HOME » 山と建築シリーズ-新刊&話題の本-お知らせ»山と建築シリーズ vol.4『善光寺と世界遺産』

山と建築シリーズ vol.4『善光寺と世界遺産』


487hyosi

  • 山と建築vol.4 善光寺と世界遺産
  • 善光寺の世界遺産登録には何必要か?寺の歴史、建築、門前町からの提言

  • 信州大学山岳科学総合研究所 編
  • 2011年12月25日
  • A4版 76ページ
  • ISBN:978-4-904570-48-7
  • 1,000 円(税込価格1,080 円)

善光寺は世界遺産になるのか?寺の建築や門前町を研究し、他の世界遺産と比較する

善光寺世界遺産登録を進めるにあたり、信州大学土本研究室では2009 年度より東京文化財研究所から秋枝ユミイザベル氏を信州大学地域共同研究センター客員教授として迎え、世界遺産に関する特別講座を開いていただいた。

これを機として2009 年11 月29 日、長野市善光寺の宿坊徳寿院で、世界遺産に関してご活動なさっている秋枝氏の講演と、土本研究室の世界遺産事例研究及び、善光寺世界遺産登録に向けた研究報告を行うシンポジウムを開催した。本書は、その講演を編集し、まとめたものである。

主な内容

序 都市神殿論あるいは山岳宗教都市─山上伽藍から門前町へ─ 土本俊和

◆善光寺と世界遺産 基調講演・報告より

世界遺産の現状と未来への提言 秋枝ユミイザベル
善光寺とその門前町に関する簡潔な調査結果報告 土本俊和
善光寺周辺地区における長野市景観計画 滝澤秀人
◆研究発表

比較研究◎七つの世界遺産と善光寺 信州大学土本研究室
登録基準研究◎善光寺における顕著に普遍的な価値 信州大学土本研究室

◆パネルディスカッション

善光寺から世界遺産を語り合う
世界遺産セミナー「善光寺と門前町」について 土本俊和
世界遺産プロジェクト2009 善光寺

本書に登場する講師・パネリスト

秋枝 ユミイザベル あきえだ ゆみいざべる
東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 特別研究員
ルーヴァンカトリック大学大学院で修士号を取得。奈良県文化財保
存事務所 法隆寺出張所で保存修理現場を経験。東京藝術大学大学
院博士課程満期退学。西欧と日本・アジアの視点を通して文化遺産
の保護、建造物とその環境の保存の理念と実践について研究。『建
築遺産の保存 その歴史と現在』(Jukka Jokilehto 著、A History of
Architectural Conservation)を邦訳。文化遺産保護のための国際協
力を中心に活動中。信州大学地域共同研究センター客員教授(2009
年度)。

若麻績 享則 わかおみ きょうそく
善光寺淵之坊 僧侶
1962年長野市生まれ。1988年大正大学大学院仏教学修士課程修了。
同年より善光寺事務局奉職。教務部長・営繕部長など歴任、現在庶
務部長。
2001年長野青年会議所理事長。同年、善光寺の世界遺産登録をす
すめる会設立初代事務局長、2006年より幹事長。善光寺まちづく
り会議幹事。NPO 法人スペシャルオリンピックス日本・長野理事長。
元長野市PTA 連合会会長。

松橋 寿明 まつはし としあき
一級建築士、善光寺世界遺産登録をすすめる会副幹事長
1971 年長野市生まれ。1993 年日本大学卒業。1993年東京大学生産
技術研究所在籍(藤森照信研究室研究生)1994年〜宮本忠長建築設
計事務所。1992年建築学生設計大賞奨励賞、2000年環境共生住宅
提案競技資源エネルギー庁長官賞受賞。1993年にチベット、ネパー
ルの民家を研究して以来、風土にふさわしい現代建築の在り方を考
えて設計活動を進めている。

滝澤 秀人 たきざわ ひでと
長野市都市整備部 まちづくり推進課
1980 年長野県生まれ。2003年信州大学工学部卒業、2005年信州大
学大学院工学系研究科修了。2005年長野市建設部建築課、主に市
有文化財施設の修理工事現場を担当、2009年より現職。2010年よ
り社会人学生として信州大学大学院総合工学系研究科、民家研究を
皮切りに現在は近世社寺建築について研究を進めている。

梅干野 成央 ほやの しげお
信州大学工学部助教
1979年東京都生まれ。工学博士。2002年信州大学工学部卒業、
2004年信州大学大学院工学系研究科修了、2007年信州大学大学院
総合工学系研究科修了。2004年信州大学工学部助手を経て、2007
年より現職。専門は建築史。フィールド調査に即して、調査・研究
を進めている。とくに、2007年より、日本アルプスの山小屋を対
象として、山岳建築の調査・研究を進めている。

土本 俊和 つちもと としかず・・・・(コーディネーター)
1961年東京生まれ。工学博士。東京大学工学部卒、東京大学工学系研究
科修士課程修了、同博士課程中退。1992 年東京工芸大学工学部助手等
を経て、2001年より信州大学工学部教授。受賞歴は1987年IFHP国際
学生コンペ最優秀賞受賞、2000年日本建築学会北陸支部北陸建築文
化賞他多数。長野市在住。

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る