HOME » お知らせ»「岡本一道 小諸天地窯40周年展」のお知らせ

お知らせ

「岡本一道 小諸天地窯40周年展」のお知らせ

小諸市在住の陶工、雑誌たぁくらたぁの編集委員(「石油文明から太陽文明へ」を連載)の岡本一道さんの活動40周年を記念した作品展が開かれます。
茶碗や湯飲み、ぐい呑みなどの日常使う陶器をつくっている窯場を公開。
40年前からほとんど変わっていないというシンプルなデザインで頑丈な作品の数々。ぜひお出かけ下さい。

日時:4月26日(木)~4月30日(月)
時間:10:00ー18:00
場所:小諸天地窯(小諸市甲4741−20

岡本さん40thDMomote
岡本さん40thDMura


長野市民新聞で「のぶしなつぶつぶブックレット」の紹介記事

本日の長野市民新聞の第1面に「つぶつぶブックレット」の記事が掲載されました〜!
長野市のまいまい堂、信級の食堂かたつむりで取り扱っています。
のぶしなカンパニーの母体・出版社オフィスエムでは、信級に限らず自分史の本を作るお手伝いをさせて頂いてます。お気軽にご相談ください〜☆

20180412市民新聞記事


『アルフォンス・デーケンの死への準備教育』発刊!

9784866230177
  • 増刷出来!日本人にとって〝死〟とは何か?
  • 「死生学」の提唱者〝アルフォンス・デーケン〟。デーケン哲学の神髄に迫る。増刷出来!

  • 横関祐子 著 (佐久大学看護学部助教)
  • 装幀・石坂淳子(クレエデザイン事務所)

  • 2018年3月4日発行
  • 四六判 264ページ
  • ISBN:978-4-86623-017-7
  • 1,852 円(税込価格2,000 円)

広報すわで『信州の料理人、海を渡る。』が紹介されました

広報すわの4月号「市図書館おすすめの図書」コーナーで、『信州の料理人、海を渡る。』が紹介されています。本の内容はこちらです!→https://goo.gl/veUyiC

 

広報すわ『信州の料理人』


『アルフォンス・デーケンの死への準備教育』が信濃毎日新聞で紹介されました

3月27日付け信濃毎日新聞朝刊に、『アルフォンス・デーケンの死の準備教育』の著者、横関祐子さんが紹介されました。

限定少部数のため、オフィスエムホームページとブックスカフェまいまい堂のみの取り扱いとなっています。内容はこちらをご覧下さい→https://goo.gl/YnHrNB

横関さん信毎記事20180327


たぁくらたぁvol.45夏号発刊!

9784866230191
  • おなじみ信州発産直泥つきマガジン最新号!特集は「種子」と「食」が危ない どうなる?どうする?種子法廃止
  • たぁくらたぁ編集室 
  • 庄村友里/表紙デザイン

  • 2018年6月15日
  • A5判 72ページ
  • ISBN:978ー4ー86623ー019ー1 C9436
  • 476 円(税込価格514 円)

講演会 福島原発事故から7年「被災地・避難者・元原発労働者の今」

お知らせです。
表記の講演会を4月1日(日)に、長野市のふれあい福祉センターにて行います。
ぜひご参加下さい。
18.4.1


ワンデイのぶしな@シネマハウス大塚 開催します!

急遽決定しました「ワンデイのぶしな@シネマハウス大塚」のご案内です!
この4月、東京・大塚に誕生するシネマハウス大塚(のぶしなカンパニー東京支店長・後藤和夫さんが館長を務めます)で、3月15日にグランドオープンプレイベントとして「ワンデイのぶしな」を開催します。
当日はお昼を挟んで午前と午後の二部、シンポジウム形式となります。
信級からは原住民の関口近夫さん、石坂雄一さん、玄米珈琲の植野翔さん、炭盆の浅野知延さん、東京からは全国各地の地域活性化を手掛けるTANSU代表・山口泰志さんに後藤さん、他にも雪深い飯山の古民家で奮闘中の若きホープの大坂楽くん、のぶしなカンパニーからは寺島と鴨林が登壇し、地域活性化、日本の未来などについて熱く?ゆるく??語りますよ〜〜
食堂かたつむり特製「のぶしな弁当」、信級小学校校歌CDブック、信州新町の信級玄米珈琲、炭盆、エゴマ油など、信級にちなんだ物販もあります。手書きのレジュメのようにアナログ感満載のイベントになること間違いなし!平日ではありますが、関東エリアの方、そうじゃない方もぜひお越し下さ〜い。

ワンデイのぶしな@シネマハウス大塚
日時:3月15日(木)
時間:10:00ー18:00
入場料:1、000円(サポーターの方は無料)
場所:シネマハウス大塚(〒170ー0002東京都豊島区巣鴨4−7−4ー101

シネマハウス大塚ホームページhttp://cinemahouseotsuka.com/


たぁくらたぁvol.44発刊!

9784866230160
  • おなじみ産直泥つきマガジン最新刊
  •  著
  • 装丁:庄村友里(tremolo design)

  • 2018年2月15日発行
  • A5判 76ページ
  • ISBN:978ー4ー86623ー016ー0 C9436
  • 476 円(税込価格514 円)

『信州の料理人、海を渡る』で紹介されたお店が、ミシュラン一つ星を獲得!

2月7日付信濃毎日新聞に、昨年11月発刊の『信州の料理人、海を渡る』(大友秀俊著)に登場している東御市出身のシェフ、山岸啓介さんが、2018年のフランス版「ミシュラン」で一つ星を獲得したとの記事が掲載されています。
山岸さんは27歳の時に渡仏、2013年にご自身のお店「エチュード」を構えて今回の獲得となりました。この勢いで『信州の料理人、海を渡る』ももっと海を越えていけ〜!!

ミシュラン記事・山岸啓介 山岸啓介


3 / 2812345...1020...Last »




TOPへ戻る