HOME » お知らせ»小泉なつ代 ドライポイント展「反転する世界」@からこる坐

お知らせ

小泉なつ代 ドライポイント展「反転する世界」@からこる坐

小泉なつ代展「反転する世界」DMオモテ 小泉なつ代展「反転する世界」DMウラ

ベルリン在住の銅版画家・小泉なつ代さんの展示販売会です。
銅版に傷を付けたり引っ掻いたりすることで表現される、独特の作品群をお楽しみ下さい。

小泉なつ代 ドライポイント展「反転する世界」
日付:2017.4.17(土)‐ 5.5(土)
時間:12:00~19:00 pm 入場無料

小泉なつ代プロフィール
長野市出身。女子美術短期大学卒業後、1991、オーストリアに渡りウィーン造形美術大学舞台美術科専攻する。その後、ベルリンで版画に巡り合う。2002年よりベルリン在住。


「のぶしな通信vol.3」発刊!!

のぶしな通信vol.3
フリーペーパー「のぶしな通信」の第3号が3月30日に発刊されました!
4月オープン予定の「のぶしな食堂」厨房工事レポート、善光寺花回廊山里ブース出店をはじめとするイベント案内、新コーナー〝サポーターズ寄り合い広場〟など内容も盛りだくさんです。特集タイトルは「春だ! 里山だ! てんやわんやカンパニー日和」。
サポーターズクラブも随時、会員を募集しています。
うららかな陽気の春の信級に、ぜひお出かけください!

《「のぶしな通信」取扱店》
ブックスカフェまいまい堂、パティオ大門えんがわ、森と水バックパッカーズ、ロジェアターブル、マゼコゼ、朝陽館荻原書店、北長野書店(以上長野市街地エリア)
尾澤酒造場、前澤書店、新町セブンイレブン、道の駅信州新町、さぎり荘、日原郵便局、道の駅大岡特産センター、八十二銀行新町支店、更水医院、麻屋、長野市役所信州新町支所(以上信州新町エリア)


池田ひかり展「懐中夢想装置」@まいまい堂 のお知らせ

池田ひかり展オモテ
こんなモノをポケットに忍ばせておけたら……
そんな夢想から始まったモノ語り——。
真鍮やガラスを素材に言葉と関連させ気持ち
が楽しくなるようなアクセサリーや小物を販売します。

池田ひかり 展
「懐中夢想装置」
12:00~19:00 pm
2017.3.17(金)‐ 4.1(土)

池田 ひかりprofile
1992 年、長野県生まれ
2016 年、金沢美術工芸大学 工芸科 金工専攻卒業
同年、個展「 身につける言葉」を開催

池田ひかり展ウラ

 


深田明弘の木版仕事@からこる坐 のお知らせ

深田明弘の木版仕事DMオモテ

飯綱町在住の版画家・深田明弘さんの展示会です。
深田さんの人柄がにじみ出ている優しいタッチの作品の数々、ご堪能ください。

深田明弘の木版仕事
̶ Feeling Good ̶
12:00~19:00 pm
2017.3.18(土)‐ 4.1(土)

期間中に木版画講習会も開催します!
3月23日(木)16時~18時
参加費3000円+材料費(300円程度)まいまい堂の美味しい珈琲&お菓子付き
彫刻刀をお持ちの方はご持参ください

深田 明弘プロフィール
1963年 福岡県北九州市に生まれる。
1982年 上京。武蔵野美術学園でリトグラフ、銅・木版画を学ぶ。
1986年から2 年間、同学園で版画研究室助手を務める。
1988年 木版画家・北岡文雄氏に師事。制作助手を務めながら
木版画をより専門的に学ぶ。
2005年 自然の中での子育てをするため、長野県飯綱町に移住。
2008年 財団法人・長野県緑の基金より、絵本『太一と夜泣き
松 〈木が伝えてくれる物語1〉』(オフィス・エム)を発刊。

深田明弘の木版仕事DMウラ

関連:

木村紀夫さんのお話を聞く会@トポス

東京電力福島第一原発の事故によって、大熊町から白馬村へ長女とともに避難移住した木村紀夫さん。彼の次女の汐凪ちゃん(当時、小学1年生)は津波で行方不明でした。昨年暮れ、その汐凪ちゃんの遺骨が発見されて、地元紙は1面トップで取り上げ、全国ニュースにもなりました。

