獲れたて最新情報

木村紀夫さんのお話を聞く会 3月15日 小布施町にて

東京電力福島第一原発の事故によって、大熊町から白馬村へ長女とともに避難移住した木村紀夫さん。彼の次女の汐凪ちゃん(当時、小学1年生)は津波で行方不明でした。昨年暮れ、その汐凪ちゃんの遺骨が発見されて、地元紙は1面トップで取り上げ、全国ニュースにもなりました。

木村さんは、『たぁくらたぁ』最新号の連載記事に、遺骨発見の連絡を受けた時のこと書いています。

「喜ぶべきその瞬間に思い浮かんだのは、気づかれずに瓦礫と共にバラバラにされて運ばれる汐凪の姿だった。それはあまりにむごたらしい光景で苦しくなった。
(中略)
原発事故により捜索自体ができない状況になり、2カ月半近くたってやっと行われた自衛隊による捜索も瓦礫の片づけと共にたった2週間で打ち切られ、逆に発見を遅らせる原因にもなった。急ぐ復興の名のもとに、汐凪はそこに取り残されてしまったのだ。」

遺骨発見の報道を見聞きした方たちから、「よかったね」という感想を聞きました。でも、そうであっても、そうではない、のが現実です。木村さんのお話を聞いていただきたいのです。

日時 3月15日(水)午後7時~9時
会場 トポス(小布施町大字小布施1004)
お問い合わせ TEL 090-7213-8006 (竹内)
主催 「飯舘村の母ちゃんたち」を上映する会

なお、主催者が「飯舘村の母ちゃんたち」を上映する会 となっていて、「変だなあ」とお思いになった方もいらっしゃるのでは。実は、5月20日(土)に『飯舘村の母ちゃんたち 土とともに』(古居みずえ監督 2016年作品)の自主上映会を開催するために集まったのが、「上映する会」なのです。福島についてちゃんと知っておきたい、という思いから、上映会の前に3月15日の会を持つことにしました。上映会については、また改めてお知らせいたします。


たぁくらたぁvol.41春号 発刊!

CONTENTS

巻頭言 馬齢の尽きるその日まで/関口邦平(飯山市在住)

巻頭インタビュー◎平和とは何か/中村尚司(NPO法人JIPPO専務理事)

特集 関口鉄夫の仕事

ゴミポチが亡くなった/田島征三(画家)

ゴミ問題の現場を駆ける梶山正三(弁護士)

地方議員と住民自治森山木の実(信濃町議会議員)

3・11後の福島へ野池元基(本誌編集長)

関口鉄夫の著作より
二つの詩—関口鉄夫のメールより—


ノ パサランNo pasarán やつらを通すな!
第6回 プロテスター(抗議する者)/浅井大希(大工

「人間の生き方」と「太陽光発電」問題を考える
米田佐代子(
らいてうの家館長

聞き書き 南相馬① 高橋宮子さん
平らでさえあれば、いつかは報いがくる
渡辺一枝(作家)

白馬の森発 原発避難者の明日 第11回
汐凪発見に思うこれから/木村紀夫(深山の雪オーナー)

戦時体験の二つの逸話
731部隊 障がい者を受け入れたホテル
清水まなぶ(シンガーソングライター)


伊那谷発 風 第6回 聞き書き 大鹿村
300年続く農村歌舞伎/片桐登さん、中繁彦さん

釜沢・三正坊の谷間から中村政子(大鹿村釜沢在住)


「津久井やまゆり園」事件はパンドラの箱
—藤井克徳さんの講演から—/戸崎公恵(本誌編集委員)

介護の制度を知る②
住民の介護保険制度への挑戦尻無浜博幸(
松本大学総合経営学部教授


連載

●パリからの便り 4便/川手麻子(ファッション・デザイナー)

● ジャスミン、明日に向かって歩こう④
/広沢里枝子(ラジオ・パーソナリティ)

●食つれづれ 第十四話/小澤尚子(こめはなや店主

●アートハウスは交差点16/櫻井京子(アートハウス店主)

●昭和の居場所 02
/写真・本橋成一(写真家・映画監督) 文・村石 保(オフィスエム編集長)

●石油文明から太陽文明へ㊲/岡本一道(本誌編集委員・陶工)

●バクの寝言 其の二十八/森 貘郎(本誌編集委員)

●気になるコトバ㉓/安部憲文(本誌編集委員)


たぁくらたぁVol.41春号
A5判 76ページ
本体価格476円+税
ISBN978-4-86623-007-8
発行人・野池元基
お申込はこちら


たぁくらたぁvol.40発刊!

