HOME » お知らせ»たぁくらたぁVol.24  秋号

たぁくらたぁVol.24  秋号


tarkuratar24

  • たぁくらたぁVol.24 秋号
  • 信州発・産直泥つきマガジン

  • 総特集:3・11メルトダウン日本 脱・原発社会へ

  • 巻頭言
    いま私たちに問われているのは渡辺一枝(作家・写真家)

    グラビア
    放射能汚染地帯を歩く山本宗補(フォトジャーナリスト)

  •  
  • 発行:たぁくらたぁ編集室

  • 2011年8月15日発行
  • ISBN:ISBN978-4-904570-41-8 C9436
  • 381 円(税込価格411 円)


たぁくらたぁVol.24 秋号

信州発・産直泥つきマガジン

総特集:3・11メルトダウン日本
脱・原発社会へ

発行:たぁくらたぁ編集室
2011年8月15日発行
400円(本体381円+税)

お申し込みはこちら

ISBN978-4-904570-41-8
C9436

総特集
3・11メルトダウン日本 脱原発社会へ

巻頭言 いま私たちに問われているのは渡辺一枝(作家・写真家)

グラビア 放射能汚染地帯を歩く山本宗補(フォトジャーナリスト)

フクシマ・リポート

インタビュー
孤立から復興へ――旧態ニッポンとの戦い
桜井勝延(福島県南相馬市長)
汚染された村には戻れない
長谷川健一(福島県飯舘村 酪農家)
すべての責任は東京電力にあり
東日本大震災――天災と人災を一括りにしない

佐藤長平(福島県飯舘村村議会議長)


  • わたしなりの歩みで
    川田悦子(本誌編集委員・元衆議院議員
  • 今変わらなければ、いつ、変われるというのか
    関口鉄夫本誌編集委員・環境学者
  • 福島県南相馬市 暮らす人々/編集部
  • ある夫妻の話
    下田美雪
  • 放射能汚染地帯を歩く
    山本宗補(フォトジャーナリスト)
  • ふるさとを離れて――福島から避難してきた2家族
    野池元基本誌編集長・農業

●脱・原発社会のつくり方

    • 節電の夏・知られざる真実
      岡本一道
      (本誌編集委員・陶工〈天池窯〉
    • 電気事業『九電力体制』のリストラを
      三輪 浩(長野ソフトエネルギー資料室代表)
    • 脱原発社会にリニア新幹線は要らない
      河本明代(大鹿村議

 

    • 6・11全国一斉に脱原発デモ デモは表現手段だ
      /村井完江
    • 汚染された焼却灰をどうするか
      小林東一郎(長野県議会議員)

 

    • 3・11が繋ぐ『沈黙の春』と『聞いてください』
      坂田雅子(映画監督
    • 坂田静子さんからの伝言
      本道多加子
      (主婦長野市)

 

    • 知って驚く 税金の使い道
      電源三法交付金の使い道……青森県の報告

      弓場 法(公認会計士・税理士)
    • 百姓のひとり言――「平和利用」の陰に潜むもの
      遠藤夏緒(本誌編集委員)
    • 野生動物の放射能汚染リスク
      後藤光章(Wildlife Service: 自営業)

 

    • 天国はいらない、故郷をあたえよ
      写真・本橋成一(写真家・映画監督×コラージュ・スズキコージ(画家)÷文・村石 保(本誌編集委員)

 

    • あらゆる事故に対応するために
      太田和夫(長野県環境審議会公募委員・農業)

 

  • ぺこのずくなしシネマ そして、私たちは愛に帰る
    戸崎公恵本誌編集委員・長野点字研究会代表)
  • バクの寝言
    森貘郎(本誌編集委員・板画家・杏の里板画館主宰
  • ウソつきは原発の始まり
    安部憲文(本誌編集委員

 

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る