HOME » 読んで楽しむ古典落語の世界2»読んで楽しむ古典落語の世界2

読んで楽しむ古典落語の世界2

読んで楽しむ古典落語の世界2

著名な文芸評論家や噺家自身による藝人・落語論。

◎矢野誠一の本


「さらば、愛しき藝人たち」
【番号】RK-011
著者/矢野誠一
判型・製本/四六判・並製本
頁数/232頁
発行日/昭和60年12月25日
発行所/文藝春秋
オビ/かわいい女と14人のフシギな野郎ども
価格/1000円


「圓生とパンダが死んだ」
【番号】RK-012
著者/矢野誠一
判型・製本/四六判・上製本
頁数/248頁
発行日/平成5年11月30日
発行所/青蛙房
オビ/心やさしきひとたちの心あたらまるエピソード
価格/1200円


「落語は物語を捨てられるか」
【番号】RK-013
著者/矢野誠一
判型・製本/四六判・上製本
頁数/324頁
発行日/平成3年10月30日
発行所/新しい芸能研究室(発行人:小沢昭一)
オビ/落語が好き、芝居が好き、街が好き。
価格/1000円


「笑わせる側の人生」
【番号】RK-014
著者/矢野誠一
判型・製本/四六判・上製本
頁数/200頁
発行日/平成17年12月20日
発行所/青蛙房
オビ/笑わせて藝人わきで泣きっ面
価格/1200円


「落語食譜」
【番号】RK-015
著者/矢野誠一
判型・製本/四六判・並製本
頁数/308頁
発行日/平成4年6月20日
発行所/青蛙房
価格/1300円

◎安藤鶴夫の本


「名作聞書<落語と講談>」(上)(下)
【番号】RK-016
著者/安藤鶴夫
判型・製本/新書判・並製本
頁数/214頁(上)/200頁(下)
発行日/昭和30年7月15日 2刷(上)/昭和30年8月15日 1刷
 (下)
発行所/読売新聞社
価格/1000円(上下2巻)


「寄席はるあき」
【番号】RK-017
著者/安藤鶴夫
カメラ/金子 弘
判型・製本/四六判・上製本
頁数/406頁(下)
発行日/昭和43年8月15日
発行所/東京美術
価格/3000円

◎小島貞二の本


「落語三百年 江戸の巻」
【番号】RK-018

編者/小島貞二
判型・製本/四六版・並製本
頁数/216頁
発行日/昭和54年1月30日(1刷)
発行所/毎日新聞社
価格/450円


「定本 艶笑落語」
【番号】RK-019
編者/小島貞二・能見正比古
判型・製本/四六版・上製本(函入)
頁数/400頁
発行日/昭和46年4月1日(2刷)
発行所/河出書房新社
価格/800円

◎寄席・演芸の世界


「<小沢昭一がめぐる>寄席の世界」
【番号】RK-020
著者/小沢昭一
判型・製本/四六判・上製本
頁数/280頁
発行日/平成16年11月30日 (1刷)
発行所/朝日新聞社
オビ/「寄席」という私のふるさとを心ゆくまで歩いてみました。話し相手は12人。落語、浪曲、漫才、講談、お囃子……。こんなにも面白く、こんなにも奥深い世界。
価格/900円


「江戸の笑い」
【番号】RK-021
著者/加太こうじ
判型・製本/四六判・上製本
頁数/256頁
発行日/平成4年
発行所/廣済堂出版
オビ/堅苦しい論文ではない。笑いと共に暇をつぶせることを目的とした本である。
価格/1000円


「嗚呼、懐かしの金語楼」
【番号】RK-022
著者/山下 武
判型・製本/四六判・並製本
頁数/272頁
発行日/平成12年10月13日(1刷)
発行所/小学館
オビ/噺家・喜劇役者・俳優・作家……六つの顔を持つ天才芸人。その一生はそのまま笑いの昭和史でもある。
価格/1000円


