HOME » 山崎書店の本棚-鉄道書»D51から長野電鉄まで

鉄道書

D51から長野電鉄まで

D51から新幹線、信州の鉄道まで。写真集を中心に社史、図面設計書まで!古書を18点ほどご紹介。


『BLACK BEAUTY 蒸気機関車写真集』
[番号] DKI-001
著/村樫四郎・長谷川進吾他
判型・製本/A4判
ページ数/84ページ
発行日/昭和46年 初版
発行所/誠文堂新光社
価格/750円
*朝日を浴びて走る蒸気機関車 野や山をかけ走る蒸気機関車 …(中略)私たちはこんな蒸気機関車をもとめ、また、表現したいとおもった(まえがきより)


『栄光への蒸気機関車』
[番号] DKI-002
編/奥村芳太郎
判型・製本/280㎜×220㎜
ページ数/254ページ
発行日/昭和46年 初版 函
発行所/毎日新聞社
価格/5,000円
*明治5年の鉄道開通から日本の鉄路を走った蒸気機関車は350余形式。その土地の地形や情勢で新しい形式が次々に生まれそして消えていった…(本文より)


『D51 木曽路をゆく』
[番号] DKI-003
編/大橋茂昭他
判型・製本/大型本(310㎜×300㎜)
ページ数/100ページ
発行日/昭和46年 第二版
発行者/木曽福島機関区機関車乗務員
価格/2,000円
*冬の木曽路…雪の中を走る蒸気機関車ほど、美しいものはない。黒と白が織りなす調和はD51をいっそう、ひきたてる…(本文より)


『汽車の詩』 上川庄二郎写真集
[番号] DKI-004
編/上川庄二郎
判型・製本/A4版
ページ数/174ページ
発行日/昭和45年 初版 函 破れページあり
発行所/コーベブックス
価格/1,000円
*明治5年の鉄道開通から日本の鉄路を走った蒸気機関車は350余形式。その土地の地形や情勢で新しい形式が次々に生まれそして消えていった…(本文より)


『遠い日のSLの記憶』 阪田収写真集
[番号] DKI-005
編/阪田収
判型・製本/220㎜×204㎜
ページ数/84ページ
発行日/平成20年
発行所/幻冬舎ルネッサンス
価格/1,000円
*貨物車も客車もいいけれど、汽車が吐き出す煙がいい。もくもく吐き出す煙が生きている。その辺りの自然も活き活きとしているーたかき・まもる 詩人(帯より)


 

『永遠の蒸気機関車』
[番号] DKI-006
判型・製本/260㎜×260㎜
ページ数/84ページ
発行日/昭和46年
発行所/彰文社
価格/2,500円
*カラー口絵○わが心の蒸気機関車ー四季をゆく/グラビア口絵○日本の蒸気機関車12選/特集 蒸気機関車の王者C62 他(目次より)


『日本国有鉄道 蒸気機関車設計図面集』
[番号] DKI-007
監修/日本国有鉄道車両設計事務所
判型・製本/A4版
ページ数/120ページ
発行日/昭和51年 初版 函 美本
発行所/原書房
価格/18,000円
*このたび明治初期からの蒸気機関車のほとんどすべてにわたる代表的なものの詳細な図面集が刊行されると聞いて、心から喜ばしく思ったのである…(まえがきより)


『長野電鉄80年のあゆみ』
[番号] DKI-008
判型・製本/A4版
ページ数/298ページ
発行日/平成12年 初版 函 美本
発行所/長野電鉄株式会社
価格/5,000円
*「光陰矢のごとし」とは申せ、この20年間は社会全般はもとより、当社にとってもまさに変転めまぐるしい激動の時期でありました。小誌はその概要について忠実に足跡をたどり、平易な表現で読みやすい社史にと努めました…(あとがきより)


『写真集 信州の鉄道その百年』
[番号] DKI-009
監修/長野鉄道管理局
判型・製本/270㎜×200㎜
ページ数/146ページ
発行日/昭和49年 初版 函(スレ有り)
発行所/信濃路
価格/4,500円
*山あいを力強く走る蒸気機関車の姿は、かつての文明のシンボルであり、一幅の絵画でもあった。鉄道が新しい時代を迎えつつある今日、「信州の鉄道」を主題とした写真集を手にし、その百年の歩みを眺めることが出来るのは、まことに意義が深い。(序文より)


