HOME » お知らせ»絵本『ゆきんこのたび』写真集『ふるさと飯山線』他、オフィスエムの〝冬を感じる本〟をご紹介!

絵本『ゆきんこのたび』写真集『ふるさと飯山線』他、オフィスエムの〝冬を感じる本〟をご紹介!


hyosi_yukinnko19784904570128-254x360

いよいよ冬が到来!ということで、オフィスエム発刊の冬や雪に纏わる〝信州〟ならではの本をご紹介します。
信州大学で雪氷学・水文学を研究している鈴木啓介教授が、絵本作家・さくらい史門さんとタッグを組んだ雪の絵本『ゆきんこのたび』。オフィスエムの科学絵本シリーズの第2弾として刊行された、雪の結晶を可愛いキャラクターにして、子どもたちに自然科学の不思議さを楽しく伝える絵本です。

『ゆきんこのたび  ゆきにかかれたおはなし』https://goo.gl/3IPLJu

また鈴木先生は、山岳科学総合研究所のブックレットシリーズ『雪と氷の世界から届いた地球温暖化の話』においても温暖化や地球規模での環境変動のメカニズムを、わかりやく紐解いています。

雪と氷の世界から届いた地球温暖化の話https://goo.gl/uTPFkb

isbn4-900918-16-4

9784904570234

その他にも、雪深い北信州の厳しくも美しい自然や、そこに住み続ける人々の暮らしを撮した写真集『ふるさと飯山線』『大糸線キハ52の見える風景』も併せてご覧ください。

『ふるさと飯山線』https://goo.gl/Qlir7u
『大糸線  キハ52の見える風景』https://goo.gl/fWKaOG

 

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る