HOME » お知らせ»里山活性化プロジェクト講演会「オオルリシジミの舞う信州を未来へ」開催のお知らせ

里山活性化プロジェクト講演会「オオルリシジミの舞う信州を未来へ」開催のお知らせ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来る4月14日(土)に長野市松代文化ホールにて里山活性化プロジェクト講演会「オオルリシジミの舞う信州を未来へ」を開催いたします。
主催は「オオルリシジミの舞う信州を未来へ」実行委員会。
主に長野県自然保護課と昨年、弊社より発刊した『蝶からのメッセージ』『ちょうちょのりりぃ』の編著者である信州大学農学部の中村寛志教授、江田慧子さん、そして弊社オフィスエムで準備を急ピッチで進めているところです!

国内では、九州の阿蘇地方と長野県の3つの地域(安曇野市、東御市、飯山市)でのみ棲息しているオオルリシジミ。絶滅危惧種にも指定されている、この可憐で健気なチョウの保護を通じて、里山のこれからのあり方、有効活用を考える講演会、シンポジウムです。
入場は無料! プログラム1部では上記の江田慧子さんの基調講演の他、昨年、ブータンシボリアゲハの棲息を確認した調査隊の一員としても話題になった矢後勝也氏も特別講演として、東京から駆けつけていただきます。
そして休憩を挟んでの2部では、「オオルリシジミと里山活性化」と題して、安曇野、東御、飯山それぞれの保護団体の紹介を兼ねたパネルディスカッション。と、まさに蝶、昆虫愛好家には堪えられない内容。

また、1部の最後での絵本『ちょうちょのりりぃ』の読み聞かせ(なんとSBCニュースキャスターの三島さやかさん!)、ホール入り口の展示スペースでは「ちょうちょのりりぃ」原画展も同時開催しますので、小さなお子さん、親御さんの方にも、気軽に楽しめる内容となっています。

詳細は決まり次第、追ってアップしていきますので、ぜひともinformation欄をチェックしてみてください!

日時 2012・4・14(土)
開演 13:00(開場12:30)~16:30
場所 松代文化ホール
入場無料

*松代文化ホールは上信越自動車道 長野ICより約5分。ホームページはこちら
駐車場は松代支所と共有になり、台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。なお、長野市方面からバスでお越しの方は、長野駅善光寺口3番のりば松代線(古戦場経由松代行、松代駅下車徒歩5分)をご利用ください。

pdfデータはこちらです→オモテ面ウラ面

 

0件の読者の声 »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

本の感想をお寄せください。

編集部で掲載の可否を判断させていただきます。
あらかじめご了承ください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




TOPへ戻る