『信州の鉄道物語』
[番号] DKI-010
編者/信濃毎日新聞社
判型・製本/A5判
ページ数/338ページ
発行日/昭和62年 初版
発行所/信濃毎日新聞社
価格/3,800円
*信州の鉄道の歩みを一つにまとめた本書が刊行される意義は決して小さくない。これまでこの種の企画が待望されつつも容易に実現されなかったことは、鉄道に深い関心を抱くものにとっては残念なことであった。(あとがきより)


『長鉄局二十年史』『長鉄局三十年史』 2冊セット
[番号] DKI-011
編者/長野鉄道管理局
判型・製本/A4判
ページ数/704ページ(二十年史)380ページ(三十年史)
発行日/昭和46年(二十年史)55年(三十年史)初版 函(二冊とも)
発行所/長野鉄道管理局
価格/30,000円→20,000
*思えば開局以来、近代化への道を一途に歩み続けてきた長鉄局でありましたが、昭和45年頃を境として、歴史的ともいうべき大きな基調の変化に直面してきました。すなわち、中央西線、篠ノ井線の電化をはじめとして…(序文より)


『100年の国鉄車両』
[番号] DKI-012
編者/日本国有鉄道
判型・製本/B5判
ページ数/494ページ
発行日/昭和49年 初版 三方シミあり
発行所/交友社
価格/10,000円
*鉄道車両技術は日進月歩して止まることを知りません…今回一世紀にわたって国鉄で働いたことのある車両の記録をみて、先人の労苦に心から敬意を表するとともに技術発達史的にみても価値がある本書が…(序文より)


『JR全線全駅 第三セクター収録』
[番号] DKI-013
編者/遠藤法利
判型・製本/B5判
ページ数/640ページ
発行日/平成6年
発行所/弘済出版社
価格/2,000円
*すべての路線、すべての駅が、これ一冊でわかる駅の百科事典


『素晴らしき鉄道旅行』 JR東日本 沿線車窓ガイド 別冊資料集付き
[番号] DKI-014
判型・製本/A4判
ページ数/206ページ
発行日/昭和63年 函
発行所/弘済出版社
価格/5,000円
* JR東日本を走る特急列車の、車窓に展開する沿線の風景を写真とテキストで徹底ガイド。


『鉄道博物誌』  栄光の記念物78
[番号] DKI-015
編集/鉄道記念物研究会
判型・製本/A4判
ページ数/158ページ
発行日/昭和58年 函
発行所/善本社
価格/3,500円

* いま、鉄道は一つの過渡期を迎えようとしています。しかし、鉄道は永遠であります。その永遠の姿を次の世代へ、来る二十一世紀へのかけがえのない記念物として、本書が広く江湖に渡り、これらがさらに親しまれることを念願するものであります。(まえがきより)


『旅と鉄道NO.34』  汽車旅東海道五十三次
[番号] DKI-016
判型・製本/A4判
ページ数/142ページ
発行日/昭和55年
発行所/鉄道ジャーナル社
価格/400円
○東海道鉄道名所八景○現代東海道中膝栗毛○ものがたり東海道本線○新風土紀行 琵琶湖(目次より)


『新幹線大カタログ』
[番号] DKI-017
判型・製本/A4判
ページ数/160ページ
発行日/昭和59年
発行所/日本交通公社
価格/1,500円
*運転席、保線、車両製作……、全現場レポート 車窓2000km 、地図と写真の視覚ガイド


『復刻版 日本国有鉄道百年写真史 追録/その後の15年』
[番号] DKI-018
判型・製本/260㎜×270㎜
ページ数/482ページ
発行日/昭和62年
発行所/交通協力会
価格/15,000円
*この写真史刊行は国鉄100年記念事業としてまことにふさわしいものである。その一葉、一葉に先人の偉業、労苦を偲び、明治、大正、昭和の三代にわたる国鉄の足跡をたどれば、これを継承したわれわれの責任の重大さに改めて身のしまる思いを禁じ得ないのである。(まえがきより)


『汽車映画ノスタルジア』
【番号】DKI-019
著者/佐々木徹雄 畑暉男 三木宮彦
頁数/304頁
判型・製本/B5判
発行日/平成17年(初版 オビ)
発行所/展望社
価格/3,000円
*遠い記憶を呼びさますかのように、スクリーンの向こうから、あの懐かしい汽笛が聞こえてくる。(オビ)