開講座』(15時〜15時30分)に『10代からのいのち学』の著者・谷口俊一郎氏が紹介されます。
インタビュアのアナウンサーが谷口先生のがん研究を取材、小社より昨年発刊した『10代からのいのち学』を持って研究室を訪れるという設定です。

どうぞ、ご覧下さい!


新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

以前からお伝えしていましたように、オフィスエムは昨年12月を持ちまして事務所を移転しました。

2013年は心機一転、新しい場所でのスタートになりますが、今後ともご愛顧賜りますようお願い申しあげます。

新住所は下記になります。

〒380-0821 長野市上千歳町1137−2 アイビーハウス
TEL.026-219-2470 FAX.026-219-2472
(HPとメールアドレスは今までと同様です。写真は新社屋のアイビーハウス)



年末年始休業のお知らせ

オフィスエムでは12月29日から1月3日まで年末年始のお休みとさせていただきます。

本年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

休業中にご注文いただきました商品は、1月4日以降の発送となりますのでご了承ください。


SBCスペシャル『歩く旅こそ僕の人生〜バックパッカー加藤則芳』放映のお知らせ

おかげさまでご好評いただいています今年10月に発刊した『信越トレイルと加藤則芳』ですが、その加藤さんの番組が今週、19日水曜の夜7時から長野信越放送のSBCスペシャルで放映されます。

番組HPはコチラ→http://sbc21.co.jp/tv/special/

ロングトレイルを日本国内に紹介した第一人者で、山頂を目指す登山とはひと味違う、自然との親しみ方を紹介してきた加藤さん。番組では、「信越トレイル」の理念の原点となったアメリカのロングトレイルのこと、また、人と自然の理想的な関わり方について加藤さんに迫ります。

近年続いてきた山ブームも、すっかり定着した感がありますが、先日発売された日経トレンディでは、来年のトレンドとして「ロングトレイル」が大ブレイクするとの予測もあるとのことです。

どうぞ、お見逃しなく!!


20 / 27« First...10...1819202122...Last »




TOPへ戻る