HOME » エムの全書籍-たぁくらたぁ-お知らせ»たぁくらたぁvol.41 春号発刊!

たぁくらたぁvol.41 春号発刊!


9784866230078

  • たぁくらたぁvol.41春号
  • おなじみ産直泥つきマガジン最新号!
    特集 関口鉄夫の仕事 汐凪発見に思ったこと/木村紀夫 他
  •  

     

  • 編・たぁくらたぁ編集室 
  • 表紙デザイン・庄村友里
    ロゴ・森貘郎
    本文デザイン・天地舎

  • 2017年2月10日発行
  • A5判 76ページ
  • ISBN:978ー4ー86623ー007ー8
  • 476 円(税込価格514 円)

CONTENTS

巻頭言 馬齢の尽きるその日まで/関口邦平(飯山市在住)

巻頭インタビュー◎平和とは何か/中村尚司(NPO法人JIPPO専務理事)

特集 関口鉄夫の仕事

ゴミポチが亡くなった田島征三(画家)

ゴミ問題の現場を駆ける梶山正三(弁護士)

地方議員と住民自治森山木の実(信濃町議会議員)

3・11後の福島へ野池元基(本誌編集長)

関口鉄夫の著作より
二つの詩—関口鉄夫のメールより—


ノ パサランNo pasarán やつらを通すな!
第6回 プロテスター(抗議する者)/浅井大希(大工

墜落したオスプレイの解体現場

「人間の生き方」と「太陽光発電」問題を考える
米田佐代子(
らいてうの家館長

らいてうの家

聞き書き 南相馬① 高橋宮子さん
平らでさえあれば、いつかは報いがくる渡辺一枝(作家)

白馬の森発 原発避難者の明日 第11回
汐凪発見に思うこれから/木村紀夫(深山の雪オーナー)

遺骨を捜す


戦時体験の二つの逸話
731部隊 障がい者を受け入れたホテル
清水まなぶ(シンガーソングライター)


伊那谷発 風 第6回 聞き書き 大鹿村
300年続く農村歌舞伎/片桐登さん、中繁彦さん

大鹿歌舞伎

釜沢・三正坊の谷間から中村政子(大鹿村釜沢在住)


「津久井やまゆり園」事件はパンドラの箱
—藤井克徳さんの講演から—/戸崎公恵(本誌編集委員)

介護の制度を知る②
住民の介護保険制度への挑戦尻無浜博幸(
松本大学総合経営学部教授


連載

●パリからの便り 4便/川手麻子(ファッション・デザイナー)

● ジャスミン、明日に向かって歩こう④
/広沢里枝子(ラジオ・パーソナリティ)

●食つれづれ 第十四話/小澤尚子(こめはなや店主

●アートハウスは交差点16/櫻井京子(アートハウス店主)

●昭和の居場所 02
/写真・本橋成一(写真家・映画監督) 文・村石 保(オフィスエム編集長)

●石油文明から太陽文明へ㊲/岡本一道(本誌編集委員・陶工)

●バクの寝言 其の二十八/森 貘郎(本誌編集委員)

●気になるコトバ㉓/安部憲文(本誌編集委員)

 

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る