CONTENTS

巻頭言 安重根の『獄中自叙伝』と『東洋平和論』/中村尚司(NPO法人JIPPO)

関口鉄夫の仕事 序編/編集部


インタビュー◎福島第一原発事故から5年半
今、知っておきたい原発事故の行方/小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)

新連載
「老い」とつきあう第1回
一人ひとりの老いに添う介護/倉田雅恵(宅老所あったかいご管理者)

介護の制度を知る①
介護保険のはじまりと今/尻無浜博幸(松本大学総合経営学部教授)


伊那谷発 風 第5回 誰がためにリニアは走る?

リニア飯田駅予定地住民置き去りの非常事態/名取裕美・玉木美企子・久保田雄大

グラフ 大鹿村100年先へ伝えたいもの

残土埋め立て計画を中止させた豊丘村小園地区/壬生眞由美(豊丘村神稲在住)


投書 生きる力を感じたとき/北原秋津(伊那市在住)


沖縄選挙区は大差で「辺野古ノ―」/江藤 実(沖縄県宜野湾市、派遣社員)

ノ パサランNo pasarán やつらを通すな!
第5回 戒厳令の森 高江/浅井大希(大工

福島 南相馬市小高区――避難指示解除はされたけど/渡辺一枝(作家)

福島 浪江町津島地区赤宇木――突出した汚染地帯/ 野池元基(本誌編集長)

獣に荒らされた浪江町赤宇木の関場さん宅

続 再生エネルギーならよいのか
福島に470基の巨大風車計画/和田央子(福島県塙町、自営業)

八ヶ岳南麓のメガソーラー計画/佐久祐司(境メガソーラーを考える有志の会代表)


白馬の森発 原発避難者の明日 第10回
3・11から5年半の今/木村紀夫(深山の雪オーナー)

深山の雪で、ともに前を向いて/ 鈴木 純(東京在住、team 汐笑メンバー)


連載

●パリからの便り 3便/川手麻子(ファッション・デザイナー)

● ジャスミン、明日に向かって歩こう③/広沢里枝子(ラジオ・パーソナリティ)

● RocketStoves ロケットストーブ覚書 最終回/小池雅久(美術家)

●食つれづれ 第十三話/小澤尚子(こめはなや店主

●アートハウスは交差点15/櫻井京子(アートハウス店主)

●昭和の居場所 01/写真・本橋成一(写真家・映画監督) 文・村石 保(オフィスエム編集長)

●石油文明から太陽文明へ㊱/岡本一道(本誌編集委員・陶工)

●バクの寝言 其の二十七/森 貘郎(本誌編集委員)

●気になるコトバ㉒/安部憲文(本誌編集委員)


たぁくらたぁVol.40 秋号
A5判 72ページ
本体価格476円+税
ISBN978-4-86623-005-4
発行人・野池元基
お申込はこちら


たぁくらたぁ39夏号発刊!

信州発・産直泥つきマガジン 最新刊vol.39夏号

CONTENTS

巻頭言 住む人が増えてゆく/高橋寛治(地域政策プランナー)

特集
夏の参院選 アベ政権をを許さない
自民党「憲法改正」草案の正体

前文「上に立つもの」からの憲法/曽我逸郎(中川村長)
日本国憲法と自民党「憲法改正」草案の比較表(抜粋)/編集部
新設 第9章 緊急事態だ!
/中澤誠人(僕らが主権者って知らなくて委員会代表)
9条「戦争の放棄」の放棄
/今井紀子(ママは戦争しないと決めた実行委員会)
13条 消された個人/佐久祐司(八ヶ岳里山研究所代表)
24条 呪わしい「家族の絆」条項
/藤森真理(勝手連・八ヶ岳、八ヶ岳ピースパレード ママの会代表)
25条 憲法を変えるための道具としての「環境権」/関口鉄夫(本誌編集委員)


原発事故から5年が過ぎた福島 復興は?
棄民の郷/伊波敏男(作家)

飯舘村・長泥展望台。筆者(右)と杉下初男さん。
写真中央が福島第一原発の方向で、放射能雲はここから見える範囲をすべて汚染した。
人が去って5年の集落が点在している

悔やまないために/戸崎公恵(本誌編集委員)
「5年後の小高」で考えたこと/渡辺一枝(作家)
南相馬市の原町聖愛こども園/芹澤文子


メガソーラーに異議あり
巨大メガソーラーの見通せない危険/塩沢幸子(茅野市在住、農業)
太陽光発電建設ラッシュの裏事情/小林峰一(原村在住、農業)
対立する「子や孫のために」/野池元基(本誌編集長)


ノ パサランNo pasarán やつらを通すな!
第4回 サンシンの日に/浅井大希(一級建築士、大工)


ブルキナファソをご存知ですか?
手編みカゴに誘われた旅/下井田由理(biga)

夜明けと共に、どこからともなく人とカゴが集まりマルシェが始まる。
時間も決まっていない

最貧国ブルキナファソに残る理由/加藤理恵(ブルキナファソ在住)


なぜ勉強するの?/吉田綾子(教師)


