HOME » ギリシア哲学その他»ギリシア哲学・哲学史他

ギリシア哲学その他

ギリシア哲学・哲学史他

ギリシア哲学他、カント、ヘーゲル以外の哲学本をまとめて17冊ご紹介します。


『コペルニクス的転回の哲学』
[番号]PHO-01
著者/瀬戸一夫
判型/A5判
頁数/236頁
発行年/平成13年 初版 帯 美本
発行所/勁草書房
価格/2,500円
*帯より
それでも大地は動いていない。
万有引力を超え、加速度的に増殖しつづける社会=大地。「転回」の真相に迫っていたドイツ観念論の巨頭たち。その歩みを跡付け、錯綜する近代と言説の彼方へと忘却された「転回」の謎を、いま、はじめて解き明かす。


『西洋近世哲學史稿』 上下巻
[番号]PHO-02
著者/九鬼周造
判型/A5判
頁数/340頁+406頁
発行年/昭和42年 函
発行所/岩波書店
価格/3,000円
*目次より
◎第Ⅰ篇 ヘーゲル研究史から見た古代ギリシア哲学問題 ◎第Ⅱ編 思弁哲学の源泉 ◎第Ⅲ編 ヘーゲルの新プラトン主義理解


『後期ギリシア哲学者資料集』
[番号]PHO-03
訳編者/山本光雄 戸塚七郎
判型/A5判
頁数/189頁
発行年/昭和63年 函 美本
発行所/岩波書店
価格/3,000円
*目次より
Ⅰ 小ソクラテス派 Ⅱ プラトン以後のアカデメイア Ⅲ ペリパトス派 Ⅳ 古期懐疑派 Ⅴ エピクロス


『社会哲学の原像ールカーチと〈知〉の世紀末』
[番号]PHO-04
著者/石塚省三
判型/A5判
頁数/382頁
発行年/平成18年 初版 美本
発行所/世界書院
価格/2,800円
*目次より
◎第一章 『歴史と階級意識』に於ける「危機意識」の把握 ◎第二章 『歴史と階級意識』に於ける「合理化」の把握 ◎第三章 『歴史と階級意識』と知識社会学


『ギリシア哲学史』
[番号]PHO-05
著者/加藤信朗
判型/A5判
頁数/280頁
発行年/平成13年 美本
発行所/東京大学出版会
価格/1,800円
*目次より
◎序章 古典ギリシア哲学の成立 ◎第一章 初期自然学の誕生 ◎第二章 パルメニデスとパルメニデス以後の人々 ◎第三章 ソクラテスetc


『初期ギリシア哲学者断片集』
[番号]PHO-06
訳編者/山本光雄
判型/A5判
頁数/154頁
発行年/平成15年 函 美本
発行所/岩波書店
価格/2,000円
*目次より
1古期オルペウスの徒 2ヘシオドス 3ペレキュデス 4七賢人 5タレス 6アナクシマンドロスetc


『プラトンと反遠近法』
[番号]PHO-07
著者/神崎繁
判型/A5判
頁数/244頁
発行年/平成12年 帯 美本
発行所/新書館
価格/2,000円
*帯より
世界が見えるとはどういうことかー思想史を博捜して現代思想の核心に迫る


『シェリングーポスト「私」の哲学』
[番号]PHO-08
著者/高山守
判型/四六判
頁数/243頁
発行年/平成8年 初版 美本
発行所/理想社
価格/1,500円
*目次より
◎第一部 人間と永遠 ◎第二部 有限な人間 ◎第三部 「永遠」への回帰


『フィヒテからシェリングへ』
[番号]PHO-09
著者/ラインハル・ラウト
訳者/隈元忠敬
判型/A5判
頁数/230頁
発行年/昭和57年 初版 函少ヤケ 本体美本
発行所/似文社
価格/3,800円
*目次より
1哲学を体系をめぐる哲学的論争の第一段階 2自然哲学と先験哲学およびその相互関係に関する哲学的論争の第二段階etc


『近世哲学思想研究』
[番号]PHO-010
著者/松浦一郎
判型/A5判
頁数/210頁
発行年/昭和50年 初版 函と本体シミあり
発行所/風媒社
価格/2,500円
*目次より
◎第一章 cogito,ergo sumについてー自己認識の構造 ◎第二章 libertismeについてーデカルト哲学の基本原理 ◎第三章 dubito, ergo deus est.についてー神認識の問題 ◎第四章 causa suiについてー結論


『デカルト形而上学の成立』
[番号]PHO-011
著者/村上勝三
判型/A5判
頁数/298頁
発行年/平成2年 函 美本
発行所/勁草書房
価格/10,000円
*帯より
デカルト哲学の核心を「観念論」と捉え、4つの書簡から『省察』までを追う。通説を斥け、批判の刃を撥ね返す〈鉄壁のデカルト〉。


『プラトンと政治』
[番号]PHO-012
著者/佐々木毅
判型/A5判
頁数/446頁
発行年/平成13年 帯 美本 背ヤケ
発行所/東京大学出版会
価格/5,000円
*目次より
◎第一章 ギリシアにおける政治観の展開 ◎第二章 若きプラトンと政治の世界 ◎『ポリティア』 ◎第四章 宇宙・歴史・ポリス ◎第五章 『ノモイ』


『フランス・ルネサンス文芸思潮序説』
[番号]PHO-013
著者/渡辺一夫
判型/A5判
頁数/166頁
発行年/平成10年 函 美本
発行所/岩波書店
価格/2,500円
*序文より
本書は“フランス・ルネサンス文芸思潮序説”と題した全くのIntorduction(序説)だと信じている。もっと精到な“序説”と博大な“本論”とが、いずれ有為な人々の手によって書かれることを、心から希っている。


『ハイデッガー』 新装版
[番号]PHO-014
著者/近藤洋逸 好並英司
判型/四六判
頁数/312頁
発行年/平成9年 帯 美本
発行所/勁草書房
価格/1,500円
*帯より
『存在と時間』およびそれ以後のハイデッガーの歩みを全体的視野のうちに捉える。〈現存在〉から〈存在〉へ、そして哲学の解体へ。


『キェルケゴール篇 キリスト教古典叢書 第十・十一巻』
[番号]PHO-015
訳者/大谷長
判型/A5判
頁数/474頁+514頁
発行年/昭和34年 函 書き込み有り
発行所/新教出版社
価格/8,000円
*第十巻目次より
◎第一部 キリスト教の真理に関する客観的問題 ◎第二部 主体的問題、キリスト教の審理に対する主体の関係、或いは、キリスト者に成るということ


『初期ギリシア哲学』
[番号]PHO-016
著者/バーネット
訳/西川亮
判型/A5判
頁数/560頁
発行年/昭和50年 初版 函 シミ若干有り
発行所/似文社
価格/12,000円
*目次より
◎第1章 ミレトス学派 ◎第2章 学問と宗教 ◎第3章エプェソスとヘラクレイトス ◎第4章 エレアのパルメニデス他


『論理学概論』
[番号]PHO-017
著者/近藤洋逸 好並英司
判型/A5判
頁数/296頁
発行年/平成14年 函 美本
発行所/岩波書店
価格/2,000円
*目次より
◎第1部 名辞 命題 ◎第2部 推理 ◎第3部 科学の構造と方法