HOME » ご案内»窪田孟恒の仕事

窪田孟恒の仕事


あんず染め・絵絣の世界<更級花織工房から>
村石 保/編

装幀:酒井隆志
写真:和田博

1999年12月14日発行
A5判・120ページ
本体価格1,800円+税(税込1,944円)
ISBN4-900918-27-X C0072



★著者プロフィール

ひとひらの命を染め、樹霊を織る
あんず染織り作家・窪田孟恒の絵絣〈揺らぎ〉の造形美

日本一の杏の里、信州・更埴市で、一人静かに杏の命を絵絣に染め織りつづける窪田孟恒さん。杏に学び、糸に力を授かりながら、ひとつひとつ生み出される新たな命。全国にファンをもつ窪田孟恒の仕事を、美しい杏の里の四季とともに追い続けた写真ムック。

もくじ

花影の章
あんずの里〈更埴市森〉の四季を背景に作品(着物/帯/タペストリー等)を紹介

樹影の章
型紙作りから織りに至る窪田孟恒の全仕事の行程
【型紙】図案・型紙の作成/種糸台に種糸を張る/絵刷り/補正・耳付
【括り】糸の整経/仮括り/括り
【染め】絣用糸の下準備/染液を煮出す/染色/括りを外す
【織り】製織

エッセイ
山根基世(NHKアナウンサー)/森貘郎(板画家)/窪田紘子

残影の章
あんず染め〈絵絣〉の究極の美とデッサン
Sketch Book/白という多彩/絵絣の美

浮影の章
作家の原点〈故郷〉を語った「千曲川のほとりにて 少年時代へ」

★著者プロフィール

窪田孟恒(くぼたたけつね)

機織り窪田

1941年 長野県更埴市に生まれる。
1962年 二科展デザイン部門に入選。
1964年 二科展デザイン部門に入選。
1965年 東洋美術学校(グラフィックデザイン科)卒業。Y.K.K.入社(デザイン担当)。
1968年 『絵絣』(三採社)を読み、著者の織田秀雄(織物研究家)に師事。
1969年 東京クラフトデザイン研究所講師となる。
1971年 宮坂博文(テキスタイルデザイナー)に師事。
1972年 モダンデザイン展に入選。
1976年 あんずの里、長野県更埴市(現・千曲市)倉科に「更級花織工房」を設立。
1988年 長野市にて初個展、以後、東京、鎌倉、浦和、松山、千葉等で個展(あんず染絣展)を開催。
1993年 第一美術協会優秀賞を受賞。
1994年 長野県染織作家協会大賞を受賞。横浜シルクフェア入選。
1997年 長野県染織作家協会代表を務める(~98)。
現 在  染織作家協会会員

関連:

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る