HOME » 秘蔵・善光寺の本 その1»善光寺関連の古書 1

秘蔵・善光寺の本 その1

善光寺関連の古書 1

2009年春は、七年に一度の善光寺御開帳です。
今では大変貴重になっている善光寺関連の古書をご案内します。


『善光寺繁盛記全三巻
明治高遠藩出身の南画家であり、長野県官僚だった長尾無墨が明治十年末にまとめたもの。参詣者や商売の様子、門前町の風俗などを活写。
【番号09001
著者/長尾無墨編
判型/158ミリ×234ミリ
和綴じ・函入り
発行/長野書林
発行日/明治11年9月25日
価格/60,000 円

弘化四年 善光寺大地震
弘化四年、御開帳の善光寺を突如襲った善光寺地震。この地震のすさまじさを当時描かれた絵とともに記録。巻末に善光寺平一帯の被害状況を表した複製地図を収録している。
【番号09002
信濃毎日新聞社編
判型/B5判
和綴じ クロスケース
頁数/240頁
発行/信濃毎日新聞社
発行日/昭和52年9月25日
価格/8,000円

善光寺絵詞伝
平成9年の御開帳を記念して善光寺から出版された善光寺縁起。
画帖仕立てで善光寺の寺紋立葵をあしらった台紙に、縁起の物語と絵を貼った豪華装丁本。
【番号09003
判型/333ミリ×255ミリ 画帖仕立て
発行/善光寺事務局
発行日/平成9年4月
価格/8,000 円

善光寺名所圖會
本堂、大勧進、大本願など善光寺境内の事跡を紹介した明治期の詳細ガイド。貴重な往時の写真も掲載。
【番号09004
著者/石倉重継
判型/A5判変形 和綴じ 函入り
発行/長野書林
発行日/明治36年9月15日
価格/10,000 円

三國伝来 善光寺如来縁起』全5巻 付・善光寺如来略縁起
室町期に成立した応安・応永の古縁起の内容を正確に伝える元禄五年版善光寺縁起。安政六年の再版。
【番号09005
著者/葉山之隠士、菱屋孫兵衛他
判型/菊判 和綴じ 美本 元題箋付き
発行/雲水堂
発行日/元禄5年発行 安政6年9月再版
価格/78,000 円

善光寺如来縁起元禄5年版  〈再入荷
元禄5年版善光寺如来縁起を分かりやすい活字にして、口語訳を付け、解説を付けた初の翻刻。
【番号09006
著者/小林一郎
判型/A5版上製 函入り
頁数/253頁
発行/銀河書房
発行日/昭和60年3月1日
価格/2,500 円

信濃・善光寺秘儀 堂童子
善光寺の年越し行事を務める堂童子をモノクロ写真で追う。
【番号09007
写真/滝沢恒夫 解説/米山一政
判型/A5判 上製
頁数/119頁
発行/自文社
発行日/昭和57年4月8日
価格/3,500円

信濃路 第39号特集・信州の美と宝 ②善光寺平
雑誌『信濃路』の善光寺特集号。
【番号09008
判型/B5判
頁数/232頁 ムック
発行/信濃路出版
発行日/昭和57年8月10日
価格/ 2,000円

善光寺本坊・大本願 天井画集
平成8年に落慶した大本願本誓殿の渡り廊下に描かれた天井絵をまとめた一冊
【番号09009
著者/岡 信孝
判型/B5判変形
頁数/120頁 上製
発行/美術年鑑社
発行日/平成9年4月15日
価格/1,200円


探訪善光寺 その歴史と如来の不思議〈再入荷
善光寺成立の過程と伝説を実像で追う。
【番号09010
著者/伊藤博文・糟谷雅章
判型/140ミリ×150ミリ
頁数/350頁
発行/きょうど出版社
発行日/昭和62年5月23日
価格/1,000 円

善光寺の精進料理
行事で使う伝統料理と宿坊で供される精進料理を季節ごとに紹介。
【番号09011
監修/若麻績侑孝 解説/高野悦子 解説・料理/若麻績勝子
判型/B5判 上製オールカラー
発行/信濃毎日新聞社
発行日/昭和59年7月1日
価格/4,000 円

善光寺さん
善光寺入門書。
【番号09012
著者/小林計一郎
判型/B6版
頁数/296頁
発行/銀河書房
発行日/昭和48年3月5日
価格/650 円

善光寺いろはにほへと
善光寺あれこれ講座初級編
【番号09013
著者/宮坂勝彦
判型/A5判 上製
頁数/224頁
発行/日本文化社
発行日/平成3年4月26日
価格/1,500円

ご注文・お問い合わせはこちらまで。