「わが愛しの芸人たち」
【番号】RK-023
著者/吉川 潮
判型・製本/四六判・並製本
頁数/272頁
発行日/平成12年10月13日(1刷)
発行所/小学館
オビ/落語、漫才、コメディー、吉本新喜劇、音曲、浪曲、講談、声帯模写……放送作家時代から追いかけた、総勢40余人への思い入れの総決算。
価格/900円


「わが師。桂文楽」
【番号】RK-024
著者/柳家小満ん
判型・製本/四六版・上製本
頁数/240頁
発行日/平成17年11月10日(2刷)
発行所/平凡社
オビ/名人の素顔
価格/1000円


「十代文治 噺家のかたち」
【番号】RK-025
著者/桂 文治
判型・製本/四六版・上製本
頁数/228頁
発行日/平成13年12月10日(1刷)
発行所/うなぎ書房
オビ/どうぞお構いなく
価格/1400円


「落語家論」
【番号】RK-026
著者/柳家小三治
判型・製本/四六版・上製本
頁数/298頁
発行日/平成13年7月1日(1刷)
発行所/新しい芸能研究室
発行人/小沢昭一
オビ/さらけ出す愉快。これでも気兼ねしながら書いたのかよ、とおっしゃるかもしれませんが、そうなんです。これでも気兼ねをしながら書いたのです。
価格/1200円


「落語大阪弁講座」
【番号】RK-027

著者/小佐田定雄
判型・製本/四六版・上製本
頁数/280頁
発行日/平成14年11月14日(1刷)
発行所/平凡社
価格/1000円


「ヨイショ志ん駒一代」
【番号】RK-028

著者/古今亭志ん駒
判型・製本/四六版・上製本
頁数/256頁
発行日/平成14年11月12日(1刷)
発行所/うなぎ書房
オビ/ヨッ、すごいツ。師匠志ん生、馬生、志ん朝との出会いと別れ、芸は三流食いものは一流ヨイショ六段 古今亭志ん駒爆笑一代 ヨイショ二十一カ条も特別伝授。
価格/1300円


「まくらは落語をすくえるか」
【番号】RK-029
著者/澤田一矢
判型・製本/四六版・上製本
頁数/298頁
発行日/平成13年7月1日(1刷)
発行所/筑摩書房
オビ/落語家のセンスが自在に生きる「まくら」こそ、古典落語に新しい血をふきこむ切り札ではないのか。(中略)舌先三寸、時代を斬る肉声を待望するもう一つの現代落語論。
価格/900円


「落語聴上手」
【番号】RK-030

著者/飯島友治
判型・製本/四六版・上製本
頁数/194頁
発行日/平成3年11月20日(1刷)
発行所/筑摩書房
価格/1000円


「講談師ただいま24人」
【番号】RK-031

著者/一龍斎貞鳳
判型・製本/四六判・上製本(函入)
頁数/320頁
発行日/1992年
発行所/朝日新聞社
価格/1000円


「落語鑑賞学入門」
【番号】RK-032

監修/小山觀翁
判型・製本/19.8センチ×22.6センチ・上製本
頁数/142頁
発行日/平成2年10月10日(1刷)
発行所/弘文出版*蔵書印あり
価格/1000円


「全身落語家読本」
【番号】RK-033

著者/立川志らく
判型・製本/四六版・新潮選書
頁数/286頁
発行日/2005年11月10日(2刷)
発行所/新潮社
価格/900円


「べけんや わが師、桂文楽」
【番号】RK-034
著者/柳家小満ん
判型・製本/文庫版
頁数/258頁
発行日/平成17年9月20日(1刷)
発行所/河出文庫
オビ/「待ってました、黒門町!」男も惚れる粋な男、桂文楽の芸と素顔
価格/400円


「落語と私」
【番号】RK-035
著者/桂米朝
判型・製本/文庫版
頁数/224頁
発行日/平成2年9月30日(2刷)
発行所/文春文庫
オビ/サゲの効果、しぐさと視線、寄席の内幕など人間国宝の落語家がやさしく語る落語のすべて
価格/250円