木村さんは、『たぁくらたぁ』最新号の連載記事に、遺骨発見の連絡を受けた時のこと書いています。

「喜ぶべきその瞬間に思い浮かんだのは、気づかれずに瓦礫と共にバラバラにされて運ばれる汐凪の姿だった。それはあまりにむごたらしい光景で苦しくなった。
(中略)
原発事故により捜索自体ができない状況になり、2カ月半近くたってやっと行われた自衛隊による捜索も瓦礫の片づけと共にたった2週間で打ち切られ、逆に発見を遅らせる原因にもなった。急ぐ復興の名のもとに、汐凪はそこに取り残されてしまったのだ。」

遺骨発見の報道を見聞きした方たちから、「よかったね」という感想を聞きました。でも、そうであっても、そうではない、のが現実です。木村さんのお話を聞いていただきたいのです。

日時 3月15日(水)午後7時~9時
会場 トポス(小布施町大字小布施1004)
お問い合わせ TEL 090-7213-8006 (竹内)
主催 「飯舘村の母ちゃんたち」を上映する会

なお、主催者が「飯舘村の母ちゃんたち」を上映する会 となっていて、「変だなあ」とお思いになった方もいらっしゃるのでは。実は、5月20日(土)に『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』(古居みずえ監督 2016年作品)の自主上映会を開催するために集まったのが、「上映する会」なのです。福島についてちゃんと知っておきたい、という思いから、上映会の前に3月15日の会を持つことにしました。上映会については、また改めてお知らせいたします。


モンゴル・カザフ音楽コンサート~遊牧の民の調べ@からこる坐

3月上旬、モンゴルの馬頭琴とカザフのドンブラを使った民族音楽ライブが、からこる坐で開かれます。
司会進行は「遊牧民の魅力を伝えたい」と全国各地でコンサートを企画している
NPO法人・北方アジア文化交流センターの「しゃがぁ」理事長の西村幹也氏。
遊牧民の演奏と歌、語りを生で聴ける貴重な機会です。ぜひ、お越し下さい!

日時:3月10日(金)
開場:18:30 開演:19:00
料金:2、000円(2、500円)
場所:からこる坐

翌日11日(土)から30日(金)まで、カザフ刺繍展も開催されます。
モンゴルに暮らす女性たちが、家族への思いを込めて作った装飾品の数々です。
こちらもぜひ足をお運びください。

日時:3月11日(土)〜31日(金)
開場:11:00~17:00
場所:マゼコゼ(日曜・月曜定休)

モンゴル・カザフムジカカザフ装飾展


写真展「門前百景」@からこる坐 開催中

長野灯明祭りの期間にあわせて、長野市街地でカメラマン5人によって撮影された写真を、からこる坐を含む複数の会場で展示します。
期間中、会場によってはワークショップやマーケットも予定しています(からこる坐では予定していません)。
各会場を巡りながら、古い建物が息づく街並みの作品の数々を、ぜひお楽しみください。

日時:2月11日(土)~19日(日)〈日曜日はからこる坐の定休日のため、12、19日はお休みします〉
時間:12:00ー19:00
場所:からこる坐

【会場(展示協力店)】IVY PRODUCTS、1166backpackers、からこる坐、シンカイ、ch.books、ナノグラフィカ、Fil et bijou、ヤマとカワ珈琲店、WANDERLUST
ながの門前まちくらしたてもの案内所HPはこちらです→http://machikurashi.com/

IMG_4876 IMG_4878IMG_4875IMG_4881


たぁくらたぁvol.41 春号発刊!

9784866230078
  • おなじみ産直泥つきマガジン最新号!
    特集 関口鉄夫の仕事 汐凪発見に思ったこと/木村紀夫 他
  •  

     

  • 編・たぁくらたぁ編集室 
  • 表紙デザイン・庄村友里
    ロゴ・森貘郎
    本文デザイン・天地舎

  • 2017年2月10日発行
  • A5判 76ページ
  • ISBN:978ー4ー86623ー007ー8
  • 476 円(税込価格514 円)

臨時休業のお知らせ

勝手ながら1月24日(火)~27日(金)までの4日間、オフィスエムは研修旅行のため、お休みとさせていただきます。(まいまい堂は通常営業しております)
この間にご注文いただいた書籍は翌週30日(月)の発送になりますので、ご了承ください。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
アイビーハウス


のぶしなカンパニー サポーターズクラブ会員 大募集中!

昨年12月に発足した〝のぶしなカンパニーサポーターズクラブ〟の会員をただ今、大募集しております!
見守りサポーター正会員は年会費5000円、賛助会員は一口20000円からとなっております。会員となっていただいた方には、写真の会員証をお送りさせて頂きます。たくさんの入会を、お待ちしています!
15672582_204768063260623_6930733178293629263_n


3 / 2312345...1020...Last »




TOPへ戻る