伊那谷発 風 第4回 特集 この谷にリニアはいらない
住民軽視のまま「着工」に向かうリニア/河本明代(大鹿村議会議員)

大西山上空から見た南アルプス
大鹿村大河原とリニアルート

愛をこめて、ノー・リニア/遠野ミドリ(大鹿村釜沢在住)
残土は「単なる土」じゃない/名取裕美


白馬の森発 原発避難者の明日第9回
深山の雪のあたりまえ/木村紀夫(「深山の雪」オーナー)


● ジャスミン、明日に向かって歩こう②/広沢里枝子(ラジオ・パーソナリティ)

●パリからの便り 2便/川手麻子(ファッション・デザイナー)

●食つれづれ 第十二話/小澤尚子(こめはなや店主)

●アートハウスは交差点14/櫻井京子(アートハウス店主)

●記憶のかたほとり──『アラヤシキの住人たち』から⑤
/写真・本橋成一(写真家・映画監督) 文・村石 保(オフィスエム編集長)

●石油文明から太陽文明へ㉟/岡本一道(本誌編集委員・陶工)

●バクの寝言 其の二十六/森 貘郎(本誌編集委員)

●気になるコトバ㉑/安部憲文(本誌編集委員)


たぁくらたぁVol.39 夏号
A5判 76ページ
本体価格476円+税
ISBN978-4-86623-003-0
発行人・野池元基
お申込はこちら


『たぁくらたぁvol.38』春号発刊です!

信州発・産直泥つきマガジン 最新刊vol.38春号

特集1
福島・避難解除まで1年
帰りたくても、帰れない

特集2 再生エネルギーならよいのか

もう二度と戦争をしてはならん
清水まなぶ


CONTENTS

巻頭言 13条と12条は、コインの裏表/水野スウ(「紅茶の時間」主宰)
もう二度と戦争をしてはならん/清水まなぶ(シンガーソングライター)

映された祖父の写真を前に、「回想」を歌う筆者

「アベ政治を許さない」行動の再開/渡辺一枝(作家)
ノ パサランNo pasarán やつらを通すな! 第3回 戦争が私を忘れてくれなかった/浅井大希(一級建築士、大工)

半世紀の時を経て、ケン・メイヤーズさんと島袋文子さん

特集1 避難解除まで1年 帰りたくても帰れない

◎南相馬市小高区 行き惑う日は続く/渡辺一枝(作家)
◎飯舘村 新たな自立の道をめざして/菅野哲(いいたて匠塾世話人)
凜として生きていく/菅野栄子(飯舘村佐須から仮設住宅に避難中)
消滅する集落/杉下初男(長泥地区復興委員長)
それぞれの葛藤/戸崎公恵(本誌編集委員)


特集2 再生可能エネルギーならよいのか

長者原のメガソーラー
①地域との調和はあるのか/野池元基(本誌編集長)
②足るを知る時/越山孝彦(造形作家)
再生可能エネルギーによる列島破壊の国策/山田 征(ヤドカリハウス主宰)

大分県杵築市に造られた
メガソーラー

導入を加速させる制度/弓場 法(公認会計士・税理士)
表紙が変わりました なぜ、アール・ブリュットなのか
関孝之・宮入典子・森貘郎


伊那谷発 風 第3回 特集 宮田村に計画された最終処分場

知っておきたい問題のホンシツ/久保田雄大
インタビュー 住民主体の運動が地域を変える
関口鉄夫(環境科学・本誌編集委員)
現場レポート/流域の動き さあ、足元から始めよう/玉木美企子


ドンカンな県政であってはならない/関口鉄夫(環境科学・本誌編集委員)

白馬の森発 原発避難者の明日第8回
目指すべき未来、そして今/
木村紀夫(「深山の雪」オーナー)


新連載
パリからの便り 1便
パリは移動祝祭日/
川手麻子(ファッション・デザイナー)

ジャスミン、明日に向かって歩こう①
盲導犬と歩いて32年/
広沢里枝子(ラジオ・パーソナリティ)


連載

RocketStoves ロケットストーブ覚書 その7小池雅久(美術家)

食つれづれ 第十一話小澤尚子(こめはなや店主)

アートハウスは交差点13/櫻井京子(アートハウス店主)

記憶のかたほとり──『アラヤシキの住人たち』から④
写真・本橋成一(写真家・映画監督) 文・村石 保(オフィスエム編集長)

石油文明から太陽文明へ㉞/岡本一道(本誌編集委員・陶工)

バクの寝言 其の二十五/森 貘郎(本誌編集委員)

気になるコトバ⑳/安部憲文(本誌編集委員)


たぁくらたぁVol.38 春号
A5判 76ページ
本体価格476円+税
*Vol.28より新価格になりました。
ISBN978-4-86623-001-6
発行人・野池元基
お申込はこちら