HOME » 一枝通信»2015年11月23日号「辺野古からの情報とお知らせ」

2015年11月23日号「辺野古からの情報とお知らせ」


◎【辺野古からの報告 001 ゲート前完全封鎖】
ぜひ、皆様に読んでいただきたい沖縄情報です。
この「一枝通信」で再々お伝えしていますが、[信州発]産直泥つきマガジン『たぁくらたぁ』という雑誌があります。
雑誌本体もぜひお読みいただきたいですが、web版での【辺野古からの報告】をぜひとも読んでいただきたく、添付でお送りします。
大手メディアからは伝わってこない、辺野古からの生々しい情報です。
どうぞ、お読みいただきたく願っています。
添付の『web版 たぁくらたぁ』が開けない場合は、お手数ですがクリックしてください。http://o-emu.net/tarkuratar/
この記事を書いている浅井大希さんは、『たぁくらたぁ』本誌にも沖縄情報を連載しています。
本誌ご希望の方は、下記にお申し込みください。
TEL:026-219-2470  FAX:026-219-2472  e-mail:order@o-emu.net

◎お勧めしたい映画
昨日21日から、ポレポレ東中野で公開されている映画「放射線を浴びたX年後 2」を、ご覧いただきたくご紹介します。
これは3年前に公開された映画、「放射能を浴びたX年後」の第2弾として製作されたものです。
前作では、封印されていたビキニ事件の真相を追った丹念な取材で、衝撃の事実が明らかにされました。
そして、「2012年度キネマ旬報ベストテン文化映画部門」「平成27年度日本記者クラブ賞特別賞」など数々を受賞しました。
第2弾「X年後2」の製作は、高知県室戸市で前作を見た女性が抱いた疑問、「私の父は、なぜ死んだのか?」から始まりました。
半世紀前にマグロ漁船員だった父の、若過ぎる死に疑問を持った川口美砂さんは東京から故郷の室戸へ通い、元漁師やその家族たちに証言を求め、ビキニ環礁での水爆実験による被曝の傷跡を、明らかにしていきます。
東京電力福島第一発電所の事故後「ただちに健康に影響はありません」と繰り返されてきた2011年からX年後の状況を描いています。
たくさんの人に見て欲しい映画です。
上映期間中トークイベントが多数開催される予定です。
詳細はポレポレ東中野HPでご覧ください。 www.mmjp.or.jp/pore2/
11月7日(土)からは「愛媛シネマサンシャイン大街道」でも公開されます。

images

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る