HOME » お知らせ»『渡辺一枝 福島の声を聞こう! 3.11後を生き抜く7人の証言』まもなく発刊のお知らせ

『渡辺一枝 福島の声を聞こう! 3.11後を生き抜く7人の証言』まもなく発刊のお知らせ


3.11以降のオフィスエムの出版企画〝紙の礫シリーズ第5弾〟が来週25日に発刊となります。
震災後、福島に通い続け、被災者と同じ目線にたって支援を続けている作家・渡辺一枝さんが、東京・神楽坂で定期的に催しているトークの会(第1回から第10回まで)を再構成した記録集です。
未曾有の災害から3年半、事故の風化が進み、現政権が原発推進に再び舵を取るなか、被災者は3.11をどう捉え、その後をどう生きているのか。
当事者だからこそ発せられたリアルな肉声に、ぜひ触れて感じてください。

ただいま予約受付中です。12月25日の発刊日までにご予約いただいた方は送料無料でお送りさせていただきます(発送は26日になりますので、ご了承ください)。

本書の内容はコチラまで

9784904570890

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る